ネビ活 | ネットビジネス生活

ネットxお金のスキルを作り、未来永劫豊かに暮らす事を目指すサイト

UTF-8に設定しても文字化けが直らない?FTPが原因かも。

更新日:

先日、Xサーバーに自作のHTMLファイルをアップロードしたところ、
日本語が文字化けしてしまいました。

すでにあなたもご存知かもしれませんが、基本的に文字化けは

  • <meta http-equiv="content-type" charset="utf-8">というコードをヘッダーに入れる
  • テキストエディタ自体の文字コードをutf-8に設定して保存する

この2つをやれば、解消します。

いやそれをやったのに、まだ文字化けして困ってるんだよー

っていう場合は、それ、たぶん、FTPソフト自体に問題があります。

 

Laravelって稼げるの?独学?スクール?高給を稼ぐためにどうするべきか教えます。

UTF-8にしてるのに文字化けが直らないはFTPソフトかも

実は私、以前は、CoreFTPというFTPソフトを使っていました。

このFTPソフトでHTMLファイルをレンタルサーバー(Xサーバー)にアップロードしたところ、何をどうしても、文字化けが直りませんでした。

というのも、このソフト、編集→Encodingという項目を見ると、
ANSI と unicode という2つの項目だけが表示されてます。

つまり、ファイル自体がUTF-8でも、アップロードする時に、勝手にANSIかunicodeに変更されてしまう仕様になっていたんです(がーん)。

 

というわけで、もし、UTF-8に設定してるのに文字化けが直らないって場合は、
FTPソフトのencodingを調べてみて、怪しかったら別のFTPソフトに変えてみるのが吉です。

 

ちなみに、自分は、WinSCPというFTPソフトに変えました。

今までは暗号なしのFTPだったんですが、
これからは、SFTPという暗号通信を使って接続もできるようになり、FTP自体がより安全な接続ができるようになりました。FTPって本当に安全なのか?って不安がありましたが、これで安心です。

そして、UTF-8の文字化けもしなくなりました。

 

FTP変えても文字化けするなら、テキストエディタが原因かも?

FTPソフト変えても文字化けするなら、テキストエディタ自体がちゃんと文字コード変更出来てない可能性もありますね。

 

例えば、TeraPadなら、ファイル→文字/改行コード指定保存から変更できます。

 

UTF-8にして、上書き保存すればOKです。(ちなみに文字コードはWindowsだとCR+LFです。MacとLinux(サーバー)だとLFが通常使われてます。)

 

もしくはVScodeなら、画面下に文字コードが出てるので、UTF-8以外になってる場合は、
画面下の文字コードをクリックします。そしてSave with Encodingを選びます。

 

 

すると、文字コード一覧が出るので、UTF-8 utf8 を選んでください。

 

文字コードがUTF-8に変わりました。これで閉じればOKです。

 

HTMLに文字コード指定も忘れずに

画像のように、head部分に、
<meta http-equiv="content-type" charset="utf-8">
も必ず入れときましょう。
これで、ブラウザにutf-8使ってるよと知らせる事ができますので。

 

というわけで、文字化けで困ってましたら、FTPも疑ってみてください。

 

ちなみに、あなたはプログラミングを今学んでますか?

学んでるならなぜ?

稼げると聞いたから?

どれくらい上達すれば稼げるのか?本当にそんな高給を稼げるのかの現実を知ってますか?

詳しくは下の記事に本音の裏事情を書いてるので参考にしてくださいね。

Laravelって稼げるの?独学?スクール?高給を稼ぐためにどうするべきか教えます。

  • この記事を書いた人

Neby

本を毎日多読しつつ、資産運用、プログラミング、心理学、ネットビジネススキルを猛向上中。貧富の差が広がる5年後、10年後に安心生活を送るためのお金のリテラシー、スキル、資産を一緒に作っていきましょう。

-PHP Laravel入門

Copyright© ネビ活 | ネットビジネス生活 , 2020 All Rights Reserved.