wpXシン・レンタルサーバーの評判は?分かった凄さと弱点。

更新日:

wpXシン・レンタルサーバーっていう、XサーバーをKUSANAGIの技術サポートでさらに高速化したサーバーがあるって聞いたけど、実際のとこどうなの?

というわけで、wpXシン・レンタルサーバーを実際に使ってみて、とことん検証して分かった、その凄さと弱点の両方を包み隠さずお教えします。

 

wpXシン・レンタルサーバーとは?

wpXシン・レンタルサーバーは、エックスサーバーに最新の高速化技術を取り込んでチューンナップしたサーバーです。

もともとXサーバーはサーバー速度No.1を謳うほど高速なのですが、
そこにKUSANAGIからの技術提携でチューンナップし、さらに高速化したサーバーになってます。

 

KUSANAGIとは?

例えば、エックスサーバー、Conoha Wing、ColorfulBox、Mixhostといった、「NginX」や「LiteSpeed」を使っているレンタルサーバーは、どこも国内最速クラスに高速表示ができるレンタルサーバーです。

 

ただ、それよりもさらに高速化を目指す人によっては、VPS(バーチャルプライベートサーバー)を借りて、そこにKUSANAGI環境を入れて、WordPressをさらに高速化させています。

KUSANAGI環境を入れる事で、さらなる高速化が目指せるわけです。

 

ただ、wpXシンは、KUSANAGIを提供してるPrime Stratgy社の技術サポートでチューンしているのであって、VPSと同じKUSANAGI環境ってわけではないらしい。
Neby

 

wpXシン・レンタルサーバーは本当に速いの?弱点あり。

じゃあ、wpXシンは、他の国内最速を謳うレンタルサーバーと比べて、本当に速くなるのかという部分なんですが、

これに関しては、実際に速度測定して、対決させてみました。

エックスサーバーとwpXシンの速度対決!意外な弱点あり!

 

結果、分かった事は、

  • メモリとCPUコアが十分余裕があれば、実際に他サーバーより高速になる
  • メモリとCPUコアがカツカツだと、他サーバーより速度は落ちる

という事でした。

 

wpXシン・レンタルサーバーのメモリとCPUについて

wpXシン・レンタルサーバーは、メモリやCPUのスペックがプランごとに違います。

例えば、びっくりするほど安いベーシックプランだと、CPUは6コア、メモリは8GBとなってます。

 

CPUのコア数はどう影響する?

CPUはコア数が多ければ多いほど、同時に複数の処理を素早くこなす事ができます。つまり1サイトを運営してるだけなら、コア数を増やしても、そんなに効果はありません。

しかし、複数サイトを運営してる場合、特に5サイト、10サイト、20サイトと沢山のサイトを1つのプランに入れてる場合は、それだけ別の処理をCPUがしなければならないという事ですから、沢山のCPUコアがあった方が、速度が落ちにくいという事になります。

1人で沢山の仕事をするより、6人で同時にやった方が早く終わるのと同じだね。
Neby

 

メモリはどう影響する?wpXシンの問題点。

基本的に、WordPressを新規インストールして、アクセスがゼロならメモリは食いません。

同時アクセスが増えれば増えるほど、より多くのメモリが必要になります。

本来は、2GBもあれば、普通のWordPressサイトを動かすには、十分過ぎるほどです。

じゃあ1番安いベーシックプランでも8GBもあるから大量アクセスがあっても余裕だね。

 

しかし、これが実際に複数サイトを運営してみると、思った以上にメモリを喰うんです。

例えば、下の画像は、ColorfulBoxレンタルサーバーのメモリ6GB上限のプランを使っていた時のものです。

それぞれ100記事以上ある6サイトをColorfulBoxにコピーした所、なんとアクセスを流していないにも関わらず、6GBのメモリを使い切ってしまいました。

え?アクセスが無ければメモリ食わないって今言ったじゃん?

どうも、記事が増えるにつれ、WordPressでは、高速表示するためにキャッシュを作る事で、それがメモリを喰っているようです。

他にもアクセス解析や高速化プラグインなどが想像以上にメモリを使っている事も考えられます。(結局なにが異常にメモリを喰ってるのかは、突き止める事ができませんでした。)

 

wpXシンはメモリの使用状況を確認できない!

そして問題なのは、wpXシンには、このメモリの現在の使用量を確認する術がないという部分なんです(汗)

サーバーパネルにメモリの使用量の表示がないんです。

ええ?!

なのでサポートにどうやって確認すれば良いのかを問い合わせた所、

ご希望尾に添えず恐縮ですが現在のリソース利用状況は
wpXシン・レンタルサーバーでは機能提供がございません。

そのため現在どの程度リソースを利用しているかといった
確認はかないません事ご容赦ください。

という返事が返ってきました(汗)。メモリ上限を設けているのに、メモリ使用量が確認不可だというのです(汗)。

 

じゃあ、メモリ上限近くまで知らぬ間に使っていた場合はどうなるのかと質問した所、

1. メモリ上限に達した場合、どうなるのですか。

サイトの速度が遅くなったり、閲覧時にエラーが出るなどの
事象が発生するものかと存じます。

2.メモリ上限に近づいた際、連絡などは来るのでしょうか。例:「現在80%すでにご利用です」のような。またどのタイミング(どれくらいの使用状況)でそういった連絡は来るのでしょうか。

誠に恐れながら、個別による通知はございません。

意外にも、何にも連絡は来ないそうで、上限いっぱいまで使ってれば、勝手に表示速度が落ちたり、最悪サイトが落ちたりするだけだそうです(汗)。

 

ゆえに、wpXシンでは、プラン次第では速度が落ちる!

そこで、当サイトでも、Xサーバーに入れていた全20サイトほどをwpXシンのベーシックプランに引っ越して、速度を測った所、

最初、1サイトだけ引っ越して速度を測った時と比べて、若干ですが遅くなりました。

エックスサーバーとwpXシンの速度対決!意外な弱点あり!

つまり、CPUとメモリが全力で回せない状態であると言えます。

 

つまり、多数のサイトを入れて最高速を維持したいなら、上位プランを契約する必要があるという事。

メモリは特にアクセスが増えた時に必要だから、カツカツではなく、十分余裕がある事が大事。

無料お試し期間中でもプラン変更は可能。本契約後はプラン変更した場合は次の月から適用される。

Neby

 

wpXシンは、メモリやCPUの使用率状況を確認できるわけじゃないので、特に複数サイトを入れる場合は、SiteSpeed Insightsなどを使って、こまめに速度チェックしないと、

この超高速KUSANAGIサポート環境が活かせないという事になります。

wpXシンには無料お試し10日間があるから、そこでじっくり検証した方がいいね。
Neby

 

wpXシン・レンタルサーバーは料金が安い?

wpXシンは、料金が他社と比べても、コスパに優れている事もポイントです。

半年契約した場合

 初期費用半年契約時の1月辺りコスト最初に払う合計額(半年分)
wpXシン(ベーシック)0円990円 693円5,940円 4,158円(10/7まで)
wpXシン(スタンダード)0円1,980円 1,386円11,880円 8,316円(10/7まで)
Xサーバ(X10)3300円1210円10560円
コノハ(ベーシックパック)0円1034円6204円
カラボ(Box2)0円1276円7656円
ベーシックだと本当に安く始められるね。それで他社より速いってすごいね。

 

1年契約した場合

 初期費用1年契約時の1月辺りコスト最初に払う合計額(1年分)
wpXシン(ベーシック)0円880円 616円10,560円 7,392円(10/7まで)
wpXシン(スタンダード)0円1,780円 1,246円21,360円 14,952円(10/7まで)
Xサーバ(X10)3300円 0円(キャンペーン9/31まで)1100円16500円 13200円
コノハ(ベーシックパック)0円931円11172円
カラボ(Box2)0円1166円13992円
1年以上の契約だと、契約期間中ずっと無料の独自ドメインが1つもらえるからさらに得。他社からのお引越しじゃなくて、新規でWordPress始める分にはベーシックでも他社に引けを取らない十分過ぎるほどのスペックだよ。
Neby

 

wpXシン・レンタルサーバーの初心者向け?

wpXシン・レンタルサーバーは、初心者に非常におすすめできるサーバーと言えます。

理由は

  • Xサーバーと同じUIで簡単にWordPressを始められる。
  • 迷っても、ググれば沢山情報が出てくる
  • ベーシックプランなら他社より安くしかも速い

からです。

 

Xサーバーと同じUIで簡単にWordPressを始められる。

wpXシンは、エックスサーバーと全く同じ管理画面になってます。

このユーザーインターフェースは、直感的に使い方が分かって、非常に分かりやすいと評判なんです。

WordPressもサイト名、ユーザー名、パスワードの3つを入力するだけで、超簡単にインストールできるため、初心者でもスムーズにスタートできます。

 

自動でサーバーが7日間バックアップされていて、無料で復元もできるようになってる。万が一サイトが真っ白になったなんて時は1日前の状態にリストアする事も可能で、そういった部分も初心者でも安心。
Neby

 

wpXシンは迷っても、ググれば沢山情報が出てくる

wpXシンは、まだ2021年に登場したばかりの、新鋭レンタルサーバーです。ゆえに「wpXシン 使い方」のようにググっても実は公式以外の情報はほとんど出てきません。

しかし、前項で話した通り、Xサーバーと全く同じユーザーインターフェースなため、「Xサーバー 使い方」などでググった情報も98%は使えます。

Xサーバーは他社と比べて、ググった時の情報の出方が圧倒的です。WordPressのサーバー側の設定などで迷った時も、ググれば「Xサーバーでの設定の仕方を解説します」というサイトが山程情報が出てきます。

なので、wpXシンでも、同じようにXサーバーでググれば迷わずサイト(ブログ)作成していく事ができます。

 

ベーシックプランなら他社より安くしかも速い

料金の項で解説した通り、ベーシックプランであれば、他社より安く高速環境を手に入れられます。

あなたが初心者であれば、新規でWordPressブログを始めるでしょうから、
メモリやCPUの心配不足の心配は皆無です。最初から国内最速スピードでブログ運営をやっていけます。

安く、でも高速なサーバーを求めてる初心者には最高だね!

 

wpXシン・レンタルサーバーは複数サイト運営に向かない!?

wpXシンには、速度の項で解説した通り、メモリやCPUの上限があります。

ゆえに、私のようにバカバカ20サイトとか入れるタイプだと、
1番安いプランでは速度が落ちてしまいます。

複数サイトを運営するなら、メモリを気にする必要がない、XサーバーやConoha Wingの方がむしろコスパ良く速さを維持できると言えます。

 

新規で3、4サイト入れるくらいなら、ベーシックでも全然大丈夫だけど、5サイト以上、それも記事も多い場合だと、キャッシュとかがメモリを喰うし、CPUコア数的にも全力を出しづらくなってくるね。実際に無料期間で自分で速度チェックするのが1番だね。
Neby

 

古いサイトを引っ越すなら、PHPバージョンの心配あり

wpXシンでは、ドメインごとにPHPのバージョンを設定できますが、

使えるバージョンは、PHP7.2~8しかありません。

例えば、今現在、他のサーバーでPHP5.4などを使っている場合は、
まずは、PHPのバージョンを7.2以上に上げて、プラグインやテーマでバグが出ないかチェックする必要があります。

PHPのバージョンアップで使えなくなるプラグインとか結構あるから、古いサイトの引っ越しの場合はチェック必須!
Neby

 

wpXシン・レンタルサーバーはアダルトサイト作成OK?!

wpXシンでは、公式にアダルトサイトの運営がOKとなっています。

アダルトサイトの運営は可能ですか? はい、可能です。 ただし、無修正・児童ポルノなど、法令又は公序良俗に反する内容は禁止しております。

ただ、規約を読むと、「不倫・援助交際・売春・買春等の勧誘行為」を禁止している事から、出会い系サイトや出会い系アプリの紹介などは、ちょっと規約にひっかかる可能性があるので、注意が必要です。パパ活ネタはアウトでしょうね。

 

ギャンブル紹介サイトはOK?

ギャンブルについては言及がないのですが、あくまで国内の法律に違反してないものという制約がありますから、オンラインカジノの紹介などは、規約違反になる可能性も高く注意が必要です。

よりこの辺の事情を詳しく知りたい場合は↓

アダルトOK?レンタルサーバー禁止事項比較。2021最新版

 

wpXシンでWordPress以外のプログラムは使える?

wpXシンは、PythonやCurl、Rubyなどが使えますし、Laravelのインストールも可能です。

この辺は全くXサーバーと同じ作りになっているので、Xサーバーのやり方で検索すれば、その方法がそのまま使えます(実際に、LaravelやAnacondaなどを試しましたが、問題なく使えました。)

Xサーバー/wpXシンにLaravelデプロイ完全図解<2021最新版>

 

ただ、唯一、Xサーバーとは違って、PukiWikiの簡単インストールだけはできない仕様となってました。

2015年くらいにあったWordPress専用のwpX(現wpXSpeed)とは違って、wpXシンはWordPress専用ってわけじゃなく、エックスサーバーと本当に全く同じ作りになってて、不具合も出なくて安心した。
Neby

 

wpXシン・レンタルサーバーの評判まとめ

というわけで、wpXシン・レンタルサーバーは、メモリとCPUに余裕があるプランを選べば、国内最速表示スピードを実際に享受できます。

 

  • 新規で始めるなら1番安いベーシック
  • 複数サイトのお引越しならスタンダード
  • 大規模サイトやスタンダードでも速度が出ないならプレミアム

といった具合に、まずは、ベーシックかスタンダードで無料で10日間お試しして、実際に速度チェックしてみると良いでしょう。

 

無料お試しは、クレカなどの支払い情報なしでできるから、勝手に課金もなく安心!申込手順を下の記事で解説してるよ。

【安心】wpXシンに新規・無料お試し申込手順全図解!WPインスト方法も!

Neby

 

wpXシン・レンタルサーバー公式(10日間無料お試し)

 

  • この記事を書いた人

Neby

本を毎日多読しつつ、資産運用、プログラミング、心理学、ネットビジネススキルを猛向上中。貧富の差が広がる5年後、10年後に安心生活を送るためのお金のリテラシー、スキル、資産を一緒に作っていきましょう。

-レンタルサーバー比較
-, ,