Xサーバーのプランの3つの違い(2021/10に変更アリ)。選び方とおすすめ!

更新日:

エックスサーバーを契約するならプランはどれがいいの?

 

エックスサーバーには3種類のプランがあります。

  • スタンダード(旧 X10)
  • プレミアム(旧 X20)
  • ビジネス(旧 X30)

この3つ、基本的には性能は同じなんです。

 

じゃあ何が違うのかというと、

  • ストレージ容量
  • CPUとメモリのリソース保証量(2021年10月追加)
  • 12ヶ月以上の契約でもらえる永久無料ドメインの種類

この3つが違います。

エックスサーバーのプランの違い1:ストレージ容量が違う

プランごとのストレージ容量

スタンダード (旧 X10)プレミアム (旧 X20)ビジネス (旧 X30)
300GB400GB500GB

エックスサーバーは上位プランの方がストレージ容量が100GB増えます。

つまり、あなたがどれだけの容量(保存領域)が欲しいかで、プランを決めれば良いんです。

違いはこれだけなので、
これからWordPressブログを始めるだけなら、どう考えてもスタンダードで十分です。

 

上位プランにしたからといって速くなったり、メモリや転送量が増えたりするわけじゃないから、単純に必要な容量だけで決めればOKだよ!
Neby

 

エックスサーバー公式でチェックしてみる

エックスサーバー使うならストレージ容量はどれくらい必要か?

正直、あなたもWordPressなどでブログやサイトを作るのが目的だと思います。

例えば、300記事くらいある当ブログであれば、

画像などを含めてトータルで17GB近く使ってます。

仮に同じようなサイトを5個作ったとしても、85GB程度という事です。

 

実際にバックアップの保存や、Laravelサイト、テスト用のWordPressサイトなどを含めて、計20サイトくらい運営してるけど、使ってるトータルの容量は170GB程度だよ。
Neby

管理画面からいつでも使用量は確認できます。

 

つまり、複数サイト運営していく予定でも、スタンダードプラン(300GB)で十分という事になります。

 

1つ注意!もし君がMP4動画配信(ストリーミング)するためにXサーバーを契約しようと思ってるなら、それは無理だよ (もちろんYoutubeの埋め込みは大丈夫)。Youtubeなどを使わずに、自分でサーバーから直接動画配信したい場合は、AWSみたいな専用のサーバー使わないと無理だからね。

音声ファイルとか、すごく軽い動画を少し使うくらいだったら全然問題なし。

Neby

 

エックスサーバー公式をチェックしてみる

Xサーバーで容量が足りなくなったらプラン変更も可能

仮にあなたが一番安いスタンダードプランを契約したとして、実際容量が心配になってきたとしても、Xサーバーではプラン変更が可能です。

プラン変更は、例えば、その月の1日~20日の間に申し出れば、次の月の1日から適用になります。

差額を払う事で上位プランに変更が可能です。(下位プランへの変更も可能)

 

無料お試し期間中もプラン変更は可能。その場合はサポートに連絡して変更してもらう感じ。
Neby

 

追加でプランを申し込むという手も

また、プラン変更ではなく、スタンダードプランを2つ契約するといった追加申込も可能になってます。

 

エックスサーバーのプランの違い2:CPUとメモリのリソース保証量

2021年10月から新たにリソース保証が加わりました。

プランごとに、リソースが保証されるCPUコア数と、メモリ量が違います。

 

エックスサーバーのリソース保証とは!?

リソース保証は、CPUコア数とメモリ量を一定値までは専有させてくれる制度です。

もともと、エックスサーバーは「CPUメモリ共用型」のレンタルサーバーです。1つのサーバーマシンに、128バーチャルコアCPUと1テラバイトメモリが入ってます。

この128CPUと1TBが入ったマシンを複数の利用者で共用してるわけです。

 

その際、利用者の中に大規模サイトや超人気サイト運営者がいた場合、
その人ばかり、大量のメモリを使っていたとします。

そうすると、他の利用者は少ないメモリしか使えなくなってしまうため、サイトの速度が低下してしまう可能性があります。

今回Xサーバーはそういった事が起こらないように、「スタンダードプランなら最低6コアCPUと8GBメモリまでは1ユーザーが常に使えるようにするよ」と保証するようにしたわけです。

 

リソース保証を例で分かりやすく

仮にあなたがトータルで6GBメモリを全体で使っているとします。
でも、8GBまでは保証されてるので、他の利用者のせいで、自分のメモリ使用量が5GBまで下げられて、速度が低下してしまうって事はないですよって事です。

 

逆にあなたが現在トータルで9GBメモリを全体で使ってるとしましょう。
その際、他の利用者が、あなたのせいでメモリ不足になってるようであれば、8GBまで抑え込まれる可能性はあるよという事です。

 

あくまで保証であって制限ではないのが良い!

例えば、wpXシン・レンタルサーバーや、Mixhost、ColorfulBoxの場合は、プランごとにCPUコア数とメモリ量が厳格に制限されています。

この3社の場合は、例えばメモリ制限が8GBなら、8GB以上を使う事はできないシステムになってますから、8.5GB使おうとしても、強制的に8GBに抑え込まれます。

 

ただ、Xサーバーの場合は、あくまで保証ですから、例えば他の利用者があまりメモリを使っておらず、サーバーマシン内にメモリが余っている状態なのであれば、8GBを超えて10GBとか使ってても、制限はされないわけです。

 

つまり、普段は4GB程度しか使ってないサイトがある日突然バズって、大量アクセスが来たせいで、メモリ使用量が一気に12GBまで跳ね上がったとしましょう。

この際、マシン内に12GBの余剰がある分には、制限されず、実際サイトを落とさないで済むというわけです。

もちろん、その際、他の利用者が割を食う状態になるのであれば、プランの保証内に制限されるというわけです。

 

プランを上げれば、より多くのCPUコア数とメモリが保証される

ゆえに、プランを上げた方が、より多くのCPUコア数とメモリ量が保証されるため、量産サイトや大規模サイトで、メモリ使用量やCPUコア数利用量が多い場合は、上位プランを契約、もしくは変更した方が普段からより多くのリソースが使えて、速度低下を抑えられるというわけです。

 

これからサイト運営を始める場合や、今は大したアクセスがないというのであれば、基本スタンダードを選べばOK
Neby

 

リソース保証なのに追加料金なし!

他社レンタルサーバーだと、リソース保証の場合は追加料金がかかったりしますが、Xサーバーでは追加料金はなく、もともとリソース保証されてます。

 

エックスサーバーのプランの違い3:もらえる無料ドメインの違い

エックスサーバーは12ヶ月以上の契約をすると、契約期間中はずっと無料の独自ドメインがもらえます。

例えば、スタンダードプランであれば、

.com / .net / .org / .info / .biz / .xyz / .link / .click / .blog
の中から1つ選ぶ事ができます。

 

プレミアムだと、

.jp も加えて選べるようになります。

 

ビジネスだと、

.co.jp / .or.jp / .ne.jp / .gr.jp
まで選べるようになります。(ただ、ビジネスのco.jpなどは審査があります)

 

jp欲しさにプレミアムを契約するって事はないと思うけど、こういう特典がある。
Neby

 

というわけで、

基本的にはストレージ容量の違いがあり、

加えて上位プランの方が、より多くのCPUコア数とメモリ量が保証されるようになっており、
大規模サイトやアクセスが多いサイトの場合は、上位プランの方が速度が落ちにくくなってます。

 

エックスサーバーには、無料お試し10日間が付いてます。
クレカなどの支払い情報入力不要でお試しできます。
なので、勝手に課金される事も一切なく安心して試せます。

やり方解説↓

【得ワザも】Xサーバーの無料お試し申込手順を全図解!

 

エックスサーバー公式(10日間無料お試し。11/18まで最大25%OFF!)

 

 

リマインダーFLEXAndroidアプリ。繰り返し通知かアラームでお知らせ。令和対応

  • この記事を書いた人

Neby

本を毎日多読しつつ、資産運用、プログラミング、心理学、ネットビジネススキルを猛向上中。貧富の差が広がる5年後、10年後に安心生活を送るためのお金のリテラシー、スキル、資産を一緒に作っていきましょう。

-レンタルサーバー比較
-,