Conoha WingでWPインストールやり方(移行でハマるポイントも)

更新日:

Conoha Wingで初めてWordPressをインストール時に、
ちょっと「ん?」と迷ったので、初めてでもパッと分かるように解説します。

他サーバーからのかんたん移行を使う場合も参考になりますよ。

 

Conoha WingでWPインストールやり方(移行も)

流れとしては、

  1. WordPress用のドメイン登録
  2. WordPressインストール
  3. ネームサーバーの紐付け

という3手順です。

WordPress用のドメイン登録

WordPressをインストールするためのドメインの設定を先にする必要があるよ。
Neby

 

まず、Conoha Wingの管理画面で、「サーバー管理」→「ドメイン」と進みます。

ここでまず迷うのは、左メニューに「ドメイン」とありますが、これじゃないです。
サーバー管理の中の、ドメインって奴が正しい奴です。

 

そしたら、「+ドメイン」で、WordPressをインストールしたいドメイン名を入力し、SSLは利用するで保存します。

えっと、このドメインってどういう事?

通常3パターンあります。

  • 新サイト用のドメインを持ってる場合
  • Conohaの共有ドメインを使う場合
  • 今他社サーバーで使ってるドメインで移行したい場合

 

新サイト用のドメインを持ってる場合

新しいWordPressサイトを作るために、新ドメインを用意していて、それを使いたい場合は、そのドメインを入力すればOKです。

 

Conohaの共有ドメインを使う場合

Conoha Wing契約時に与えられた、〇〇.conohawing.com でWordPressサイトを作りたいのであれば、このドメイン設定は不要なので、何も入力せずに、次の項に進めばOKです。

 

今他社サーバーで使ってるドメインで移行したい場合

他社で運用中のWordPressサイトを、Conoha Wingに引っ越しして使いたい場合は、
そのドメインをそのまま入力してください。(ネームサーバー変更はまだやらなくて大丈夫です。)

たぶん、こういう無料独自SSL設定に失敗した旨が出ると思いますが、
これは、まだConohaのサーバーとドメインを紐付けてないので、必ず出ます。
なので、心配しなくてOKです。あとで、ネームサーバーの設定をする事で、独自SSLは稼働します。

あとで、改めて無料独自SSLをONにする場合は、サイト管理→サイトセキュリティからできるよ↓
Neby

 

WordPressインストール

ドメインが設定できたら、WordPressをインストールしていきましょう。

「サイト管理」→「切り替え」 で、WordPressをインストールしたいドメインを選びます。

 

サイト設定でWordpressタブにある「+WordPress」へ。

 

「新規インストール」「かんたん移行」どちらかを選びます。「サイトコピー」はすでにConohaにインストール済みのWordPressサイトをまるっとコピーできる機能です。これも便利ですね。

バージョンは、WordPressのバージョンです。新規であれば最新版(画像なら5.8.0)を選べばOK。

 

注意:アドレスは必ずhttpに!

Conoha WingのWordPressインストールで何度かこんなエラーが出ました。

これは、まだhttpsが使えない状態で、httpsでブラウザからアクセスすると表示されるエラー画面です。

Conoha Wingでnginx An error occurred.が出る原因と対処法

 

「かんたん移行」を使うにせよ、「新規インストール」を使うにせよ、
もしあなたがまだドメインをConohaと紐付けていない状態(ネームサーバーを設定してない状態)だと、ConohaにインストールしたWordPressにはhttpでしかアクセスできません。

 

ゆえに、もしサイトのお引越しをする場合は、引っ越し元のWordPressのサイトURLを一時的にhttpに戻しておく必要があります。

↑これをhttpに戻すなり、Really Simple SSLなどのhttps化プラグイン類は停止してから、移行を開始しないと、移行後サイトにログインできなくて困ります。

httpに戻した状態で、UpdraftPlusやAll-in-one WP migrationの引っ越し用バックアップデータを取ったり、かんたん移行を実行してください。

 

かんたん移行の設定について

かんたん移行は、他社サーバーで運営してるWordPressサイトをまるっとConoha Wingにもコピーするお引越し機能です。

独自ドメインの場合、テスト移行という項目が出ます。

テスト移行というのは、

一度WordPressを独自ドメインではなく、テストURLにインストールし、
動作確認後に、独自ドメインにボタン一つで移行できる便利な機能です。

 

テスト移行なしの場合どうなる?

テスト移行を利用しない場合、インストール完了時点では、Conoha Wing側のWordPressは表示されない状態です。

下図のように、例えばnebi.comにブラウザでアクセスした場合、旧サーバーのWordPressが表示されます。

じゃあ、ドメインを正式にConoha側に紐付ける前に、どうやってサイトの動作確認をすればいいかというと、

先程のテスト移行機能を使って、仮アドレスで表示できるようにするか、
WindowsやMacの中にあるhostsファイルをイジる事で表示させる事ができます。

 

hostsファイル操作が面倒でない場合は、テスト移行なしで使えばいいですし、
テスト移行を使えば、nebi.com.test-wing.comのような仮アドレスで動作確認できるので、
好きな方を選ぶと良いです。

 

迷ったら、一旦テスト移行ありにしとけばOK。テストから本番への移行もボタン1回押すだけで簡単だからね。
Neby

本番移行ボタンを押すだけで、テストドメインから、本番ドメインにWordPressがコピーされます。

 

後は、画面に従って進めていけば、WordPressがインストールされます。

 

ネームサーバーの変更

WordPress自体のインストールが完了しましたが、先程の図の通り、
現時点では、ConohaにインストールしたWordPressとドメインがひもづいていない状況と言えます。

なので、Conoha側のWordPressを表示させるために、ネームサーバーを変更します。

 

1. Conohaのネームサーバーを調べる

サーバー管理→契約情報→ネームサーバーで、Conohaのネームサーバーが分かります。

 

2. ドメイン会社側のネームサーバーを変更する

今度は、契約しているドメイン管理会社にログインして、ネームサーバーの変更画面に行きます。

Conohaでもらったドメインを使うのであれば、左メニューのドメインから設定できるよ。
Neby

 

例えば、上の画像はXドメインの画面ですが、ネームサーバーの欄に今調べたネームサーバーを入力して保存すればOKです。

ちなみに、ドメインが実際にConoha側と接続されるまでには、24時間~72時間くらいかかるので、気長に待ちましょう。

引っ越しの場合は、全く同じWordPressサイトだと、新旧どっちが表示されてるのか分からなくなるから、Conoha側のWPのCSSだけ一部色を変えておくとか、何かしら目印を入れておくといいよ。
Neby

 

忘れずに、SSL設定をONに!

先程エラーでONにならなかったSSLは、OFFになっているので、SSLをONに変更します。

このように、設定中とまず表示されます。

そして、実際にConoha側のWordPressがドメインと接続されると、

このように利用中となり、httpsでのアクセスが可能になります。

 

Really Simple SSLなどのhttpsプラグインやWordpressの設定画面のアドレスをhttpsに戻す事も忘れずに!!
Neby

 

これでサイトがちゃんと表示されるはずです。

というわけで、Conoha WingでWordPressをインストールする方法、手順でした。

  • この記事を書いた人

Neby

本を毎日多読しつつ、資産運用、プログラミング、心理学、ネットビジネススキルを猛向上中。貧富の差が広がる5年後、10年後に安心生活を送るためのお金のリテラシー、スキル、資産を一緒に作っていきましょう。

-レンタルサーバー比較