Mixhostでブラウザから中身丸見えを隠す2つの方法

投稿日:

Mixhostは、自分で設定しないと、ブラウザからフォルダ(ディレクトリ)が見えてしまう事をご存知でしょうか?

例えば、Mixhostでドメイン登録し、そのドメインでWordPressなどを入れてない状態だと、

ブラウザでそのドメインにアクセスした際、FTP階層の中身が見えてしまうんです。

中身が見えてしまうと、他にどんなサイトを運営してるのかなど分かってしまいますし、見られたくないファイルを見られたり、ハッカーの標的になってしまう危険性があります。

 

ですので、Mixhostを契約している場合は、この対処を自分でしておく必要があります。

Mixhostでブラウザから中身丸見えを隠す2つの方法

まず、Mixhostで中身丸見え状態になるのは、

  • ドメイン登録してるけど、サイト表示させてない場合

だけです。

 

 

すでにMixhostに登録したドメインにWordPressなり、他のCMSやウェブサイトなりがインストール済みであるなら、中身丸見えにはなりません。

というのも、仮にnebi.comというドメインがあって、そこにアクセスしても、ブログやサイトが表示されるのであれば、中身が表示される事はないからです。

 

逆に、そのドメインでサイトが表示されるようになってない場合は、中身が見えてしまいますので、次の2つのどちらかの対処法をしておく必要があります。

  • フォルダのパーミッションを変更する
  • index.htmlを作成して置いておく

 

Mixhost対策1:フォルダのパーミッションを変更する

まず対策方法1として、FTPのフォルダのパーミッションを変更する事で、中身をブラウザで表示させなくできます。

 

FTPソフト、もしくはcPanel内のファイルマネージャーを開きます。

home/user名/の配下にあるpublic_htmlフォルダ、これを右クリックしてプロパティ(もしくはchange permission)を開きます。

もともとパーミッションが750だと思うのですが、それを711に変更して、OK(保存)を押します。

 

これで、まず初期ドメイン(Mixhostに契約時に登録したドメイン)の中身が表示されなくなります。

次に、それぞれのアドオンドメインフォルダ、サブドメインフォルダも、同じようにパーミッションを711にしておく事で、それぞれのURLにアクセスしても、

このように、403 Access Deniedとなり、中身が表示されなくなります。

 

Mixhost対策2:index.htmlを作成して置いておく

もし、パーミッションの変更で不具合が出てしまう場合は、index.htmlを作る事で、同じく中身を隠す事が可能です。

 

まず、メモ帳などを開き、

 

コピーしました

コピー

<html>
<meta http-equiv="content-type" charset="UTF-8">
<h1>表示されるかチェック</h1>
</html>

これを記入し、index.htmlという名前で保存します。

 

それをFTPやファイルマネージャーで、ドメインフォルダ内にアップロードします。

こうする事で、上の例であれば、nebi.comにアクセスした場合は、このindex.htmlが表示されます。

なので、フォルダの中身は表示されなくなるという事です。

 

というわけで、Mixhostを使う場合は、しっかりセキュリティ対策もしておきましょう。

 

もし、あなたがまだMixhostを契約しておらず、
契約を検討中なら、下の記事を見てからにした方が損しなくていいですよ。

Mixhostの評判は?アリかナシかはこの5つで分かる!

MixhostとColorfulBox隠れた大きな違い5点!2021年最新版

Mixhostとエックスサーバー10項目比較でこんなに違う!

 

Mixhost公式サイト

<返金保証がちゃんと効く方法を確認↓>

Mixhostに新規申込手順(返金100%効く方法)2021年最新版図解!

 

 

  • この記事を書いた人

Neby

本を毎日多読しつつ、資産運用、プログラミング、心理学、ネットビジネススキルを猛向上中。貧富の差が広がる5年後、10年後に安心生活を送るためのお金のリテラシー、スキル、資産を一緒に作っていきましょう。

-レンタルサーバー比較
-,