Xサーバーは複数サイト運営向き?他社とデメリットを比較!

更新日:

Xサーバーって複数WordPressサイトを運営しても大丈夫?なにかデメリットとかある?

結論から言うと、Xサーバーで複数WordPressをインストールして運営するのは全然OKです。

どのプランでも

  •  独自ドメイン作成無制限
  • サブドメイン作成無制限

となっているため、何サイトでも作る事ができます。

では、他社と比較して、複数サイト運営でデメリットなどはないのかについても合わせて解説していきます。

Xサーバーは複数サイト運営向き?他社とデメリットを比較!

Xサーバーで複数サイトを運営する際のメリットデメリットとして

  • ドメイン単位でPHPバージョンを選択できる
  • メモリを気にしなくて済む
  • 無料ドメインがもらえる(注意点アリ)
  • 年間コストとしては若干他社に劣る

こういった部分があります。

 

ドメイン単位でPHPバージョンを選択できる

Xサーバーの特徴として、PHPのバージョンをドメイン単位で設定できるというのがあります。

例えば、

  •  abc.com はテストがてら最新のPHP8
  •  efg.com は高速かつ安定版のPHP7.4
  • xyz.com は古いWordPressなので、バグ防止にPHP5.6

のように、ドメイン単位でPHPのバージョンを変える事ができます。

PHPは毎年のように新しいバージョンがリリースされ、新バージョンの方がより高速表示できてセキュリティも高いです。

ただ、WordPress本体のバージョン、テーマやプラグインのバージョンによっては、PHPのバージョンを変えた途端、動かなくなったり、バグが出たりします。

ゆえに、PHPのバージョンをドメイン単位で設定できるというのは大きなメリットになります。

 

例えば、最近Xサーバーから乗り換える人も出てきているConoha WINGだと、PHPのバージョンは全体で1つしか選べないから、Conohaと比べるとメリットと言える。
Neby
ちなみに、サブドメイン単位では変えられないの?
Xサーバーではサブドメイン単位では設定できないんだ。逆にロリポップやColorfulBoxだとサブドメインごとに設定できる。(ColorfulBoxにはこの後話すメモリ問題があるのが難点なんだけど・・)
Neby

 

メモリを気にしなくて済む

ColorfulBoxやMixhostなどの一部のサーバーでは、メモリ制限というのがあります。メモリ制限があると、沢山WordPressサイトをバカバカ入れていくうちに、メモリを使い切ってしまって、サイトがまともに表示されなくなってしまう危険があります。

【注意】ColorfulBoxで複数サイト運営メリットデメリット。実際やってみて浮き彫りに。

 

対して、Xサーバーの場合は、厳格なメモリ制限はないので、量産サイトアフィリエイトのように沢山WordPressサイトを作って運営しても、問題はありません。

実際、自分もXサーバーに20WordPress以上インストールして5年以上使ってるけど、何にも問題なし。高速でサクサク表示されるよ。
Neby
ねぇ、WordPressの数とメモリは関係ないんじゃないの?喰うのは容量だけでしょ?
自分もそう思ってたんだけど、これが意外に喰ったりするんだよ。気になる場合は、上のColorfulBoxのレビューをチェックしてみてね。
Neby

 

無料ドメインがもらえる

Xサーバーでは、契約すると、永久無料の独自ドメインが1つもらえます。

特に複数サイトを運営する予定なら、ドメインもその分必要になるので、
ドメインが1つでも無料でもらえるのはありがたいですよね。

実際、このドメインはXサーバーを使い続けてる限りは無料。更新料など一切かからないので、とてもありがたいです。

 

1年無料ドメインも今ならもらえるが・・(ガチな注意点アリ)

で、実は2021年現在、Xサーバーでは、独自ドメイン1年無料特典というのも同時にもらえます。

.onlineや.space といった、ちょっと変わり種のドメインを1つ無料でもらう事もできちゃうんです。つまり2つトータルで無料でドメインがもらえます。

ただし、この1年無料特典ドメインに関しては、注意点があります。

 

変わり種ドメインのデメリット

まず、この1年無料ドメインは、2年目以降は料金がかかります。ドメインは1年ごとに更新料を払う必要があるため、もし、このもらったドメインでサイトを運営していった場合、2年目から更新料を払う事になります。

で、なにが怖いかというと、こういう.onlineみたいな珍種ドメインは、その更新料が.comや.netなどに比べて、非常に高いんです。

例えば、.comだったら、大体1300円くらいで更新できますが、

 

ご覧の通り、珍種ドメインの更新料は、大体3000円以上。ものによっては5000円超えもあります。

 

げ!だったら .com を3つくらい買った方が安いよね・・
実は昔、自分も .asia っていうドメインを使ってた時期があるんだけど、2年目に更新料が他より高い事に気付いて愕然とした事があってね。

でもいざドメインを変えるってなると、お客さんに「URL変わったんです」って事前に周知したり、サイト内リンク変えたり、SEOを引き継ぐためにしばらくリダイレクトしとく必要があったり大変なのよ。だから、なんだかんだ毎年高くても泣く泣く更新してたなぁ・・

Neby

 

そういう2年目以降のツケがあるので、複数サイト用として使わず、珍種1年無料は、テスト用として使って、2年目は更新しないで捨てる事がおすすめです。ありがたく永久無料ドメインだけ本番用に使いましょう。

ドメインの決め方。格安はSEOと隠し料金に注意!名前決めのコツも解説。

 

年間コストとしては若干他社に劣る

Xサーバーは、年間コストで他社の同型プランと比べても、若干コストが高く付きます。

 

1年契約した場合

 初期費用1年契約時の1月辺りコスト最初に払う金額(1年分)
Xサーバ(X10)3300円(キャンペーン9/31まで)1100円16500円 13200円
ロリポ(ハイスピード)0円825円9900円
コノハ(ベーシックパック)0円931円11172円
カラボ(Box2)0円1166円13992円

 

それぞれの複数サイト運営に対する強み、弱みを比べると、

 コストメモリPHP安定性
Xサーバーやや高め制限なしドメインごと抜群。大規模障害なし
ロリポップ!安い制限なしドメインごとまあまあ
ConoHa WING中間制限なし全体で1つだけ過去大規模障害あり。その後、悪い噂なし
ColorfulBox中間制限ありサブドメインごと今の所OK。新鋭ゆえデータ少ない

ちなみに高速性では、ほぼどこも差はありません。どこも最近は高速です。(ロリポップに限ってはハイスピードプランを選べば高速)

XサーバーとColorfulboxどっちが速い?LiteSpeedあれれ!?

XサーバーとConohaガチ速度対決2021!実は速いのは・・

なので、コストは若干他社より高くても、トータルで複数サイト運営に1番向いてるのはXサーバーと言えます。

 

トラブルなく安心して複数サイト運営するなら、ドメインも1個永久無料でもらえるXサーバーだね!
Neby

エックスサーバー公式(10日間無料お試し。初期費用無料キャンペーン9/31まで!)

 

  • この記事を書いた人

Neby

本を毎日多読しつつ、資産運用、プログラミング、心理学、ネットビジネススキルを猛向上中。貧富の差が広がる5年後、10年後に安心生活を送るためのお金のリテラシー、スキル、資産を一緒に作っていきましょう。

-レンタルサーバー比較