4項目で決まる!おすすめWPサーバ2021最新比較

更新日:

WordPress用のレンタルサーバー選び。どのサイト見ても結局決められないよ!

そんなサーバ探しでお疲れのあなた!このタイプ別の決め方を見れば、自分にあったレンタルサーバーがすっきり決まります!

早速決めちゃいましょう!

タイプ別で決まる!WordPress用サーバーおすすめ4社

あなたはどのタイプ?

WPもレンサバも初心者だから、契約後に設定ムズくて挫折しないか不安。簡単で表示速度が速いサーバーってどこがおすすめ?

それなら断然エックスサーバー。操作は簡単だし、ググれば図入りの解説が山ほど出てくるから、まず挫折する心配はないね。→ Xサーバーの詳細解説へ
Neby

 

Xサーバーって、ちょっと料金が割高じゃない?もっと安くて初心者にも簡単なサーバーってないの?やっぱり初めから大金を出す勇気が出なくて・・

ならロリポップ。ロリポップは他社の半額から始められるし、高速プランですら他社より安いよ。操作もやさしい方だよ。→ロリポップの詳細解説へ
Neby

 

ロリポップよりサーバーが安定してて高速で、料金もXサーバーより安めの所ってないの?

それならConoha Wingだね。Xサーバーよりも高速表示されるって話題になってて、乗り換えする人も増えてるくらい。料金もXサーバーとロリポップの中間くらいでちょうどいい感じだよ。→Conoha Wingの詳細解説へ
Neby

 

ちなみに、アダルトサイトや出会い系アプリのアフィリとかに興味があるんだけど、そっち系のブログとかって作って大丈夫?

アダルト系は3社ともアウトだけど、ColorfulBoxだったらOKだよ。ColorfulBoxなら料金やスペックは3社と同等で、婚活とか出会い系アプリ紹介も大丈夫。→ColorfulBoxの詳細解説へ
Neby

 

というわけで4社のメリット・デメリットをくわしく解説!

Xサーバー:初心者から玄人まで御用達の安心高速サーバー

WordPressにまだ慣れてない。レンタルサーバーが初めてで不安。そんな初心者からWordPress中級者までが愛用する圧倒的に安心で高速なサーバーがエックスサーバーです。

  • 利用者が多いため、使い方解説記事がググれば大量に出てくる。設定も簡単で分かりやすい。
  • 玄人も愛用するトラブルなしの高速安定サーバー
  • 10日間無料お試しできるから安心
  • ドメイン1つ無料キャンペーンでもらえる

使い方解説記事がググれば大量に出てくる。設定も簡単で分かりやすい。

Xサーバーは運営歴17年以上の老舗の人気レンタルサーバーです。国内シェアNo.1を謳うほど利用者も多いです。直感的に分かるユーザーインターフェースで初心者でもパッと使いこなせちゃいます。

WordPressの使い方でググると、どのブログでもほぼ必ず「それではXサーバーを例に設定方法を解説していきます」って出てくるほど、Xサーバーの情報やレビュー、使い方ブログはメチャクチャ多い。つまり迷った時にすぐ情報が出てくるから、初心者でもまず困らない。それがXサーバーの最大の強み!
Neby
Xサーバーにしとけば、「げ!自分は違うレンタルサーバー使ってるから設定方法が分からないよ!どうしよう!」って挫折する事がなくて安心だね!
ホントそれ。他のサーバーだと、ググっても情報が出てこない事が多くて結構苦労するよ。特にレンタルサーバー初めてで不安だったらXサーバー1択だね。かくいう自分も5年以上使ってるよ。
Neby

 

玄人も愛用するトラブルなしの高速安定サーバー

Xサーバーを選ぶ理由として「他社と比べて高速だから!」「サーバートラブルがなくて安定してるから」という人も多いです。

XサーバーはNginX(エンジンエックス)という安定と高速を両立しているサーバーを使っていて、急にバズって大量アクセスが来た場合でも、独自のプロセスでサイトを落とさずに安定させてくれる技術を持っています。

アフィリエイトなどで沢山サイトを今後作っていきたいといった場合でも、安心して複数WordPressを運営していけます。

 

10日間無料お試しできるから安心

Xサーバーは、クレカ登録不要で10日間無料お試しできちゃうんです!とにかく初めてだし使ってみてから決めたいって場合も、メールアドレス登録で使い始められます。ドメインがなくてもも無料のXサーバー共有ドメインがもらえるので、WordPressを早速試す事ができますよ。

 

ドメイン1つ無料キャンペーンでもらえる

またキャンペーンで独自ドメインが1つ無料でもらえます。そのドメインはXサーバーを契約し続けてる限りずっと無料で使えます。ドメイン代が浮いちゃうのもありがたいですね。

 

Xサーバーのデメリットは?

Xサーバーのデメリットはほぼありませんが、しいて言えば、料金が他社プランと比較するとやや高めになってしまう事があるくらいです。Xサーバーもキャンペーン割引なども頻繁にやっているので、まずは公式サイトをチェックしてみましょう。

 

Xサーバーはどのプランがおすすめ?

一番安いX10プランで十分です。このプランで初心者~中級者までまず困る事はないです。

公式で価格やキャンペーン割引をチェックしてみる→ エックスサーバー

 

ロリポップ:圧倒的な格安料金なのに、しっかり動くサーバー!

ロリポップは競合他社と比べても格安でWordPressを使える事が最大の特徴のレンタルサーバーです。

  • 月500円以下のコストでスタートできちゃう
  • 解説記事もググれば沢山出てくる
  • 10日間無料お試しできるから安心

月500円以下のコストでスタートできちゃう

ロリポップは他社と比べて圧倒的に安いです。

他にも激安サーバーは探せばありますが、触る度にフリーズしちゃうような使い物にならないサーバーも多いので注意!ロリポップなら、月額300円程度のライトプランでもサクサク動いて、ちゃんとWordPressが使えちゃいます。

他社だと月のコストが1000円ちょっとはかかりますが、ロリポップなら月300円前後から始められちゃうほど、コスパが優れてるんです。(実際私自身もWordPress初心者時代はロリポップから始めました)

 

そうそう、ブログを始めてみたものの、やっぱり続かなくて挫折しちゃったらどうしようって心配で。ロリポップなら料金的に失敗しなくていいよね
WordPressを高速表示できる事で話題のLiteSpeed対応のプランもあるから、最初格安で始めて、高速なサーバーに変えたくなったらプラン変更で対応するのもありだね。物足りなくなったら単純に他社に引っ越しするのもありだし。
Neby

 

例えば、格安のライトプランで最初に1年契約したとしましょう。でも半年後に「もっと高速で沢山WordPressがインストールできるサーバーに引っ越そう」と思ったら、先払いした分が無駄になっちゃいますよね。

そんな場合でもロリポップならプラン変更して差額だけ払って、高速プランにグレードアップする事もできちゃうので、料金を損しないのが強みです。

とにかく1円も損したくない。できる限り安く始めたいっていうなら、ロリポップ一択だね。
Neby

 

解説記事もググれば沢山出てくる

ロリポップも20年以上運営されている老舗サーバーなので使ってる人が多く、「ロリポップの使い方、設定方法」などでググると、沢山の解説記事が出てきます。

この辺、まだまだ新参のConohaやColorfulBoxと違って、ググった時の情報量が別格に多いので、初心者でも挫折せず、迷わず使えるという安心感があります。

レンタルサーバーは初めて、WordPressも初心者。でもXサーバーだとちょっと価格的に抵抗が・・という場合は間違いなくロリポップだね。
Neby

 

10日間無料お試しできるから安心

ロリポップ! は、クレカ登録不要で、10日間の無料お試しができます。この10日間はプラン変更も自由にできるので、それぞれのプランを試して検討する事もできちゃいます。無料のロリポップ共有ドメインがもらえるので、ドメインをまだ持ってなくてもWordPressを早速試す事ができます。

 

ロリポップのデメリットは?

格安プランに限って言えば、サーバーの安定性と高速表示性能で他社に劣るという部分があります。

例えば、サイトの表示速度が0.5秒遅くなるだけで、20%も閉じる人が増えてしまうと言われていますから、本気でWordPressで稼ぎたいと思っているなら、最初から他社を使うか、ロリポップのハイスピードプランを使うべきと言えます。

そうは言っても、やっぱり最初から高い料金を払うのは怖いよね。自分も最初は怖くてロリポップのライトプランから始めて80万アクセスまで増やした実績もあるから、そこまで心配しなくても大丈夫だよ
Neby

ロリポップサーバーの評判。実際に80万アクセスあるブログを運用してみて感じた事(Xサーバとの比較も)

 

ロリポップのおすすめのプランは?

上から安い順に

  • ライト(1個)
  • スタンダード(50個)
  • ハイスピード(無制限)

の3つがあります(もっと安いエコノミーはWordPress不可のため除外)

 

上の数字は、データベース(MySQL)数です。

基本的にWordPress1個に付き、データベースが1個必要なのですが、最安のライトプランだとデータベースが1個のみなので、複数サイトを入れたい場合は、ちょっと面倒です(実際の所、1データベースに複数WordPressをインストールする事は可能なんですが、それをやるとさらにサイト速度が落ちます。あと、やり方が少々複雑なので苦労が増えます。

なので、迷ったら最初から50サイトまで作れて、なお料金も他社の半額で使えるスタンダードが1番です。

 

例えば、最初は1WordPressでいいかもしれないけど、1ヶ月もしないうちにすぐにテスト用のミラーサイトや、サブサイト、会員サイト、ランディンページ用サイトなんて具合に、沢山WordPressが必要になってくる。

それを1つのデータベースにぶちこんだ後、改めてプラン変更後に別々のデータベースにデータを移すってなった時に結構面倒くさい事になる。後々面倒な目に会いたくないなら、最初からスタンダードを選ぶのがおすすめだよ。それでも他社の半額でスタートできるからね。

Neby

公式で、価格と割引をチェックしてみる→ロリポップ!

 

Conoha Wing:2021最速サーバー、料金も安い!

自分はとにかくWordPressサイトの表示速度を上げたい・・そんなあなたにはConoha Wingです。

  • WordPress表示がとにかく速いと評判で密かに乗り換える人が増加中
  • 時間単位で課金のプランもあるから、短期間だけ使いたい場合も可
  • ドメイン2つ無料キャンペーンあり

WordPress表示がとにかく速いと評判で密かに乗り換える人が増加中

Conoha Wingはまだ新しいレンタルサーバーなのですが、「とにかくWordPressの表示スピードが圧倒的に速い!」と評判で「他社からConohaに乗り換えただけで、ページ表示速度がめっちゃ上がった!」という口コミがここ2年ほど続々出てきており、乗り換える人が増えています。

もちろん他社も表示速度の高速化には力を入れているのですが、
今の所、Conoha Wingが「国内最速」を謳っており、「LiteSpeed使ってる所より速い!」「あのXサーバーから乗り換えた」という口コミも出てきているほど、速さに定評があるんです。(ConohaはNginxサーバーを使ってます。)

 

Conohaはリザーブドプランっていうのもあって、基本的に各社メモリとCPUは共有する分、他者が沢山メモリを使ってると自サイト表示が遅くなる事もまれにあるんだ。(その辺の柔軟な割当対応がうまくて速度が落ちにくいのがXサーバー)。Conohaにはそういう他ユーザーの影響を受けたくない人向けの専用メモリとCPUを確保するプランもあるのが特徴。
Neby

他にも、Conoha Wingには「サーバー切り替え」という機能があり、自サイトが入ってるサーバーが混み合ってるなと感じたら、別サーバーに中身を移動する事も可能になってます。

これにより、他者の影響を受けずに常に高速なサイト表示ができるというわけです。
とにかく速さにこだわりがあるのが、Conoha Wingです。

 

時間単位で課金のプランもあるから、短期間だけ使いたい場合も可

Conoha Wingのプランの中には、時間単位の課金タイプもあります。
なので、〇〇ヶ月契約のような事をせず、好きな時に辞めたいという場合は、
余計な料金を払わずにいつでも撤退できるというメリットがあります。

 

また、通常のパックプランも高速を謳う他社サーバーより若干安いです。
国内最速かつ、料金まで他社よりちょっと安いとなると、乗り換えしたくなる気持ちもすごく分かります。

 

ドメイン2つ無料キャンペーンあり

ConoHa WING では、パックプランで契約すると、独自ドメインが2つもらえるキャンペーンもやてます。このドメインはConoha Wingを解約しない限りはずっと無料で使えちゃうので、とってもお得ですね。

特にこれから新ブログを始める自分にとっては、ドメイン代が浮いてありがたいな!

 

Conoha Wingのデメリットは?

Conoha Wing 最大のデメリットは、他社と違って無料お試し期間がない事です。

無料お試しがないと言っても、実は無料期間はあります。

例えば、あなたが9月5日にパックプランを契約したとすると、実際に課金されるのは、10月1日からなので、9月の残り日数は実質無料になります。

ただ、この無料期間はお試しではないので、無料期間だけでやめる事はできません。(先に料金を払って、契約月が無料になるという形なので、あくまで割引です。)

 

どうしてもお試ししたい場合は、時間課金プランでまずは試してみるのも手です。

例えば、ベーシックプランだと1時間2.2円なので、1日使えば約53円です。
1週間試すなら、370円で試せますから、まずは時間課金プランで試してみて、
それで継続したいなら、お得なパックプランに変更という形もありですね。

確かに無料お試しできないという点は非常に不安な点。ただ、他社だと初期費用がかかるけど、Conohaは初期費用が無料+契約月無料だから、それも加味すると、仮に時間課金で10日間試しても、他社よりトータルで得だったりするよね。
Neby

 

またConoha Wingは、まだ新しいサービスなので、ググっても情報が少ないのもデメリットです。WordPressの設定などで分からなくなった時に、ググってパっと情報が出てこないという点では、特に初心者には大きなハンデや挫折の原因になりますので注意が必要です。

 

無料お試しできない上に、ググっても情報が少ないから、レンタルサーバー初心者やWordPress初心者だったら、Xサーバーやロリポップの方が、途中で分からなくなって挫折・・なんて事にならなくていいよ。
Neby

 

Conoha Wingでおすすめプランは?

一番安いプランであるパックプランのベーシックで十分。今なら年契約なら割引で月額1000円を切る価格。それでいて他社スペックと同等なので、安くて高速、つまり最高です。

公式で価格や割引をチェックしてみる→ ConoHa WING

 

ColorfulBox:アダルトや出会い系関連サイトを作りたいなら!

高速なWordPressサーバーを割安で使いたい。そしてアダルト系のサイトを検討中。そんなあなたならカラフルボックスです。

  • 他サーバーでは禁止のアダルト系サイト制作にも対応
  • WordPress高速表示で評判のLiteSpeedサーバー
  • 30日間無料お試しできて安心
  • 初年度が半額近く安くなるクーポンなどを頻繁に配布

他サーバーでは禁止のアダルトサイト制作にも対応

ColorfulBoxの強みはなんといっても、他社サーバーでは禁止のアダルト系サイトの運用もOKな所です。

例えば、アダルトと言わずとも、あなたは婚活サイトやナンパ術ブログなどをやりたいかもしれません。でも他のサーバーでは、出会い系アプリなどの紹介も禁止してます。

 

ColorfulBoxの場合は、アダルトサイト専用プランがあるので、アダルトなアフィリエイトなどをやる予定なら、アダルト用サーバーを契約する事で、運営が可能になります。

アダルト用サーバーって事だけど、普通のプランだとアダルトサイト運営はダメなの?

それはダメなんだ。どういう事かというとね、プランの料金とかは全く同じなんだけど、アダルト用サーバーと通常サーバーを分けてるの。そうする事でIPアドレスが別々になるわけよ。

例えば、自分が一般的なサイトを作ってるけど、同じサーバー内でアダルティなサイトを作ってる人がいるとする。それでサーバーのIPアドレスが同じだと、ちょっと信用的に困るよって気にする人もまれにいるわけ。そういうのがあって、一応アダルト用のサーバーは分けてるんだ。

Neby
じゃあ、普通のサイトとアダルト系サイト両方を作る予定だったらどうすればいいかな?
なら、アダルト用サーバーを契約して、そこで普通のWordPressサイトも一緒に運営すれば全く問題なし。繰り返すけど、サーバーを分けてるだけで、料金も中身も全く一緒だから、そうすれば問題ないよ。
Neby

 

WordPress高速表示で評判のLiteSpeedサーバー

ColorfulBoxは、WordPressの高速表示や大量アクセス時の高速対応に定評があるLiteSpeedサーバーを採用しているので、他社に引けを取らない高速サーバーなんです。

ただ、一つだけ問題があって、メモリが足りなくなる可能性がある。これはデメリットの所で後述するね
Neby

 

30日間無料お試しできて安心

ColorfulBoxは、クレジットカード登録不要でなんと30日間も無料でお試しできます。他社が10日間無料お試しに対して30日間と超太っ腹。とことん試して安心してから、契約できる点もすばらしい所です。

 

初期費用無料かつ、初年度が半額近く安くなるクーポンなどを頻繁に配布

また公式ページで頻繁にクーポンを出しているので、大抵は初年度が半額近く安くなったりします。また初期費用も無料なので、他社より安く始める事ができちゃうのもポイントです。

 

ColorfulBoxのデメリットは?

ColofulBoxのデメリットは、沢山のWordPressサイトを作るにはちょっと不向きというのがあります。

例えば、他社ではメモリを明確には制限してないので、ペラページアフィリエイトのように沢山のWordPressをインストールして運営していても特に問題はおきません。

しかし、ColofulBoxの場合はプランごとにメモリが明確に設定されています。

そして沢山のWordPressを入れたり、アクセスが大量に来ると、割とすぐにメモリがいっぱいになってしまうという問題点があるんです。

例えば、「1アダルトサイトを運営したい」のように明確なビジョンがあるなら、メモリは十分確保できるから問題ないんだけど、とりあえず5個とかそれ以上のWordPressを同時に運営していきたいってなると、すぐメモリがいっぱいになっちゃう。上位プランに変えればメモリは増やせるけど、それだと結局他社より割高になっちゃって旨味を感じないんだよね
Neby
え?WordPressインストールだけでメモリって喰うの?容量は食ってもメモリは食わないでしょ?

ところがどっこい喰うんだよ(汗)。詳しくは下の記事で解説してるよ。

評判のColorfulBoxからXサーバーにやっぱり戻した理由

他3社では、メモリの問題はないから、複数WordPress運営でも大丈夫。

Neby

 

また、ColorfulBoxも新参のサーバーなので、ググっても情報が少ないのがデメリットです。ユーザーインターフェースもちょっと他社と比べて分かりづらいので、初心者は最初かなり迷うと思います。30日間の無料お試しがあるので、その期間でしっかり慣れれば問題ないですが。

レンタルサーバーやWordPressが初心者だというなら、Xサーバーかロリポップの2択。どうしてもアダルトサイトや出会い系アフィリなどをやりたいって場合は、ColorfulBoxもありだね。
Neby

 

ColorfulBoxでおすすめの料金プランは?

下から2番目に安いBOX2がおすすめ。他社に引けを取らない十分なスペックでWordPress運営ができます。プラン変更も差額払いで自由にできるし、プランのダウングレードも可能なので、アクセスが減ったらダウングレードなんていう柔軟な事も可能です。

ColorfulBoxアダルト対応公式 (お得なクーポンを今すぐチェック!)

ColorfulBox公式(一般)

 

レンタルサーバー4社の料金の比較表

タイプは分かったけど、やっぱり最後の決めては料金だよね。

 

というわけで、
半年契約時、1年契約時でそれぞれコストを比較してみましょう!

 

半年契約した場合

 初期費用半年契約時の1月辺りコスト最初に払う金額(半年分)
Xサーバ(X10)3300円1210円(7/29まで初年度968円)10560円(割引で9108円)
ロリポ(ライト)1650円385円3960円
ロリポ(スタンダード)1650円550円4950円
ロリポ(ハイスピード)0円825円4950円
Conoha(ベーシックパック)0円1034円6204円
Colorful(Box2)0円1276円7656円

1年契約した場合

 初期費用1年契約時の1月辺りコスト最初に払う金額(1年分)
Xサーバ(X10)3300円1100円(7/29まで初年度880円)16500円(割引で13860円)
ロリポ(ライト)1650円330円5610円
ロリポ(スタンダード)1650円550円8250円
ロリポ(ハイスピード)0円825円9900円
Conoha(ベーシックパック)0円931円11172円
Colorful(Box2)0円1166円(初年度はクーポンで583円)13992円(割引で6996円)
単純な料金で比較すると、Xサーバーが一番高く付くね。高速性を求める場合でもロリポップのハイスピードが1番安いね。
つまづいてググった時の情報の見つけやすさで言えばXサーバーがダントツトップだけど、料金が安くて、かつググりやすさを考えるとロリポップが1番だね。
Neby
でもさ、なんで1番高いのに、Xサーバーを推す人多いんだろう?

やっぱり、どこよりもセキュリティ高いし、安定してるからなんだよ。例えば、他のサーバーだと、なぜかサイトが急に表示されなくなったとか、急に速度が落ちたとか、サーバートラブルで1日サイトが落ちてたとか、たまにそういう事があったりする。でもXサーバーは大きなトラブルは過去1回もないし、常に安定してる。

要するにどんな使い方をしようがトラブルが1番少ない!かつ高速!だから、Xサーバーを結局選ぶ人が多いんだ。

後は、単純に他社の値下げ争いが2021年になって激化してきたっていうのは正直あるね。

Neby

 

無料お試し期間

プランサーバ種類
Xサーバ(X10)10日間無料お試し
ロリポ(ライト)10日間無料お試し
ロリポ(スタンダード)10日間無料お試し
ロリポ(ハイスピード)10日間無料お試し
Conoha(ベーシックパック)なし (ただ登録月は無料になる)
Colorful(Box2)30日間無料お試し

Conoha Wing以外は、クレカ登録不要の無料お試し期間があるので、ちゃんと試して納得してから契約ができます。

Conohaは、このお試し期間がないのが唯一の痛い所です。ただ、登録月は無料になるので、例えば、9月10日に1年契約したら、9月分(10日~30日の分)は無料で、10月から1年間使えるという状態になります。その割引分も含めると、他社と変わらないお得さはあります。

 

レンタルサーバー4社の機能比較表

WordPress運営で重要になってくる機能を比較していきます。

サーバーの種類

プランサーバ種類
Xサーバ(X10)Nginx
ロリポ(ライト)Apache
ロリポ(スタンダード)Apache
ロリポ(ハイスピード)LiteSpeed
Conoha(ベーシックパック)Nginx
Colorful(Box2)LiteSpeed
どれの方が優れてるとかあるの?

Apacheは1世代前のサーバーだから、正直高速性にかける。NginxとLiteSpeedはどっちも速いけど、LiteSpeedは特に大量アクセス時でも高速という特徴があるよ。この辺は、下の記事で実際に速度を測って比較してるよ。

XサーバーとColorfulboxどっちが速い?予想外過ぎる展開に・・

Neby

 

データベース数

プランデータベース数
Xサーバ(X10)無制限
ロリポ(ライト)1
ロリポ(スタンダード)50
ロリポ(ハイスピード)無制限
Conoha(ベーシックパック)無制限
Colorful(Box2)無制限(メモリ制限あり)

ペラページ量産アフィリエイトのように、沢山WordPressをインストールしたい場合は、それにともなってデータベース(MySql)も必要になってきます。

ロリポップはプランによって制限があるので注意なのと、ColorfulBoxも前述の通りメモリ制限で大量作成は正直厳しいので注意が必要です。

データベースってなんなの?
君が書いた記事とか、ユーザー情報、パスワード、そういう入力した情報が全部保存されてる所だよ。
Neby

 

容量

プランSSD容量
Xサーバ(X10)300GB
ロリポ(ライト)160GB
ロリポ(スタンダード)200GB
ロリポ(ハイスピード)320GB
Conoha(ベーシックパック)300GB
Colorful(Box2)300GB

容量に関しては、まず使い切る事はないです。300記事位書いた大規模なサイトを3つ作っても、100GBも使うか怪しいくらいです。

どのプランでも容量で困るって事はまずないです。

ちなみに、もしあなたがビデオ配信やりたいとか思ってる場合、この手のレンタルサーバーでは無理(Youtubeの埋め込みだったら問題ないけど、レンタルサーバーからMP4動画を配信みたいになると、速度は出ないし、容量も転送量も足りない。)それをやるなら、AWSとか別途ストリーミング専用のサーバーが必要だよ。
Neby

 

サポート

プラン問い合わせ方法
Xサーバ(X10)メール、電話、設定代行
ロリポ(ライト)メール、チャット
ロリポ(スタンダード)メール、チャット、電話
ロリポ(ハイスピード)メール、チャット、電話
Conoha(ベーシックパック)メール、チャット、電話
Colorful(Box2)メール、チャット、電話
各社問い合わせれば、ちゃんと答えてくれるし、この辺は大きな差は感じない。
Neby

 

自動バックアップ

プランバックアップ
Xサーバ(X10)7日間自動バックアップ(データベースは14日間)、復元ともに無料
ロリポ(ライト)有料オプション(月330円)加入で過去7回分まで復元可
ロリポ(スタンダード)有料オプション(月330円)加入で過去7回分まで復元可
ロリポ(ハイスピード)有料オプション(月330円)加入で過去7回分まで復元可
Conoha(ベーシックパック)14日間自動バックアップ、復元ともに無料
Colorful(Box2)14日間自動バックアップ、復元ともに無料

ハッキングや何かのミスで大事なデータを消してしまった。WordPressが壊れてしまった。そんな時に頼れるのがバックアップです。

Xサーバーは以前は復元が有料でしたが、今は無料で他社同様復元できるようになってます。

ロリポップは、先にバックアップオプション(月330円)に加入してる場合のみ、自分で設定した期間ごとにバックアップを取ってくれるようになります。

基本的にはWordPressのバックアッププラグインを設定しておけば、サーバー側のバックアップを使う事はない(自分は使った事ない)。ただハッキングやFTP上の操作ミスでそのバックアップデータごと全部消し飛んだなんて事故が起こった場合はこのサーバー側のバックアップがあると命拾いするね。イメージ的にはバックアップのバックアップって感じだよ。
Neby
格安のロリポップは有料なのが痛いなぁ。これ入れたら他と料金あんま変わらなくない?
それでもライトやスタンダードなら他社より安くスタートできるよ。料金節約したいなら、バックアッププラグインでGoogleドライブ辺りに毎日自動バックアップしとけば、このオプションなしでも大丈夫だよ。お金を節約する代わりに自分でちゃんと設定するか次第だね。
Neby

 

転送量

プランバックアップ
Xサーバ(X10)900GB/日
ロリポ(ライト)500GB/日
ロリポ(スタンダード)700GB/日
ロリポ(ハイスピード)900GB/日
Conoha(ベーシックパック)870GB/日(月27TB)
Colorful(Box2)580GB/日

転送量は、大量のアクセスが毎日あるサイトの場合、この値を超えるとサイト表示が遅くなったり、サイトが落ちる、そしてプラン変更をお願いされる事になる数値の目安です。

Colorfulboxがやや劣りますが、この辺はよほど人気サイトにならないと関係ないですし、月に数百万アクセスある超人気サイトとなると、そもそもどこのサーバーであろうとプランアップが必要になってくるので、特に初心者なら気にしすぎる必要はないです。

 

アダルトやギャンブルなどのコンテンツ制限、禁止事項

プランアダルトや出会い系ギャンブル系
Xサーバー禁止。アダルトグッズ紹介や同人系サイトは一応OK。日本の法律違反になるものは禁止。宝くじ、競馬などの公営はOK。
ロリポップ禁止禁止。宝くじ、競馬などの公営はOK。
Conoha禁止。同人系は一応OK。言及なしなので一応OKだが注意事項あり。
ColorfulBoxOK(アダルト専用サーバーに限る)禁止(競馬や宝くじなどの公営ギャンブルはOK)。

レンタルサーバーごとに言及具合について、より詳しく下記記事で完全解説してます。心配なら要チェックです!

アダルトOK?レンタルサーバー禁止事項比較。2021最新版

 

タイプ別で決まる!WordPress用サーバーおすすめ比較・まとめ

というわけで、4社の違いを解説してきました。

結局決め手は、

  • 性能(安定と高速性)
  • 困った時の自己解決のしやすさ
  • 料金

この3つのどこに重きを置くかですよね。

正直、性能は各社常に磨いてるから、どこを選んでもそんなに大きな差にはならないです。

それよりも初心者は、「これ使い方難しいなぁ・・わかんないなぁ・・」って行き詰まらない事が、何よりも大切です。

だから、初心者であればあるほど、ググった時の情報がパッと出るXサーバーかロリポップがいいです。何より無料お試し期間で先に使い方を覚える事ができるのもデカイです。

 

この手のは触りながら覚えていくのが鉄則。ウンウン悩んで一向に進まないくらいなら、今すぐ無料期間で手を動かして稼ぎへの一歩踏み出そう!
Neby

 

ロリポップ! (10日間無料お試しと割引キャンペーンを今すぐチェック)

エックスサーバー(10日間無料お試しと割引キャンペーンを今すぐチェック)

 

 
  • この記事を書いた人

Neby

本を毎日多読しつつ、資産運用、プログラミング、心理学、ネットビジネススキルを猛向上中。貧富の差が広がる5年後、10年後に安心生活を送るためのお金のリテラシー、スキル、資産を一緒に作っていきましょう。

-レンタルサーバー比較
-, , , ,