wpXシンとエックスサーバー比較6項目。安くて速くなるの真実教えます!

更新日:

2021年から新登場した、エックスサーバーの進化版サーバーである、wpXシン・レンタルサーバー。

wpXシン・レンタルサーバーは、WordPressが神速になると評判の環境KUSANAGIのサポートを受けてチューニングされている、いわばXサーバーをさらに高速化したレンタルサーバーと言えます。

XサーバーとwpXシン、どっちを契約しようか迷うなぁ・・

というわけで、XサーバーとwpXシンでは、どこが違うのかを、実際にどちらも使ってみた当サイトが徹底比較していきます。

 

XサーバーとwpXシン・レンタルサーバー比較表

違いを表で比べました。(青文字は特に優れている部分)

 XサーバーwpXシン
高速性★★★★★★★★★★+
料金月換算990円~月換算770円~
初期費用3300円無料
無料お試し10日間10日間
無料独自ドメイン12ヶ月以上契約で永久無料1つ
1年無料1つ(計2)
12ヶ月以上契約で永久無料1つ
1年無料1つ(計2)
ググった時
の情報量
圧倒的あまりないが、Xサーバーの情報がそのまま使える
初心者向け
安定性、
障害対応
◎(メモリ次第)
アダルトNGだが、風俗やアダルトグッズ紹介、同人サイトなどはOK。アダルトサイトOKだが、出会い系などはNG。
PHP Vrドメイン単位(5.16~8.0.7)ドメイン単位(7.2.34~8.0.7)
バックアップ
&復元
無料無料
複数サイト
運営
○(メモリ次第)
WP以外の使用可能可能
メモリ共有プランごとに上限あり
え?wpXシンの方が料金が安いのに、Xサーバーより高速なの!?
高速にできる可能性がある・・詳しく事情を解説していくよ。
Neby

 

XサーバーとwpXシンの速度比較

もともと、サーバー速度No.1を謳っているXサーバーですが、そのXサーバーにさらに最新技術を盛り込んだのが、wpXシン・レンタルサーバーです。

 XサーバーwpXシン
サーバー種類NginXNginX+KUSANAGIの技術サポート
メモリ512GBを他の利用者と共用プランごとに8GB~20GBまで
実際の速度計測結果★★★★★★★★★★+

違いを詳しく説明していきます。

 

wpXシンはKUSANAGIの技術サポートを受けている

あなたもご存知かもしれませんが、まずWordPress表示が高速なレンタルサーバーはどこも「NginX(エンジンエックス)」か「LiteSpeed(ライトスピード)」のどちらかを採用してます。

 

しかし、中にはさらに高速な環境を求める人もいます。

そんな人はよりお金をかけてVPS(バーチャルプライベートサーバー)を借りて、そこに、超高速WordPress環境KUSANAGIを入れて運用してます。そうする事で、さらなる高速性、アクセス耐性を手に入れる事ができるからなんです。

 

wpXシンは、そのKUSANAGIを提供しているPrime Strategy社から技術提供を受けてチューニングされています。

あくまで技術提供、サポートという言葉が使われてる事から、VPSのような完全なKUSANAGI環境では無いみたい。
Neby

 

高速化設定自体は、XサーバーもwpXシンも全く同じです。

Xサーバー側にあるmod_pagespeedは過去に不具合が多かったため?か現在は使えなくなってるので、完全に同じです。

なので、KUSANAGIだからといって、何か自分で設定する必要はないという事です。

高速化は裏方で勝手にされているという事だね。

 

wpXはメモリを厳格に割り振り、Xサーバーは共用

  • Xサーバーは、1つのサーバーマシンに512GBほどのメモリが積まれていて、それを複数の利用者で共有してます。
  • 対してwpXシンは、プランごとに使えるギガが決まってます。

wpXシンは、MixhostやColorfulBox、もしくはVPSのように、メモリやCPUを利用者ごとに分けている
Neby

じゃあ、これにどんな違いがあるのかというと、

Xサーバーの場合は、特に「安定性」を重視しています。

例えば、利用者Aのサイトがたまたまバズったとして急激にアクセスが増えたとします。その時、そのAさんのサイトが落ちないように、メモリを多めに一時的に割り振り、今度Bさんのサイトがバズったら、そっちにリソースを多めに割り振るといった具合に調整し、みんなが安定的にサイト表示されるように自動調整されています。

ただ、逆に言うと、同じサーバー内に大量にメモリを喰うサイト運営者がいれば、自分のサイト表示速度がそのせいで一時的なり落ちる可能性もあるという感じです。

 

対して、wpXシンの場合は、メモリ制限があるので、他者の影響をほとんど受けないと言えます。そういう意味では、Xサーバーより常に安定して良い表示速度になると言えます。

ただ、これにはデメリットもあり、逆に自分のサイトが急激にアクセスが増えた際、もしメモリ不足になれば、そのままサイトが落ちてしまう(一時的に表示されなくなる)という事です。

また、複数のサイトを運営していて、すでにメモリを大量に喰ってしまっている場合、残りのメモリの余裕がないため、逆に速度が落ちる可能性も出てきます。

これはCPUのコア数にも言える事で、コア数が多いほど、複数の処理に強くなる。つまり沢山のサイトを入れていて、コア数が少なければ、それだけ1つのコアが忙しくなるから、余裕がなくなれば速度が落ちる要因にもつながる。
Neby

 

メモリっていくら必要なの?wpXシンの問題点

そもそも、メモリってどれくらい必要なの?
基本的に、新規WordPressをインストールして、アクセスがない状態なら、メモリは食わない。でも、アクセスが増えたり、記事が沢山あると、キャッシュなどでメモリ使用量はどんどん増えていく。
Neby

 

例えば、以前私は、ColorfulBoxというwpXシン同様、メモリ上限が決まっているレンタルサーバーを使った事があります。

その時は、

この画像のように、管理画面に常にメモリ使用量が出ていたので確認できたのですが、

wpXシンには、なんとメモリ使用量を確認する方法がありません。

ええ?!

実際に、wpXシンのサーバーパネル上にメモリ使用量表示がなかったため、サポートにどうやって確認すれば良いのかを問い合わせた所、

ご希望尾に添えず恐縮ですが現在のリソース利用状況は
wpXシン・レンタルサーバーでは機能提供がございません。

そのため現在どの程度リソースを利用しているかといった
確認はかないません事ご容赦ください。

という返事が返ってきました(汗)。メモリ上限を設けているのに、メモリ使用量が確認不可だというのです(汗)。

 

じゃあ、メモリ上限近くまで知らぬ間に使っていた場合はどうなるのかと質問した所、

1. メモリ上限に達した場合、どうなるのですか。

サイトの速度が遅くなったり、閲覧時にエラーが出るなどの
事象が発生するものかと存じます。

2.メモリ上限に近づいた際、連絡などは来るのでしょうか。例:「現在80%すでにご利用です」のような。またどのタイミング(どれくらいの使用状況)でそういった連絡は来るのでしょうか。

誠に恐れながら、個別による通知はございません。

意外にも、何にも連絡は来ないそうで、上限いっぱいまで使ってれば、勝手に表示速度が落ちたり、最悪サイトが落ちたりするだけだそうです(汗)。

ちょっとそれは不親切じゃないの(汗)?
一応、プラン変更はできるらしいけど、次の月から適応になるとの事(汗)。
Neby

 

ちなみに、ColorfulBox(6GBのプラン)で、計6サイトを引っ越しした時には、

6GB全部使い切ってました(アクセスを流してない状態でです)

本来、アクセスが無ければ、使われるメモリはゼロのはずなのですが、どうも記事が沢山あるサイトの場合、キャッシュなどの高速化やアクセス解析などで、メモリがガンガン使われてるようです。(結局この時、メモリ異常使用の原因は見つけられませんでした。)

 

つまりwpXシンでは、メモリ使用量を確認できないため、
アクセス数の多いサイトや、記事の多いサイト、複数サイトを沢山入れてる場合などは、
メモリの使いすぎで、むしろXサーバーより速度が落ちる可能性もあるんです。

もし、メモリの計測方法がColorfulBoxと同じと仮定するなら、100記事以上あるサイトを5、6個入れれば、6GBはアクセスを流してなくても消費してしまう。メモリはアクセス増加時に特に必要なものだから、カツカツではダメ。

ゆえに、複数サイトのお引越しを考えてるなら、12GBあるスタンダードプラン以上が必要。

新規でWordPressブログを始めるなら、まだメモリなんてほとんど食わないから、8GBのベーシックで大丈夫。あやしくなってきたら、プラン変更という感じ。

Neby

 

実際の速度を測って比較してみた

なにはともあれ、実際wpXシンの方が速いのかというのを、同じサイトを両方にインストールして、測ってみました。詳しくは下のページで見れます。

エックスサーバーとwpXシンの速度対決!意外な弱点あり!

 

結果は、確かにwpXシンの方が体感では分からない程度の誤差ながら速かったのですが、

ただ、1番安いベーシックプランに複数サイトを入れて運用した場合、メモリやCPUを1つのサイトに全力で回す事が難しくなるようで、今度はXサーバーに速度負けしてました。

 

結局、前項で解説した通り、複数サイト運営を考えているのであれば、スタンダードやプレミアムプランを選ばないと、速度維持が難しくなるでしょう。

1番安いベーシックプランだと、料金がXサーバーより安いのに、Xサーバーより高速化が可能になる。ただ、スタンダード以上となると、料金的にどうかという部分が出てくる。

というわけで、料金を比較してみよう!

Neby

 

XサーバーとwpXシンの料金比較

では、料金を比較していきましょう。

半年契約の場合

 Xサーバー(X10)wpXシン(ベーシック)wpXシン(スタンダード)
料金(月換算)1210円990円 693円(10/7まで)1980円 1386円(10/7まで)
初期費用3300円無料無料
初回に払う合計額9180円5940円 4158円11880円 8316円
半年契約の場合、スタンダードでもwpXの方が安くなるね。これなら本当に安くなって速くなるね!

 

1年契約の場合

 Xサーバー(X10)wpXシン(ベーシック)wpXシン(スタンダード)
料金(月換算)1100円880円 616円(10/7まで)1780円 1246円(10/7まで)
初期費用3300円 無料(9/30まで)無料無料
初回に払う合計額16500円 13200円10560円 7392円21360円 14952円
1年契約だと、Xサーバーも初期費用無料キャンペーンをやってるから、価格は拮抗してくるね。
Neby

 

無料お試し期間はどちらも10日間あり

無料お試し期間は、XサーバーとwpXシン、どちらにも10日間あります。しかもクレカなどの支払い情報入力なしでできるので、勝手に料金がかかる心配が一切ないんです。

気に入らなかったら、無料期間だけで解約できるし、そのまま放置してしまっても、勝手に解約されて終了だから安心!
Neby
それなら、安心して両方試してから決められるね!
1年以上の契約をすると、エックスサーバーwpXシン・レンタルサーバーどちらでも契約し続けてる限りずっと無料の独自ドメインが1つもらえるから、さらにお得だよね!
Neby

【安心】wpXシンに新規・無料お試し申込手順全図解!WPインスト方法も!

【得技も】Xサーバーの新規(無料お試し)申込手順とWPインストまで全部図解!

 

XサーバーとwpXシンの初心者向け度比較

XサーバーとwpXシンって初心者にも簡単なの?

XサーバーとwpXシンは、全く同じユーザーインターフェースを使ってます。

このユーザーインターフェースは、初心者にも直感的に操作できて簡単、実際にWordPressのインストールも、サイト名、ユーザー名、パスワードの3つを入れるだけで、ワンタッチでできます。

【得技も】Xサーバーの新規(無料お試し)申込手順とWPインストまで全部図解!

 

XサーバーもwpXシンも、操作方法は全く同じ、ゆえに操作簡単度に違いはありません。

どっちも分かりやすくて簡単!
Neby

 

ググった時の情報量も圧倒的なのが、初心者には心強い!

あなたが何か分からない事があれば、もちろんググって解決法を探しますよね。

その点、エックスサーバーはググった時に出る情報量が圧倒的に多いので、他のレンタルサーバーと違って、問題にぶち当たっても解決しやすい、解決が早いというメリットがあります。

ん~、解決方法をググっても、Xサーバーの情報ばっかり出てきて、自分の契約してるレンタルサーバーでのやり方が全然出てこないよ~。こんなんだったら、Xサーバーにしとけば良かった・・

なんて事がよくあるので、その点国内シェアNo.1を謳うほど利用者が多いエックスサーバーなら、解説ブログも非常に多いので、迷わずどんどん稼ぎに向かってブログ作りできるという強力なメリットがあります。

 

対してwpXシンですが、エックスサーバーとは対照的にググっても情報はほとんど出てきません。

ただ、wpXシンとエックスサーバーは、中身のUIは同じなので、「エックスサーバー 使い方」などでググった情報が98%は使えます。その点ではwpXシンでも困る事はないでしょう。

 

XサーバーとwpXシンのアダルトなどの禁止事項を比較

サーバー会社アダルトや出会い系ギャンブル系
エックスサーバーNG。ただし風俗やアダルトグッズ紹介、同人系サイト作成はOK。日本の法律違反になるものは禁止なのでグレーゾーン
wpXシン
OK。ただし出会い系はNG。
日本の法律違反になるものは禁止なのでグレーゾーン

エックスサーバーは、アダルトサイトの作成を禁止していますが、風俗やアダルトグッズの紹介サイトみたいなものならOKとなってます。同人系サイトもOKです。

ただし、売春などを想起させるものはNGなので、出会い系サイトや、出会い系アプリの紹介などはアウトになる可能性が高いです。

対してwpXシンでは、公式にアダルトサイトの作成をOKとしています。ただ同様に売春などを想起させるものはNGなので、出会い系はNGと捉えるべきです。

ギャンブルに関してはどちらも言及してないですが、日本の法律違反になるものはアウトなので、オンラインカジノ紹介などはアウトになる可能性もあります。

詳しくは下の記事でより詳しく解説してるよ
Neby

アダルトOK?レンタルサーバー禁止事項比較。

 

XサーバーとwpXシンのPHPバージョンを比較

 XサーバーwpXシン
PHP Vr

ドメイン単位(5.16~8.0.7)

ドメイン単位(7.2.34~8.0.7)

*2021年9月時点の状況で、今後古いバージョンは切り落とされる可能性があります。

Xサーバー、wpXシンどちらも、PHPのバージョンはドメイン単位で切り替えができます。

つまり、

  •  abc.comは古いプラグインが動作するようにPHP5.6
  • efg.comは安定版のPHP7.4
  • xyz.comは、最新ベータ版のPHP8

といった具合に、バージョンをドメインごとに設定できるという事です。

サブドメインごとにはできないよ。サブドメインごとにできるのは、ロリポップ!ColorfulBoxがあるね。
Neby

 

wpXシンの方が選べるPHPバージョンが少ない

上の表の通り、wpXシンはPHP7.2以上しか使えません。もし古いサイトの引っ越しを考えている場合は、引っ越す前にバージョンを新しくして、バグ対策をしっかりやっておく必要があります。

PHPのバージョンを変えると、実際、動かなくなるプラグインやバグるテーマなんかもある。WordPress本体のバージョンも新しくしないとバグる可能性があるから、しっかりアップデートと動作チェックが必要。
Neby

 

この辺はXサーバーの方が柔軟ですね。

 

WordPress以外のプログラムはwpXシンでも動くの?

Xサーバーでは、WordPress以外にも、LaravelやPython、Perl, Rubyなどのプログラムも使えますが、この辺の仕様も全く同じで、wpXシンでも問題なく動きました。

Xサーバー/wpXシンにLaravelデプロイ完全図解

 

なので、wpXシンでLaravelやAnacondaなどの利用を考えてる場合は、Xサーバーでのやり方をそっくりそのまま使う事ができます。

 

ただ、XサーバーにあるPukiWikiは、wpXシンには簡単インストールがありませんでした。EC-CUBEに関しては、Xサーバー、wpXシンともに簡単インストールが付いてます。

 

 

XサーバーとwpXシンのそれぞれのメリット、デメリット

というわけで、メリット、デメリットをまとめると、

  • wpXシンは、メモリやCPUに余裕があるプランを選べば、Xサーバーよりコストは安く、速度は速くする事ができる。
  • wpXシンは、メモリやCPUがカツカツだと、結局Xサーバーより速度低下を招いてしまう。
  • Xサーバーはメモリの心配不要で、複数サイトの運営がしやすい
Xサーバーでも、サーバー速度No.1を謳う速さだから、十分速いんだけど、さらに0.1秒でも加速したいというのであれば、wpXシンもありだね。

まずは10日間の無料お試しでどちらも実際に使ってみて速度チェックしてみるのが1番だね。

Neby

 

エックスサーバー公式(10日間無料お試し)

【得技も】Xサーバーの新規(無料お試し)申込手順とWPインストまで全部図解!

 

wpXシン・レンタルサーバー公式(10日間無料お試し)

【安心】wpXシンに新規・無料お試し申込手順全図解!WPインスト方法も!

 

  • この記事を書いた人

Neby

本を毎日多読しつつ、資産運用、プログラミング、心理学、ネットビジネススキルを猛向上中。貧富の差が広がる5年後、10年後に安心生活を送るためのお金のリテラシー、スキル、資産を一緒に作っていきましょう。

-レンタルサーバー比較
-, ,