ネビ活 | ネットビジネス生活

ネットxお金のスキルを作り、未来永劫豊かに暮らす事を目指すサイト

Laravelで特定ページへ飛ぶ前にログイン表示3方法+ハッキング対策

投稿日:

メンバーオンリーページを作ったり、ログインしないとコメントできないようにしたいんだけど、そういう時、どうやってログインページを表示させればいいの?

 

というわけで、ここでは、Laravelで特定のページや特定コンテンツ、特定フォームなどを表示する前に、ミドルウェアのAUTH(ログイン機能)を表示させて、ログインがあれば、そのページにリダイレクトするように設定する方法3種類を解説します。

 

さらに、このミドルウェアAUTHの設定だけだと、ちょっと危ないから、ハッキング対策しといた方がいいよって部分も追加で解説していくよ!
Neby

 

まず、今回の方法を使うには、あなたのLaravelサイトにすでにログインAUTH機能がインストール済みである事が前提になってます。

まだ無いという場合は、下の記事で設置方法を解説してますので、先にそれをやってくださいね↓

Laravel6でログイン機能を実装の方法。初心者でも確実にできるように丁寧に解説!

 

Laravelって稼げるの?独学?スクール?高給を稼ぐためにどうするべきか教えます。

Laravelで特定ページへ飛ぶ前にログイン表示する方法3選

Laravelから特定ページに飛ぶ前に自動でログイン画面を表示するには、以下の3種類の方法があります。

  • ControllerにAuthを記述する
  • web.phpにAuthを記述する
  • bladeに@Authを記述する

それぞれ、何をログイン前に隠したいかで使い方が変わってくるので、説明していきます。

 

Laravelでログイン画面を表示させるために、Controllerに記述する

まずは、コントローラーに記述する事で、ログイン画面を表示させる方法です。

この方法は、主にメンバーオンリーページのように、ページ丸ごと隠したい場合に使います。

実例を使って説明します。

 

例えば、画像のようなフォーラムサイトで、質問を投稿するボタンを押すと、投稿フォームのページに飛ぶようにしてあるとします。

   ↓

ただし、質問はログインしているユーザーのみが出来る仕様にしたいので、質問入力ページに飛ぶ前にログイン画面を挟みたいとします。

その場合は、コントローラーに追記します。

app\Http\Controllersフォルダに行き、この投稿フォームページのコントローラーを開きます。

上の画像の黄色部分のように、class XxxController extends Controller{ }の中に、

コピーしました

コピー

public function __construct(){
   $this->middleware('auth');
}

のように、追記します。

 

そうすると、↓この画像のように、ログインMiddlewareがコントローラーにアクセスする前に割り込むようになります。

laravel ミドルウェアが割り込む図

ただ、これだけだと、そのコントローラーに書かれたすべてのfunctionがログイン必須になってしまいます。

 

例えば、先程のサイトの例で言えば、「質問する」ボタンが置かれたトップページや記事ページも、入力フォームページと同じコントローラーを使ってますから、それだとサイトトップページや記事ページすらログインしないと見れないなんて事になってしまいます。

 

なので、ログイン必須なファンクションだけに絞ります。

に、

コピーしました

コピー

public function __construct(){
   $this->middleware('auth', ['only' => ['create', 'store']]);
}

のように、追記します。

 

例えば、複数あるfunctionのうち、 create だけにAUTH(ログイン必須)を適用させたいなら、

'auth', ['only' => ['create']]

のように書くわけです。

 

こうする事で、そのコントローラーの処理が行われる前に、ログインしてない場合は、ログイン画面が出て、ログインすると、目的のページへリダイレクトしてくれます。

で、これと全く同じ事が、web.php(ルート)でもできます。

 

Laravelでログイン画面を表示させるために、web.phpに記述する

では、今度はルートことweb.phpへの記述を使ってログイン画面を表示させる方法です。

コントローラーの時同様、特定のページにアクセスするためにはログイン必須にしたい場合は、

画像のように、そのアドレスとコントローラーのメソッドが書いてあるRouteに

コピーしました

コピー

->middleware('auth') 

という一文を加える事で、そのページにアクセスしようとすると、ログイン画面が出るようになります。

ログインが成功すれば、そのページに自動的にリダイレクトされます。

先程のコントローラーに書くか、ルートに書くかの違いなので、どちらか一方にだけ書いてください。

 

Laravelでログイン画面を表示させるために、bladeに記述する

じゃあ、今度は特定のページではなく、ページ内にある一部コンテンツだけ、ログインしてない場合は非表示にしたい、そんな時に使える方法が、bladeに記述する方法です。

 

例えば、サイトでコメントできるのは、
ログインしたメンバーだけにしたいとします。

なので、ログインしてない時はこのコメントフォームを非表示にしたいとします。

 

そういう時は、blade.phpを開いて、隠したい部分のHTMLを

@auth
@endauth

というブレード専用のコード(ディレクティブ)で挟めば、未ログイン時は表示されなくなります。

逆に未ログインユーザーにだけ表示したい項目がある場合は、@guest @endguestで囲む事で実現できます。

 

ただ、フォームを消すだけだと、ちょっと不親切ですよね。

例えば、

こんなふうなボタン表示にして、クリックすると、ログインページへ飛び、ログインすると、同じページに戻ってきて、投稿フォームが表示されるようにした方が親切だと思いませんか?

この方法については、こちらの記事で解説してます↓

Laravelでログイン後、元いた同じページにリダイレクトバックする方法

 

Laravelで他人のログインページへのなりすましアクセスを防ぐ対策

さて、上の方法で、ログイン画面を噛ませる事はできます。簡単ですよね。

ただ、これだけだと、なりすましアクセスが可能になってしまう場合もあります。

 

例えば、Resource コントローラーなどを使っている場合で、投稿の編集ページに飛んだとします。すると、画像のように、記事番号がアドレスになります。

この記事番号を自分で違う番号を打ってEnterすると、他人の投稿の編集ページに移動ができてしまう事があります。

この投稿の編集ページは、ログインしてる人しか見れないページですが、ログインしてる状態で、番号を変更した場合、他人の投稿編集ページにそのまま移動できてしまったりするわけです。

 

こういったなりすましでのハッキングを防ぐために、以下のコードを追記します。

説明すると、まず、投稿編集ページへ飛ぶ時に使うコントローラーのファンクション(この場合は、function edit)で、通常は、ここで投稿IDが一致する投稿をデータベースから取り出して、ページを表示します。

ただ、それだと、著者ではないログインユーザーでもハッキングできてしまうので、
if($data->user_id == auth()->id()){
で、今データベースから取り出した投稿の著者のID(user_id)と現在ログインしてこのページを読み込もうとしてる人のID(auth()->id())が一致するかしないかをチェックします。

一致する場合は、著者本人ですから、そのまま投稿編集ページへ飛ばします。
一致しない場合は、なりすましですから、TOPページへ飛ばします。

コピーしました

コピー

if($data->user_id == auth()->id()){
  return view('forum.edit')->with('data',$data);
}else{
  return redirect('/');
}

 

こういった処理をする事で、なりすまし、ハッキングを防げますので、
アドレスが番号になってる場合は注意してください。

 

ところで、あなたがLaravelを学んでる理由ってなんですか?

稼げるって聞いたから?

どれくらい上達すれば稼げるのか?本当にそんな高給を稼げるのかの現実を知ってますか?

詳しくは下の記事に本音の裏事情を書いてるので参考にしてくださいね。

Laravelって稼げるの?独学?スクール?高給を稼ぐためにどうするべきか教えます。

  • この記事を書いた人

Neby

本を毎日多読しつつ、資産運用、プログラミング、心理学、ネットビジネススキルを猛向上中。貧富の差が広がる5年後、10年後に安心生活を送るためのお金のリテラシー、スキル、資産を一緒に作っていきましょう。

-PHP Laravel入門

Copyright© ネビ活 | ネットビジネス生活 , 2020 All Rights Reserved.