MixhostのLaravel簡単インストール機能の使い方

投稿日:

レンタルサーバーのMixhostには、Softaculous というアプリインストーラーが付いています。

この中にはLaravelもあり、簡単にMixhostのサーバー上に新規Laravelをインストールする事が可能です。

Laravelと検索すると、上のように出てくるので、インストールボタンを押します。

バージョン指定はできない仕様でした。

インストール先URLを選んで、インストールを押すだけです。

 

実際に〇〇.com/publicに行くと、Laravelのwelcome.blade.phpが表示されます。

FTPで確認すると、Laravelプロジェクトフォルダの中身だけがドバっとインストールされてました。

 

でこのLaravelのフォルダ郡があるディレクトリの.htaccessに追記する事で〇〇.comで表示させる事ができます。

 

コピーしました

コピー

<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine On
# Laravelのpublicフォルダをサイトトップ表示
RewriteRule ^(.*)$ public/$1 [QSA,L]
</IfModule>

上のコピーして、追記します。

これで、〇〇.comと入力するだけで、表示されるようになります。

もしMixhost上でLaravel触ってみたいという場合は、便利な機能ですね。ただ、このインストーラーにNode.jsがないのがちょっと面倒だなと感じました。

ログイン機能とか付けたかったらNode.jsも必要ですしね。

Javascript系もあるけど、Node.jsはなし。

 

というわけで、MixhostでLaravelを簡単にインストールする方法でした。

Mixhost公式ページ

  • この記事を書いた人

Neby

本を毎日多読しつつ、資産運用、プログラミング、心理学、ネットビジネススキルを猛向上中。貧富の差が広がる5年後、10年後に安心生活を送るためのお金のリテラシー、スキル、資産を一緒に作っていきましょう。

-PHP Laravel入門
-, ,