ネビ活 | ブログで稼ぐ月30万超えのネット起業生活

ブログで稼ぐ事を本業とし、何もない弱者から逆転せよ!

ブログはジャンルを決めないと稼げないの?雑記ブログだといくら稼げる?

更新日:

専門ブログじゃないと稼げないの?雑記ブログだといくら稼げる?

新しいブログを立ち上げた際、迷うのが、

生活の知恵や〇〇をやってみたや映画やアニメの感想、旅行記など、ジャンルを特に決めずになんでも書いていく雑記ブログ/日記ブログを作っていくのか

それとも、ダイエットブログ、アニメブログ、英会話ブログと言った、いわゆる専門ブログを書いていくのか

という部分。

 

これ、もしあなたが、アフィリエイトなどを使ってブログで稼いでいきたいと思っているのであれば、このブログのジャンル決めというのは、すごく大切な部分だったりします。

 

このブログのジャンル決めを間違うと、いくら記事を書いてもなぜか稼げないという辛いブログ作りになってしまい、それが挫折してしまう原因になります。

 

ここでは、

雑記ブログは儲かるのか?専門ブログじゃないとダメなのか?

専門ブログなら、どのジャンルがダメで、どのジャンルがOKなのか

という部分を
あなたが安心してブログビジネスを始められるように超解説していきます。

 

ブログのジャンル決めって必要?雑記ブログじゃダメなの?

まず、ブログは「ダイエットブログ」のように
1つのジャンルに特化して書いていかないと稼げないのか?

自分は、普段の生活で買った物をレビューしたり、旅行先で見つけた穴場スポットを紹介したり、チャレンジしてみたダイエット記録を書いたりと、いろいろ書きたいんだけど、それじゃ稼げないの?

という部分ですが、

 

そういう雑記ブログで稼ぐには

Googleがそれを現状あまり好まない

有名人でないと難しい

相当数(月100万ページビュー程度)のアクセスが必要になる

 

といった理由から稼ぐのが専門ブログに比べて難しい、というか、稼げるけど、稼げる額が個人だとお小遣い程度(月に1、2万)になってしまい、ブログだけで食っていくのが難しい、労力に見合った額を稼ぐのが難しいというのが本音です。

 

雑記ブログが難しい理由1:Googleがそれを現状好まない

まず、最初に雑記ブログで稼ぐのが難しい理由として、Googleが現状、検索順位の上位に表示するサイトとして、専門サイトを優先する傾向があるという部分です。

 

というのも、Googleは、
検索者が求めてる有益な情報を提供してくれるサイトを上位表示したいと考えています。

 

そんな有益な情報を提供してくれてるのは、
そのジャンルで専門的に書いているブログだろうと考えていますし、
実際に読者がサイトに滞在する時間も、専門ブログの方が長くなる傾向があります。

 

なぜなら、検索者は1つの悩みがあって、それを解決したくて検索し、専門ブログにたどり着いた時には、似通った関連記事を連続して読む傾向があるからです。

 

確かに雑記ブログでも、ニュースサイトや2chまとめのように、
ものすごく興味が惹かれるような見出しが並んでいるのであれば、
滞在時間を伸ばして、SEO的にも強いサイトにする事はできるでしょう。

 

ただ、単なる個人の日記の延長のような雑記ブログだと、
例えば、ある読者は旅行先の駐車場情報を求めてあなたの記事を読んでるのであれば、
関連記事にあなたのアニメ考察などが出てきても、興味がないので読まないというわけです。

 

雑記ブログが難しい理由2:有名人でないと難しい

仮にあなたが芸能人や有名人であるのであれば、単なる日記ブログでもアクセスは大量に来ますから、そこにGoogleアドセンスなどのクリック報酬型広告を貼っておくだけでも、沢山クリックされて、それだけで食ってけるくらいの収入を得る事ができるでしょう。

 

というのも、読者は、書かれた内容うんぬんではなく、
その書いてる芸能人や有名人に興味があるので、
何を書こうがファンのアクセスが来ます。

 

しかし、有名人でないのであれば、あなたが適当な日記を書いた所で、
誰もそれを読もうとは思わないわけです。

それこそ、すごく面白い文章で、
面白いから読みたいという人が沢山現れれば、
それでアクセスを集める事も可能ですが、

 

そういう文才がないのであれば、大事なのは、読者が求めてる記事を提供する事、

 

つまり、読者が「風邪を医者に行かずに早く治す方法が知りたいなぁ」と思って検索してきたなら、「風邪を医者に行かずに速攻で治す方法」を記事に書く事で、価値を提供して、読者が集まるわけです。

 

そこで、そういう「〇〇を治す方法」みたいな事を書くなら、
やっぱり専門ブログの方が信頼性が高く、関連記事も読まれる上に、検索でも上位表示されやすい分、稼ぎを得やすいですよというわけなんです。

 

雑記ブログが難しい理由:相当数のアクセスがないと稼げない

雑記ブログでも、人気ジャンルの記事が沢山あれば、その記事で稼ぐ事は確かに可能です。

 

例えば、私も1つ趣味の雑記ブログを持ってますが、

仮想通貨ブームだった時に、仮想通貨特集と題して、
仮想通貨ネタの記事を沢山書いた所、
その記事にアクセスがそれなりに来るようになり、

 

その記事に貼っていた仮想通貨のアフィリエイトだけで
一時期月50万を超える大きな額を儲ける事が出来たというのがあります。
(今はもう仮想通貨のアフィリエイト自体が終わってるので、その収益はないですが)

 

そういうふうに、大きな収益を出せるようなアフィリエイト案件があるジャンルの記事を沢山書けるのであれば、雑記ブログでもある程度収益を出す事も可能ですが、

 

例えば、日常生活雑貨のレビューとか、生活の知恵とか、旅行記とか、そういうネタの場合、
あまり大きく稼げるようなアフィリエイト案件などがないと思います。

なので、楽天やAmazonのアフィリエイトを貼ったり、
Googleアドセンスを貼る程度になると思うんです。

 

楽天やAmazonのアフィリエイトおよび、アドセンスははっきり言って、
アクセスが大量に(月に100万ページビューとか)ないと
それだけで食ってけるような額は稼げません。
大量のアクセスがないなら、稼げてもせいぜい月に5万行けば良い方です。

 

というのも、楽天やAmazonのアフィリエイトは、報酬が1%とか2%とかです。
1万円の商品が売れても、自分に入るのはたったの100円とか200円です。

アドセンスもそうで、1クリック30円とか入れば良い方です。

 

つまり、スーパーの薄利多売商売と一緒で、
大量のお客さんを集めないと儲けになりません。

 

それよりも、もっと報酬が高い、例えば、1万円の商品を売ったら、自分には5000円くらい入ってくるようなアフィリエイト案件があるようなジャンルの専門ブログを作った方が、
Google検索でも優遇されますし、お客さんのアクセスが少なくても、
1個売れた時の収入が多いのでもっと楽に稼げますよねという話なわけです。

 

「さっきの仮想通貨の例みたいに、雑記ブログでも1つのカテゴリーで記事を増やせば、専門ブログみたく稼げるんでしょ?だったら雑記で良くない?」と思うかもしれません。

 

もし、あなたが、1000記事とか書き続けられるのであれば、確かにそれも可能ですが、
個人が1人で書けるような少ない記事数で早く収益を発生させたいのであれば、
専門ブログで1つのジャンルに絞って記事を書き続けた方が早く稼げるわけです。

雑記ブログだと、どうしても意識が分散してしまう分、
1つのカテゴリーの情報量(記事数)が少なくなり、アクセスも集まりにくく、
商品が売れにくくなります。

 

また、雑記ブログは専門ブログより、素人っぽさがにじみ出やすいです。

 

「太郎の日常」という雑記ブログと、「投資情報局」という専門ブログがあって、
どちらも同じ仮想通貨の記事があったとしたら、
どちらのブログの情報の方が信頼できるでしょうか?

関連記事に旅行記やら、食レポが出てる雑記ブログより、
投資の情報がずらりと並んでる「投資情報局」の情報の方が
プロが書いてる感じがして、内容も濃く、信頼できると感じると思います。

 

なので、「ブログのジャンルを絞って専門ブログを作った方が確実に稼げるよ」が私の答えですが、

ただ、専門ブログも「稼げないジャンル」を選んでしまうと、
これはこれで悲惨な結果で終わる
可能性が非常に高いのです。

 

ブログのジャンルを間違えるともっと稼げない

「じゃあ、専門ブログの方がやっぱり稼げそうだから、自分はアニメが好きだから、アニメの専門ブログを作ろう!」

と思ったかもしれません。その考え、すごくヤバイです

 

まず間違いなく稼げなくて挫折します。

 

というのも、じゃあ、仮にアニメ専門ブログを作った場合、
あなたは何をそこで売るのでしょうか?

 

アニメのフィギュアやDVD、ガンプラなどを
Amazonや楽天のアフィリエイトを貼って売るのでしょうか?

前項で話した通り、Amazonや楽天のアフィリエイトは報酬がたったの1、2%です。

仮に5000円のフィギュアが売れても、自分に入る報酬は50円とか100円です。

 

また、勝手に著作権のあるアニメをスクショして画像として使ったりしたら、
アドセンスの規約違反ですから、アドセンスも貼れません。
下ネタも厳禁です。

 

なので、多くの2chまとめサイトなんかは、アドセンスではなく、
別の会社のクリック報酬型のエロ広告なんかをよく使ってます。

 

いずれにしても、そのクリック報酬型広告にしろ、
Amazon、楽天のアフィリエイトにしろ、
相当なアクセスがないとクリックしてくれる人はなかなかいないですから
せいぜい月に5万円稼げれば万々歳という状態になりますから、
それだけで食ってくのは相当難しいです。

 

つまり、大事な事は、「あなたが専門ブログを書くなら、そのジャンルには高報酬な案件があるのか?」って部分が大事です。

 

なので、ブログのジャンルを決める時は、先に「何を売るのか?」を考えてから決めてください。ただ自分の趣味がアニメだからみたいな安易な決め方だと、行き当たりばったりになり、結局稼げないで終わってしまいます。

 

じゃあ、どのジャンルで書けば稼げるの?

じゃあ、結局、ジャンルはどのジャンルを選べばいいのかですが、基本的に、

 

人間関係の悩み(コミュニケーションの悩み)、お金の悩み、身体的な悩み、健康の悩み

 

こういったものに関係するジャンルがおすすめです。

もうちょっと具体的にすると、

 

英会話、恋愛、ビジネス、投資、健康、ダイエット、肉体改造、薄毛、肩こり、便秘

 

こういったジャンルです。

 

こういうジャンルは、高報酬なアフィリエイト案件も沢山ありますから、
それをブログでオススメする事で、収入を得やすいというわけです。

詳しくは下記の記事も参考にしてください。

2019:アフィリエイトでは何を売るのが確実に稼げる?挫折しないためのポイント

 

ちなみに、ただ自分の「投資チャレンジ日記」みたいなものを書いてもそれでは全く稼げないと思ってください。

 

あくまで検索してきた人の悩みに答えてあげる記事を書く必要があります。

 

例えば「FXをやってみたいけど、どこの会社に申し込むのがいいんだろう?」とかそういう疑問を抱いてる人が検索するわけですから、その問いに的確に答えてあげる記事を書く事で、お客さんに読まれ、信頼され、そしてあなたがおすすめする商品を買ってくれるようになるわけです。

 

ブログはジャンルを決めないと稼げないのか?まとめ

大事なのは、高報酬の売る物があるジャンルのブログを作る事

雑記ブログでも高報酬の案件があるネタで記事を作れば、一応儲ける事は可能

ただ雑記ブログだと、専門ブログよりは検索や信頼性で不利になりがち

つまり雑記ブログはアクセスを集めにくい上に、低収入な案件ばかりになりがちなので、稼ぐのが難しい

専門ブログでも、高報酬な案件がないジャンルや需要が少ないジャンルを書いても、儲からない

 

なので、私としては、本業ブログとして専門ブログを作り、その横で息抜きとして雑記ブログをあくまで趣味ブログ(お小遣い稼ぎブログ)として、書いていくのが良いと考えます。

 

専門ブログを作ると言っても、急に別の事が書きたくなる時もありますし、
興が乗らず、飽きてしまって書き続けられなくなる時もあると思います。

そういう時は、息抜きに趣味ブログの方で好きな事を書きつつ、
また専門ブログ作りに精を出すというわけです。

 

実際私も英会話の専門ブログでそれだけで食ってけるほどの収益を毎月あげつつ、
趣味の雑記ブログでも数万円の収入を毎月得ています。

 

本気で稼ぎたいなら、ちゃんとWordPressで専門ブログを作るのが一番です。
その際、決して儲からないジャンルでブログを作り始めないように、
先に売る物があるか調べてからジャンルを決めてくださいね。

 

  • この記事を書いた人

根菱(ネビさん)

ネット起業家でブログライター。就職失敗、引きこもり絶望後、海外脱出し人生リセットするも現地でも時給700円のブラック雇われ。30歳の時にこんな弱者人生続けちゃダメだと真剣にネット起業し、収入が倍増。弱者脱却!起業家人生も9年目に突入。作ったブログが月80万PV達成。プロフ , 根菱は何位? ,ポチッとな

よく読まれてる記事

詐欺教材 1

ブログやYoutube、Twitterなど、ネットで稼ぐ場合、 その稼ぎ方を教えてくれる教材(情報商材)や、オンライン塾、講座といったものを使って、 やり方を勉強しながら通常は稼いでいくわけですが、た ...

2

ここでは、ネビ活管理人の根菱が過去ネットビジネスを8年以上やってくる間に 50個以上買ってきた教材の中で 実際に稼ぎが増えた、本当に役立ったというものを厳選してランキング形式で紹介していきます。 &n ...

-ブログ集客、アクセスアップ

Copyright© ネビ活 | ブログで稼ぐ月30万超えのネット起業生活 , 2019 All Rights Reserved.