ネビ活 | ネットビジネス生活

ネットxお金のスキルを作り、未来永劫豊かに暮らす事を目指すサイト

GITでレンタルサーバーにアップロード。やり方とコマンドを完全解説!

更新日:

PCで作ったサイトをGITを使ってサーバーにアップしたい。手順とコマンド操作の仕方を教えて!

 

GITは、コードのバックアップのためにも使いますが、
PC上(XAMPPなど)で作成したサイトをサーバーにアップロードしたり、
更新したりする事もできます。

 

GITのローカルリポジトリとリモートリポジトリの関係2

この図のように、GITHUBを介して、サイトをアップロード、更新したり、逆にサーバーからPCにダウンロードしたり、別のPCにデータをコピーしたりといった事が可能になります。

 

ここでは、Xサーバーを例に、必要なコマンドも含めて、
GITを使ってPCからレンタルサーバーにアップロードする全手順を図解で完全解説します!

 

これを読めば、あなたもGITを思うがままに使い込ませるようになりますよ!

 

Laravelって稼げるの?独学?スクール?高給を稼ぐためにどうするべきか教えます。

GITでサーバーにアップロードする時に使うコマンド全行程

まずは、下の図を見てください。
PCからサーバーにファイルをアップロードする時のGITコマンドの流れです。

Gitでサーバーにアップロードのコマンド工程

 

逆にサーバーからPCにデータをダウンロードする時も全く同じ手順です。

まず、PCからGITHUBにデータをPUSHし、その後、今度はレンタルサーバーからPULLを使って、GITHUBのデータをコピーします。

ちなみに、SourceTreeというGITを見える化するツールを使えば、PCからGITHUBの部分はコマンドを打たなくてもアップロードできるよ。

SourceTreeのインストール方法2020最新版。GITHUBとつなぐとこまで詳細解説。

Neby

GITとGITHUBとは?全く分からない初心者向けに図入りでやさしく解説!

 

GITでレンタルサーバーにアップロードの実例2種。CloneかPullか

ちなみに、実際にデータをアップロードする場合は、Cloneのパターンと、Pullのパターンの2種類があります。

 

仮にあなたがPC上でウェブサイトを作成して、それをサーバーにアップロードするとします。

 

最初のパターンとしては、上の図のように、まだサーバーにはサイトがなく、PC上のサイト全ファイルをまるっとサーバーにアップロード(クローン)するパターンです。

 

次のパターンとしては、下図のようにクローン済みで、PCで変更したサイトデータをサーバーにもアップロードして適用したいパターン(PULL)です。

この初回のCloneパターンと、2回目以降のPullパターンの2種類の全工程をそれぞれ解説していきます。

 

GITでPCからサーバーにCloneする場合の全コマンド工程

では、まずは、GITを使ってPC→GITHUB→レンタルサーバーという流れで、Cloneをするパターンのコマンド工程を解説します。下図はイメージ図。

Gitでサーバーにサイトをまるごとコピー

 

PCからGITHUBへまずはアップロード

この手順をくわしく解説します。

 

ローカルリポジトリの作成

まず、PC上にローカルリポジトリを作ります。

ローカルリポジトリとは、GITにバックアップしたいファイルを入れるフォルダの事だよ。
Neby

まずは、場所はどこでも良いので、新規フォルダを作成してください。

フォルダの名前は、サイト名が良いでしょう。

コマンドプロンプトを立ち上げます。

もし、フォルダがDドライブにあるなら、まずはD: と入力しEnterします。

次にフォルダ内に入り、フォルダまでのパスをコピーします。

cd パス と入力しEnter。画像のパスなら cd D:\website です。

もし、移動先を間違えて戻りたい場合は、 cd .. と入力するたびに、1つ前のディレクリに戻れるよ。
Neby

 

次に git init と入力しEnter。

これで、ローカルリポジトリができました。

 

下の画像のように、隠しファイルにチェックを入れると.gitというフォルダが出てきます。これがある場所がレポジトリです。

 

ここまで出来たら、アップロードしたい全ファイルをこのフォルダにコピーします。

一つポイントとしては、例えば、サイトデータが全部入ったフォルダがあるなら、
そのフォルダの中身のみを全部コピーします。(フォルダ自体はコピーしない)

上の例だと、Japaslangというサイトの全Laravelデータが入ったフォルダがあり、
中身だけ今作ったリポジトリ(フォルダ)にコピーします。

ちなみに、そのサイトデータが入ったフォルダ自体をリポジトリ化しちゃダメなの?そしたらいちいちコピーしなくていいじゃん?
それでもOKだよ。ただ、万が一間違い操作をした場合、このファイル群が上書きされたり、消えたりする可能性もあるよ。GITをよく理解してるなら、それでいいけど、してないうちは、フォルダは分けた方がいいよ。Cドライブにファイルがあるなら、Dドライブにリポジトリを作るって感じ。そうすると、ドラッグするだけで簡単にコピーできるからね。(間違えてファイルを移動してしまう事も防げる)
Neby

Gitのリポジトリとは?サーバーはリモート?ローカル?図解で解説!

 

GITのコミットまでの手順

GITのリポジトリの準備が済んだら、コミットをしていきます。

コミットは、今作ったローカルリポジトリにバックアップを保存する行為です。

 

  1. git add . と入力しEnter(リポジトリ内の全ファイルがStageされます)。
  2. git commit -m "コメント" と入力しEnter

これだけです。

まず、git add ですが、空白とピリオドを後ろに打てば、全ファイルがCommitへの準備状態になります。なんらかの理由で上げたくないファイルがあるとか、1つ1つのファイルをステージしていく場合は、git add abc\def.php のような感じでファイル名(フォルダに入ってる場合はフォルダも)を入力してEnterを繰り返します。

 

commit ですが、"コメント"の部分は、今回の変更内容などのメモを書きます。例えば"初回アップロード" とか "ask.phpを変更" とか、"バグを修正"とか、そういうメモを入力します。日本語でOKです。

これで、Commitが完了しました。

GitのCommitとは?AddやPushとの違いは?初心者向けに図解でやさしく解説!

 

GITHUBへPushする

実際にGITHUBへPush、つまり今コミットしたデータをまるごとそっくりGITHUBにコピーします。

  1. (初回のみ)git remote add origin https://github.com/xx/yy.git
  2. git push origin master

まず、初めてローカルリポジトリをリモートリポジトリ(GITHUB)につなぐ場合は、git remote add origin というコマンドを入れます。続くアドレスは、GITHUBのリポジトリからコピーしてきます。

 

GITHUBにログインし、リポジトリに入ります(ない場合は作ります)

リポジトリの作成方法が分からない場合は、
Gitのリポジトリとは?(GITHUBのリポジトリの作り方)

そもそもアカウントを持ってないなら
GITHUB無料アカウントの作り方最新版。初心者向けに図入りでやさしく解説

 

次のページで出てくるアドレスを使うわけです。

もしくは

git remote add origin https://github.com/xx/yy.git を入力してEnterしたら、

あとは、git push origin master と入力すれば、完了です。

これで、GITHUBのページを更新してみてください。

こんな感じで、PC側にあったファイルがGITHUBにも反映されてるはずです。

 

GITHUBからレンタルサーバーへClone

そして、GITHUBにあるファイル群をサーバーへまるっとコピー(クローン)します。

  1. ターミナル(TeraTermやRLogin)でサーバーへSSH接続。
  2. cdコマンドでクローンしたいディレクトリに移動
  3. git clone https://github.com/xx/yy.git
  4. githubのユーザー名とパスワードを入力。

これでクローンが完了します。

ディレクトリ = フォルダ。今いる場所の事だよ。
Neby

 

まず、ターミナルソフトを起動します。これに関しては、コマンドプロンプトではできませんので、別途TeraTermやRLogin などをPCにインストールして使う必要があります。

そして、ターミナルでレンタルサーバーにSSH接続します。

SSH接続の仕方が分からない場合は、「〇〇サーバー SSH接続」「〇〇サーバー ターミナル」のように検索すると、サーバーの公式サイトの接続解説ページが出てきますよ。
Neby

 

接続したら、今度はGITHUBのデータ(リポジトリ)を丸ごとコピーしたいディレクトリ(フォルダ)に移動します。

ポイント

GITHUBからCloneした場合、自動的にファイル群が入ったフォルダが生成されます。
例えば、

yamadaというサイトのデータを丸ごとクローンする場合、
サーバーにyamadaというフォルダを自分で作る必要はありません。

中身のファイルだけがコピーされるわけではなく、GITHUBのリポジトリごとまるっとクローンされるので、自分でyamadaというフォルダを作成してそこにクローンすると、yamadaというフォルダの中にさらにyamadaリポジトリフォルダが生成されてしまいます(二重フォルダになる)。

なので、「サイトデータが入ったフォルダ」を入れたいディレクリに移動します。

 

分かりやすいようにFTPも交えて解説しましょう。
FTPで自分のサーバー(画像はXサーバー)に入ります。

通常は〇〇.comみたいなアドレスフォルダがまずありますよね?

 

そしてGITHUB側にnebiというリポジトリがあるとします。

このnebiリポジトリをnebi.comにクローンしたいなら、ターミナルで cd nebi.com とコマンドを打つ事で、まず、nebi.comフォルダ内に移動します。

 

そして、git clone https://github.com/xx/yy.git とターミナルに入れてEnterすると、自動的にnebiというフォルダとその中身のファイルがGITHUBから全コピーされます。(githubのアドレスはあなたのリポジトリのアドレスにしてくださいね。)

 

↓nebiリポジトリが生成され、その中にすべてのファイルがクローンされました。

 

これで、後は、サーバー側でURLとフォルダを紐付ける作業をすれば、nebi.comでnebiリポジトリ内のファイルが表示されるというわけです。

 

GITでPCからサーバーにPullする場合のコマンド工程

今度は、すでにサーバーにサイトがクローンされてるパターンで、中身のファイルを変更したり、追加したりしたい時のアップロード方法です。

この場合はクローンは完了してるので、PC上とサーバー上に現在全く同じデータがある状態です。

そこに、PC上でデータに変更を加えたり、新たなファイルを追加したとします。

 

変更結果をPC→GITHUB→レンタルサーバーという経路でアップロードし、
サーバーのデータを上書きします。

Gitを介してPCからサーバーにアップロード

 

PCからGITHUBにPUSHする

今回は、もうリポジトリの設定もすべてCloneの時に完了してますので、簡単です。

 

  1. コマンドプロンプトを立ち上げる
  2. cd でローカルリポジトリのフォルダまで移動
  3. git add .
  4. git commit -m "変更内容を書く"
  5. git push origin master

という流れです。

 

まずは何はともあれ、リポジトリ(アップロード用のフォルダ)にアップロードしたい、もしくは更新したファイルを入れます。

そして、コマンドプロンプトを立ち上げて、リポジトリに移動します。

リポジトリフォルダがDドライブにある場合は、D:と入力してEnterします。

 

次にフォルダ内に入り、フォルダまでのパスをコピーします。

cd パス と入力しEnter。画像のパスなら cd D:\website です。

もし、移動先を間違えて戻りたい場合は、 cd .. と入力するたびに、1つ前のディレクリに戻れるよ。
Neby

 

あとは、

  1. git add . と入力しEnter(リポジトリ内の全ファイルがStageされます)。
  2. git commit -m "コメント" と入力しEnter
  3. git push origin master と入力しEnter

git add ですが、空白とピリオドを後ろに打てば、全ファイルがCommitへの準備状態(ステージ状態)になります。更新したくないファイルがあるなどの理由で、1つ1つのファイルをステージしていく場合は、git add abc\def.php のような感じでファイル名(フォルダに入ってる場合はフォルダも)を入力してEnterを繰り返します。

 

commit ですが、"コメント"の部分は、今回の変更内容などのメモを書きます。例えば "ask.phpを変更" とか、"バグを修正"とか、そういうメモを入力します。日本語でOKです。

そして、次のPushで無事GITHUBへの反映が完了しました。

 

GITHUBからレンタルサーバーにPullする

後は、サーバーにログインしてPullするだけです。

 

まず、ターミナルソフト(TeraTerm、RLoginなど)を起動します。

そして、ターミナルでレンタルサーバーにSSH接続します。

 

次にリポジトリに移動します。リポジトリは、クローンした時に出来たフォルダ(ディレクトリ)の事です。

例えば、nebi.com/nebiというディレクトリに前回クローンした時のデータが入ってるなら、
その cd nebi.com/nebi と入力し、Enterします。

移動先を間違えて戻りたい場合は、 cd .. と入力するたびに、1つ前のディレクリに戻れるよ。
Neby

 

次にgit pull origin master と入力し、Enterします。

これで完了です。

画像のように、アップロードしたファイル名やdone という表示が出て、エラーが出てなければOKです。

実際にサイトが更新されてるか、ブラウザから確認してみてください。

 

ちなみにもし・・

Pullした時に、突然

Merge branch 'master' of https://github.com/xx/yy into xserver

# Please enter a commit message to explain why this merge is necessary,

と出て、ターミナルがにっちもさっちも行かなくなった場合は、

GitでPlease enter a commit messageの対処法。3文字で即脱出!

を見て脱出すればPullが完了します。

 

さて、今回は、全てGITコマンドを使ってレンタルサーバーにアップロードする方法を解説しました。難しいと感じる場合は、冒頭で紹介した、SourceTreeも使うとエラーも減りとても楽になりますよ。

SourceTreeのインストール方法2020最新版。GITHUBとつなぐとこまで詳細解説。

 

ちなみに、あなたがプログラミングを学んでる理由ってなんですか?

稼げるって聞いたから?

じゃあ、どれくらい上達すれば稼げるのか?

どの言語なら稼げるのか?

本当にそんな高給を稼げるのかの現実を知ってますか?

詳しくは下の記事に本音の裏事情を書いてるので参考にしてくださいね。

Laravelって稼げるの?独学?スクール?高給を稼ぐためにどうするべきか教えます。

  • この記事を書いた人

Neby

本を毎日多読しつつ、資産運用、プログラミング、心理学、ネットビジネススキルを猛向上中。貧富の差が広がる5年後、10年後に安心生活を送るためのお金のリテラシー、スキル、資産を一緒に作っていきましょう。

-Git入門初心者向け

Copyright© ネビ活 | ネットビジネス生活 , 2020 All Rights Reserved.