ネビ活 | ネットビジネス生活

ネットxお金のスキルを作り、未来永劫豊かに暮らす事を目指すサイト

laravelの現在のバージョンを確認する方法(図例で失敗なし!)

投稿日:

Laravelの今使ってるバージョンを確認する方法です。

コマンドプロンプト(Shell/ターミナル)を開きます。

 

まず、バージョンを調べたいLaravelプロジェクトフォルダ(サイトのフォルダ)のパスを調べます。

このように、LaravelプロジェクトフォルダのパスをCtrl+cでコピーします。

 

そして、コマンドプロンプトに

cd D:\XAMPP\htdocs\newsite

のように入力し、Enter(Return)します。

 

次に、

php artisan -v

と入力、Enterします。

黄色線のように、現在のLaravelのバージョンが出ます。(バーっと長い文章が出るので、ちょっと戻る必要がありますけど・・)

 

うまくいかない場合は、cdで正しく移動できてないせいかも

コマンドcdの使い方。初心者でも図例でハマらずできる!

もしくは、ちゃんと空白や-を入れてないなどのタイプミスをチェックしてみて。

Neby

 

ところで、あなたが今Laravelを学んでる理由ってなんですか?

稼げると聞いたから?

どれくらい上達すれば稼げるのか?本当にそんな高給を稼げるのかの現実を知ってますか?

詳しくは下の記事に本音の裏事情を書いてるので参考にしてくださいね。

Laravelって稼げるの?独学?スクール?高給を稼ぐためにどうするべきか教えます。

  • この記事を書いた人

Neby

本を毎日多読しつつ、資産運用、プログラミング、心理学、ネットビジネススキルを猛向上中。貧富の差が広がる5年後、10年後に安心生活を送るためのお金のリテラシー、スキル、資産を一緒に作っていきましょう。

-PHP Laravel入門

Copyright© ネビ活 | ネットビジネス生活 , 2020 All Rights Reserved.