Conoha WINGとVPSの違いは?WordPressでのメリットデメリット。

更新日:

 

WordPress始めるならConohaがいいって聞いたんだけど、WINGとVPSの2種類があるよね。これって何が違うの?どっちの方がいいの?

2つの違いと、WordPressを使った場合のそれぞれのメリットデメリットを、初心者でもよく分かるようにやさしく教えちゃいます。

 

Conoha WINGとConoha VPSの違いは?

  • Conoha Wingは共用のレンタルサーバーです。
  • Conoha VPSは、バーチャルプライベートサーバーです。

 

いや、さっぱり違いが分からないよ・・もっとやさしく教えて!

 

共用のレンタルサーバーとVPSの違い

共用のレンタルサーバーは、1つのサーバー(マシン)を他のお客さんと一緒に共用して使うタイプのサーバーです。

 

Conoha WINGや、Xサーバー、ロリポップなどもこの共用レンタルサーバーに入ります。

 

イメージ的には、すごく性能のいいパソコンが1台あって、それを複数のお客さんで一緒に使ってる感じです。そのパソコンの管理やハッキング対策などは、すべてサーバーの会社がやってくれるので、こちらにサーバーの知識(Linuxの知識)がなくても使う事ができます。

サーバーっていうのは、ようはパソコンにインターネットを表示させるソフトを入れたものだと思えばOK!実際自宅のPCをサーバーにする事も可能なんだよ。
Neby

 

逆にVPS、バーチャルプライベートサーバーの場合は、
1つのマシンを共用するというよりは、1人1台づつ高性能パソコンを貸してもらってるようなイメージになります(バーチャルの名の通り、仮想パソコンを借りてる感じです)。

VPSの場合は、サーバーの知識がそれなりに必要で、
コマンドライン(ターミナル)というこういう黒い画面で命令を打ってく奴が必須になります。

 

これを使って、その仮想のパソコンに対して、プログラムをインストールしたり、動かしたりするわけです。

 

え、VPSだと、その黒い画面でコマンド打たないと、WordPressも使えないの?
WordPressに関しては、コマンド使わなくてもConohaの管理画面からポチッとインストールできるようにはなってるから、大丈夫。
Neby

 

WordPress使うならConoha WINGとVPSどっちがいいの?メリット、デメリット

基本的には、WordPressはConoha WINGで使えばOKです。

インストールから何から何まで、Conohaの管理画面からできますし、
サーバーに関する知識がなくても、サイトを運営していけます。

 

ただ、あえてWordPressをConoha VPSにインストールして使ってる人もいます。

なぜかというと、Conoha WINGよりConoha VPSの方が、WordPressをより高速化できるからです。

 

Conoha VPSの方がConoha WINGよりWordPressが速い!?

まず、Conoha WINGの公式サイトを見てみると、

ご覧の通り、国内最速を謳ってます。実際、Conoha WINGは他のレンタルサーバーと比べても、価格が安いわりに、1,2を争う部類の速さになってます。

2021:XサーバーとConohaガチ計測!速いのはどっち?

 

ただ、そんな高速レンタルサーバーを使って、WordPressの表示を速くしようと努力しても、すごく重いサイトだったり、沢山のアクセスが常にあるようなサイトだと、思ったような表示速度が出なかったりもします。

そんな場合は、Conoha VPSを使う事で、さらに高速表示ができる可能性が出てきます。

 

理由として、

  •  Wordpressが神速で動くKUSANAGIという環境を入れられる
  • メモリやCPUの量を自由に増やせる

からです。

 

Conoha VPSだと、KUSANAGIが使える!

Conoha VPSだと、KUSANAGIと呼ばれる環境をインストールして、そこにWordPressをインストールする事で、さらなるWordPressの高速化が可能になります。

実行時間がなんと3ミリ秒台(0.003秒)、秒間1000リクエストをさばける化け物環境です。

 

このKUSANAGI環境はConoha Wingなどのレンタルサーバーだと入れられないんです。(と言っても、2021年5月からこのKusanagiのサポートを受けたレンタルサーバーのwpXシンという新サーバーも登場してます。)

なので、さらなる高速性を求めるなら、Conoha Wingではなく、Conoha VPSを使うのもありなんです。

えー、だったら、Conoha VPSの方がいいね。
うーん、そこは次の項も見てよく熟考した方がいい・・
Neby

 

Conoha VPSはメモリやCPUの量を自由に増やせる

Conoha VPSは、サーバーのCPUやメモリの量を細かく選ぶ事ができます。沢山のアクセスがあればあるほど、より多くのメモリを使いますし、CPUのコア数が多い方が、複数同時処理がより多くできるため、動作も速くなります。

なので、アクセス数やサイト規模に合わせてメモリやCPUをグレードアップする事で、より高速化しやすいというメリットもあります。

 

逆にConoha WINGだと、メモリやCPUは共用です。みんなで一緒に使ってるがゆえに、全力は使えないという事にもなりますから、全力が使えるVPSの方が高速表示しやすいというメリットがあるんです。

 

Conoha WINGにも、CPUとメモリを個別に使えるリザーブドプランっていうのもある。ただ、リザーブドプランより、VPSを使った方が同じグレードでも1000円近く安いよ。
Neby
え、同スペックプランなら価格までVPSの方がお得?だったらどう考えてもConoha VPSの方がいいじゃん!

 

確かに、一見、Conoha VPSの方が良いように感じるかもしれませんが、こればっかりは、自サイトがどれくらいのメモリやCPUが必要なのか使ってみないと分かりません。

それこそ、ペラページアフィリのように、沢山のWordPressを入れてるような場合だと、思った以上にメモリが足りなくて、料金も割高になる可能性が高いです。

だったら、最初からメモリやCPUなどのスペックを気にせず、沢山のWordPressサイトを運営しても問題なしのConoha WINGを使った方が、割安かつ、十分なスピードが出ると言えます。

 

ちなみに、Conoha VPS公式によると、KUSANAGIを使うための推奨メモリは4GB以上になってるから、月3000円前後のプランを使う事になるね。まぁ1GBでも実際は動くけど。

これがConoha Wingだと、月1000円以下でメモリ制限なく使えるから、やっぱり速度を速くするにはそれなりにお金がかかるね。

Neby
うぉ、そっか。あくまですでにアクセス沢山ある人向けだね~。

 

また、最初に話した通り、基本的にVPSはサーバー自体の管理を自分でやる必要があります。

例えば、Conoha WINGなら、メールアドレス作成も管理画面からできますが、
Conoha VPSだと、自分でメールサーバーを建てる必要が出てきます。

 

うぉ!いきなりなんか難しくなったね・・
そう、純粋にWordPressだけインストールするのは、Conoha VPSの管理画面でできるけど、メール機能作ったり、サーバーのセキュリティ対策とかは、全部自分で1からやる必要があるんだ。

例えば、Conoha WINGだったら、WAFというサイトをハッキングから守る機能が標準で付いてるけど、Conoha VPSだと別途有料で2000円前後かかったりするよ。それに、DDos攻撃みたいなのを受けても、Conoha WINGならサーバー会社が対応してくれるけど、VPSだったら、自分で対応する必要があるよ。

Neby
なんか完全に自分が来てはあかん所に来た感がしてきた・・

 

このように、VPSは、それなりにサーバー知識、というかコマンドを使う知識(Linuxの知識)がないと、結構厳しいです。もちろん使いながら学んでいけば良いわけですが、単にWordPressでブログを始めたいだけであれば、Conoha WINGを使う方が断然分かりやすいです。

メモリが何ギガ必要でとか、全く気にする必要がないし、ブログ執筆に集中できるConoha WINGでまず始めて、アクセスが多くてどうしてもKUSANAGIが使いたいなら、VPSも検討するといいね。コマンド操作なしでKUSANAGIを導入できるのはConoha VPSの魅力だね。
Neby

 

まずは公式ページで価格と詳細をチェック!

ConoHa WING公式ページ

Conoha VPS公式ページ

 

サーバーで迷ったら、下の記事も参考にしてください。

XサーバーとConohaガチ計測2021!速いのはどっち?

WP人気レンタルサーバー比較2021デメリットも完全網羅

 
  • この記事を書いた人

Neby

本を毎日多読しつつ、資産運用、プログラミング、心理学、ネットビジネススキルを猛向上中。貧富の差が広がる5年後、10年後に安心生活を送るためのお金のリテラシー、スキル、資産を一緒に作っていきましょう。

-レンタルサーバー比較
-,