評判のColorfulBoxからXサーバーにやっぱり戻した理由。

更新日:

Xサーバー歴5年以上の私。昨今の苛烈なレンタルサーバー競争の中、最近気になっていたのが、ColorfulBox。

カラフルボックスはWordPress高速表示のLiteSpeedを採用していたり、割引キャンペーンで初年度は半額近い値段で契約できる事で話題のサーバー。

 

ColorfulBoxの方がエックスサーバーより安くて高速にサイト運営できるんじゃないか!?
Neby

と感じ、ColorfulBoxを試してみる事にしました。

 

しかし、結論から言うと、私はカラフルボックスから無料お試し期間で撤退。引っ越しやめてXサーバーを更新する事にしました。

 

え?なんで?評判いいんじゃないの?って事で、ColorfulBoxのメリット、デメリットをXサーバーを引き合いに出しながら解説していきます。

 

ColorfulBoxを使ってみて、Xサーバーにやっぱり戻した理由

結論から言うと、ここが自分には合わないと感じた所でした。

ColorfulBoxは

  • メモリが足りない・・

これさえクリアしてたら移行してた・・

 

このメモリの話と、ColorfulBoxがXサーバーとどう違うかを話していきます。

 

ColorfulBoxのメモリの量は大丈夫なのか!?

ColorfulBoxは、

  • MySQL(データベース作成)無制限
  • ドメイン登録無制限
  • サブドメイン作成無制限

です。一見「わーい、これで格安料金でWordPressサイト大量作成できそう!」なスペックに感じますよね。

当方はサイト量産はしませんが、テスト用サイトなど含めて20サイト以上をサーバーにインストールしてます。

 

しかし、ちょっとこれを見て欲しいのですが、

例えば、私が利用してみたBOX2プラン (エックスサーバーのX10に料金や仕様が似たプラン) だと6GBのメモリが割り当てられてるのですが、

たった4サイト入れた時点で、すでに半分近くのメモリを使ってしまっています。しかもまだ1サイトしかドメインは紐付けてないので、アクセスが来てるのは1サイトだけです。

 

で、さらに本命のWordPressサイトを2つ追加でインストールしてみました
(合計6サイトインストール)。すると・・

えーーーー!!

ちょっと待ってよと。これまだアクセス流してない状態ですよ。アクセス流してなくてもうメモリ70%以上使っちゃってます。(注意マークまで出ちゃってるし!)

 

これで実際にサイトにアクセス流したら、使い物にならないのは目に見えてますよね(汗)

 

メモリってどれくらい必要なのか?

そもそもWordPressってメモリそんな喰うの?って所なんですが、
実際、データが空っぽのWordPressをインストールしただけだと、0.01GBしかメモリを使いませんでした。

なので、真新しいWordPressを20個インストールしても、喰うメモリは0.2GB程度です。これなら6GBという制限でも余裕に感じます。

 

しかし、いざ中身のデータをXサーバーからコピーした所、先程の画像のように、あっという間にたった6サイト分で、メモリの70%を使い切ってしまいました・・

 

そもそも、レンタルサーバーのメモリってどういう時に必要なのかというと、
特にアクセスが増加した時に、メモリ使用量も増えます。

例えば、記事がSNSでバズって、急にアクセスが大量に来るとします。
この時に、メモリを使い切ってしまうと、サイトが落ちてしまいます。

 

ちなみに、バズ部さんの昔の記事によると、月50万PVあるサイトでも0.25GBもあれば事足りるそうです。

なので、なんだ1GBでも残ってれば大丈夫じゃんって感じしますが、でもある日バズってアクセスが爆発した時に、このメモリに余裕がないとサイトが落ちるってわけです。

 

もちろん、カラフルボックスは、プランが細かく小分けされてるので、メモリが足りないなら上位プランに上げれば良いわけですが、それだと、Xサーバーより高く付いてしまうため、あまり旨味を感じません。

 

Xサーバーのメモリの容量は?

じゃあ、Xサーバーは何GBのメモリがあんのさ?

って所なんですが、Xサーバー(X10プラン)は、自分のサーバー情報を見た所256GBありました。

と言ってもこれは共用のサーバーのメモリであって、1人で256GB使えるわけではなく、みんなで256GBを分け合って使う事になります。

 

Xサーバーは1アカウントあたり何GBのメモリ割当かは公表してません。なぜか?理由はここに書かれてました。

wpXより引用

ここに書かれてる通り、「メモリは1人何GB割当」とXサーバーでは決めておらず、バズったサイトが出たら、そこに余ってるメモリをササーッとその時だけ貸してあげて、サイトが落ちないようにするっていうタイプのサーバーなんです。

 

え?でも常に大量のリソース使う不届き者がいたら、割りを食わない?

とも思うわけですが、そこはプランごとに転送量目安があって、毎日転送量が上回るようなサイトは上位プランにしてくれと通告してるそうです。

 

逆にColorfulBoxやMixhostは、メモリを厳格に区切って「1アカウントあたり〇〇GBだよ」としてます。

ある意味こっちの方が公平ではありますし、少ないサイトを運用してるなら、こっちの方が安定とも言えます。

 

ただ、当方のように20サイトとかをドカスカ入れるタイプだと、メモリをやはり喰うので、ColorfulBoxだとプランを上位に上げる必要がでてきます。

 

実際、今までエックスサーバーで20サイト(半分はテストサイトでアクセスなし)入れて5年以上運用してますが、ディスク容量はもちろん減りますが、メモリ容量で困るなんて問題は一度も起きてません(そもそも今まで気にした事すらなかった)。

そこは老舗エックスサーバー独自のノウハウがあるのでしょう。エックスサーバーすげぇ・・

 

ColorfulBoxはLiteSpeedを使ってるから高速なのか?

自分はとにかくWordPressを最速表示させたいから、高速なレンタルサーバーを探してるんだけど

という場合、XサーバーよりColorfulBoxの方が良いのかですが、

 

まず、ColorfulBoxは、WordPressを高速で表示できると評判のLiteSpeedを使ってます。
対してXサーバーはnginx(エンジンエックス)です。

 

じゃあ、LiteSpeedはnginxよりそんなに速いのか?っていうと、
実際に比較検証サイトを見ていくと、そうでもない事が分かります。

実際に検証している複数サイトを見ると、「LiteSpeedは高速化というより、大量アクセスが来た時にそれを短時間で捌く事に優れていた」という結果が多いです。

 

これを考えた時に、今すでにアクセスが大量に来ているサイトがあって、
その1サイトをColorfulBoxに引っ越しするという場合だったら、十分なメモリを1サイトに割り当てられて、LiteSpeedの恩恵も得れるので、高速化が見込めます。

逆に複数サイトを高速化と考えた場合、上位プランにしないとメモリ不足になってしまうので、
結局メモリが足りないせいでサイト表示が遅くなったり、サイトが落ちたりなんてオチになりかねないというのがあります。

 

また最近国内最速を謳っているサーバーのConoha Wingはnginxです。

国内最速サーバーがnginxを使ってるので、必ずしもLiteSpeedに変えたらサイト表示が早くなるってわけじゃないという事です。

この辺は、ColorfulBoxエックスサーバーも無料お試し期間があるので、
心配な場合は無料お試し期間で検証してみると良いでしょう。

 

ColorfulBoxは、Xサーバーと比べてUIが難しい!?

もし、あなたが現在エックスサーバーを使っていて、ColorfulBoxへの引っ越しを考えているなら、UIは最初正直面喰らいます。

と言っても、5日くらいガチャガチャイジってると慣れるので大丈夫です。

 

構造が違うので、私も最初はかなり難儀しました。ColorfulBoxの構造はMixhostとほぼ同じなので、Mixhostを使ってるのなら難しさは一切感じません。

 

特にColorfulBoxとXサーバーの構造で引っかかったのは

・FTP内の配置が全然違う

・アドオンドメインという構造が複雑

という2つです。

 

ColorfulBoxのFTP内の配置が全然違う

これは図で見比べてもらうのが一番わかりやすいです。

Xサーバーは、FTPを開くと、まずドメイン名が並び、その中にそれぞれpublic_htmlがあるのですが、ColorfulBoxはそうではなく、まずpublic_htmlがあり、その中にドメイン名が並ぶという構造になってます。

え?public_htmlってブラウザで表示できちゃう部分でしょ?全部public内に入れるってセキュリティ的に丸見えにならない?
そこはちゃんとフォルダごとに非公開に初期設定でなってるから、ブラウザからフォルダを見ようとしても、404 not foundを自動で返すようになってて大丈夫だった。
Neby

ColorfulBoxは図のように、XサーバーとはFTPの階層構造が違ったので、最初は面食らいましたが、構造自体を理解した後はXサーバーと同じように使う事ができました。

セキュリティは詳しくなくても、最初からXサーバーのようにサーバー側で対応してくれていたので、そこはカラフルボックスも大丈夫でした。

 

想像以上にサーバーの引っ越しは時間がかかる。構造が違う分、何度もエラーが出るから、引っ越すなら契約更新ギリギリではなく、1ヶ月前から余裕を持って準備した方がいいよ。そのために1ヶ月の無料お試し期間も付いてるわけだしね。
Neby

 

アドオンドメインという構造が複雑

また、さらに面食らったのは、アドオンドメインというシステムです。

独自ドメインを追加で登録していく時は、「ドメイン」ではなく、「アドオンドメイン」というのを使います。

これを使うと、「nebi.com」を登録したら、自動的に「nebi.cfbx.jp」というColorfulBoxの無料サブドメインも作成され、nebi.cfbx.jpにアクセスすると、nebi.comと同じものが表示されるようになってます。

まあ、これはこれでドメイン移行前に、サイト表示できたりして便利っちゃ便利なんですが、この仕組みを理解するまで、何度かWordPressを入れたり消したり右往左往しました(汗)。

 

これ、2つのドメインで同じサイト表示できちゃうって、SEO的にまずくない?って意見も結構見かけたけど、大丈夫なの?
そこは、この無料サブドメインを本家にリダイレクト設定する事で避けられるから大丈夫だった。リダイレクトはサブドメインの管理画面からもできるし、自分でhtaccessに追記でも同じ事ができるから大丈夫。
Neby

 

ColorfulBoxは、Xサーバーに慣れてると、構造の違いでかなり最初は困りますが、
使い方はサポートサイトに細かく書いてあるので、サポートサイトで検索→解消って感じで、一通り解決しました。

ていうか、このサポートサイトがなぜか読み込む度に一時的にフリーズして、スクロールできるまでにタイムラグが発生するもんだから、「このサーバー本当に大丈夫なの?」って心配に最初はなった。でも、実際にWordPressやLaravelをインストールしてみたら、タイムラグとかなくて、高速表示されてたからそこは安心したよ。
Neby

 

ColorfulBoxは、PHPのバージョンをサブドメインごとに設定できたりと、Xサーバーより細かくイジれる部分もあるので、慣れればこっちの方が便利と感じる事もあるよ。
Neby

 

結論:ColorfulBoxでは、少数のサイト運用向け

ColorfulBoxのメインプランであるBOX2は、スペック的にはXサーバーのX10プランに似ていて、料金も初回割引があるため、安くて速くて高性能という素晴らしいサーバーである事は間違いないです。

しかし、メモリ割当制限があるため、複数サイト(私のように5サイト以上運用)などとなると、もうすでにメモリが足りなくなって使い物にならなくなってしまうという欠点がありました。

最初から1サイト運用などでやっていくのであれば、コスパはColorfulBoxの方がXサーバーより良いと感じます。

しかし、複数サイトを運用したり、テスト用にミラーサイトを沢山インストールしたいなど、そういった使い方をするなら、断然Xサーバーだなと改めて実感しました。

エックスサーバー公式サイトへ
(10日間無料お試し、1ドメイン永久無料などのキャンペーンを今すぐ確認!)

 
 
  • この記事を書いた人

Neby

本を毎日多読しつつ、資産運用、プログラミング、心理学、ネットビジネススキルを猛向上中。貧富の差が広がる5年後、10年後に安心生活を送るためのお金のリテラシー、スキル、資産を一緒に作っていきましょう。

-レンタルサーバー比較
-