ネビ活 | ネットビジネス生活

ネットxお金のスキルを作り、未来永劫豊かに暮らす事を目指すサイト

送信されたURLにnoindexタグが追加されていますの対処法。プラグインが原因かも。

更新日:

自分でnoindex指定した記事が
「送信されたURLにnoindexタグが追加されています」と
Googleサーチコンソール(旧ウェブマスターツール)でエラーとして出てしまう場合、

どうやってそのエラーを消せばいいのかを解説します。

送信されたURLにnoindexタグが追加されています

 

送信されたURLにnoindexタグが追加されていますエラーがサーチコンソールで出る理由

Googleの検索結果にインデックスしたくない特定の記事に対して、
自らnoindexを指定した後にこのエラーが出る原因は、

 

「noindexしろ!」「indexしてくれ!」という2つの矛盾した指示があなたのサイトから出てるからと言えます。

 

その代表的な例で言えば、サイトマッププラグインです。

 

Google XML Sitemapsなどのサイトマッププラグインが送信しているサイトマップの中に
そのnoindex指定してるページが含まれてしまっているゆえに、

矛盾した司令が出てしまって、サチコさんプンプンエラーが出るというわけなんです。

 

送信されたURLにnoindexタグが追加されていますエラーを消す手順

というわけで、やる事は

  1. サイトマッププラグインから、そのnoindexしてるページを除外する
  2. サイトマップを再送信する
  3. サーチコンソールの修正を検証(validate)を押す

という3手順です。

 

1. サイトマッププラグインから、そのnoindexしてるページを除外する

Google XML Sitemapsを例に出すと、

設定画面に行き、「Excluded Items」という欄の「投稿(個別記事)を含めない」の欄に、そのエラーが出てるページのIDを入れて保存してください。

Google XML Sitemapsの設定2

記事IDは、投稿一覧画面で、記事にカーソルを合わせると、画面下に出てきます。

↑この数字が記事IDです。

 

ちなみに、「タグページが大量にnoindexエラーになってる」みたいな場合は、「Sitemapコンテンツ」項目からチェックを外しましょう。

Google XML Sitemapsの設定1

↑ここからnoindexしたい項目のチェックを外して保存する。

 

2. サイトマップをサーチコンソールに再送信する

Google XML Sitemapsの設定を保存したら、一番上の項目の
Notify Search Engines about の部分の「your main sitemap and all sub-sitemaps」をクリックします。

サイトマップを送信

押した後、別窓が出ますので、しばらく待ちます。

サイトマップの送信に成功

この画面が出れば、成功です。

 

3. サーチコンソールの修正を検証(validate)を押す

サーチコンソールのエラーページに戻り、

「修正を検証」ボタンを押して、「Validation started(検証開始)」が出れば完了です。

修正を検証

  ↓

validation started

 

サーチコンソールのエラーが消えるまでには時間がかかる

サーチコンソールのエラーは、以上のような作業で消えますが、すぐには反映されません。

個人的な経験では、大体平均2週間くらいはかかりますので、
気長に待つしかありません。

無事修正された場合は、メールで「〇〇issues successfully fixed(問題は無事解決されました)」という知らせが届きます。

 

ちなみに、sitemap.htmlというのがサーチコンソールでエラーになってる場合は、
Google XML Sitemapsのこの項目のチェックを外して「修正を検証」すれば消えます。

 

こんな感じで、noindexエラーが出たら、サイトマッププラグインを疑ってみましょう。

 

  • この記事を書いた人

Neby

本を毎日多読しつつ、資産運用、プログラミング、心理学、ネットビジネススキルを猛向上中。貧富の差が広がる5年後、10年後に安心生活を送るためのお金のリテラシー、スキル、資産を一緒に作っていきましょう。

-ブログのSEO対策
-

Copyright© ネビ活 | ネットビジネス生活 , 2020 All Rights Reserved.