ネビ活 | ネットビジネス生活

ネットxお金のスキルを作り、未来永劫豊かに暮らす事を目指すサイト

Laravel6チュートリアル:WYSIWYGエディタ(Quill)を使ってみよう!

更新日:

今回は、Laravel6でWYSIWYGエディタ(ビジュアルエディタ/リッチテキストエディタ)を使って、フォーム送信し、投稿をデータベースに保存するチュートリアルをやっていきます。

 

過去のチュートリアルで、入力フォームを作成して、
投稿をデータベースに保存するチュートリアルはやりました。

Laravel6チュートリアル初心者向け:フォームを作成し投稿を保存してみよう!

 

ただ、これだと太字にしたり、文字色を変えたりといった事が、ボタンで簡単にできません。

もちろん自分でJavascriptを叩いて、自作ボタンを作る事も可能なんですが、
最初からWordPressのようなリッチテキストエディタ、またの名をWYSIWYG(ウィジウィグ)エディタをLaravelで使う方法もあります。

 

画像では、Quillという無料で使えるWYSIWYGエディタをLaravelに埋め込んでいます。今回、これをチュートリアルとして一緒にやっていきましょう。

What You See Is What You Get (見たままをゲットする)エディタだから、WYSIWYG(ウィジウィグ)って呼ばれてるんだ。
Neby

 

Laravelって稼げるの?独学?スクール?高給を稼ぐためにどうするべきか教えます。

Laravel6チュートリアル:WYSIWYGエディタを使ってみよう!

では、今回は、無料で使いやすい事が評判なQuillというWYSIWYGエディタを埋め込んでみましょう。

 

このチュートリアルには、コントローラー、データベース、モデルなどの、投稿保存に必要なパーツ一式が必要です。

以前のチュートリアルをやってない場合は、以下のチュートリアルを先にやって、これらのデータ保存に必要なパーツを作成してから、戻ってきてください。

Laravel6チュートリアル初心者向け:フォームを作成し投稿を保存してみよう!

 

入力フォームのページのブレードを作成する

では、まず空のテキストエディタを開き、以下をコピーしてください。

コピーしました

コピー

<!doctype html>
<html lang="{{ str_replace('_', '-', app()->getLocale()) }}">
<head>
    <meta charset="utf-8">
    <meta name="viewport" content="width=device-width, initial-scale=1">
    <title>newsite</title>
<!-- Styles -->
<link rel="stylesheet" href="{{ asset('css/style.css') }}">

<!-- Quill -->
<link href="//cdn.quilljs.com/1.3.6/quill.snow.css" rel="stylesheet">
<script src="//cdn.quilljs.com/1.3.6/quill.min.js"></script>

</head>
<body>
    <div class="wrapper">
    <div class="header"><h1>投稿ページ</h1></div>
    <div class="content_wrapper">
    <div class="content2">

        <form action="/newpostsend" method="post">
            @csrf
            <p>タイトル</p>
            <input type="text" name="title" class="formtitle">         
            <p>&nbsp;</p>
            <p>本文</p>
            <!-- <textarea name="main" cols="40" rows="10"></textarea> -->
            <div id="editor" style="height: 200px;"></div>
            <p>&nbsp;</p>
            <input type="submit" class="submitbtn">
        </form>

    </div>
    </div>
    </div>

    <script>
        var quill = new Quill('#editor', {
            theme: 'snow'
        });
    </script>

</body>
</html>

そして wysiwyg.blade.phpという名前で、resources\viewsフォルダに保存してください。

 

中身を説明すると、以前のチュートリアルで作った、form.blade.phpという普通の投稿フォーム用ブレードをコピーし、QuillエディタのJavascriptを埋め込んでいます。

この</head>の手前に書いた黄枠部分でQuill本体を読み込んでます。

cdnって何?
cdnは、別のウェブサイトからcssやJavascriptを読み込むリンクなんだ。本当はQuill本体をダウンロードして、自分のサーバーに設置したものを読み込むわけだけど、cdnを使えば、提供元の本体を読み込めるから、いちいち本体をダウンロードしなくても使えるんだ。
Neby

 

次に<form>部分、元々付いてたtextareaを削除(コメントアウト)し、代わりに <div id="editor">というタグを入れてます。これがQuillエディタを表示するタグです。

 

そして、</body>の手前に<script>タグを追記しました。
これがQuillの設定になります。先程 <div id="editor"> と書きましたが、
「#editorの所に新しいQuillを設置して、テーマはsnowを使ってください」と命令が書かれているわけです。

Quillエディタ含め、WYSIWYGエディタはJavascriptで動いてるって事なんだ。
Neby

 

コントローラーの設定

以前のチュートリアルで作ったFormController.phpを開いてください。

 

図の黄枠部分を追記します。

 

コピーしました

コピー

public function wys (){
  return view ('wysiwyg');
}

コピーしたら、上書き保存します。

 

ルートの設定

routes\web.phpを開きます。

routes\web.php

そして、黄枠部分を追記します。

コピーしました

コピー

// リッチテキストエディターページ
Route::get('/create2', 'FormController@wys');

上書き保存してください。

 

これで、/create2というURLにブラウザからアクセスすると、wysiwyg.blade.phpが表示されるようになりました。

 

一度WYSIWYGエディタを表示してみよう!

ここで、ブラウザで一度、投稿ページを表示してみましょう。

コマンドプロンプト(Shell/ターミナル)を開いて、
cd でLaravelプロジェクトフォルダまで移動し(例 cd D:\XAMPP\htdocs\newsite)、

php artisan serve と入力、Enterします。

言ってる事が分からない場合は、以下で1つ1つ丁寧に解説してるよ↓

PC上のLaravelサイトをブラウザに表示する方法。初心者でも必ずできる。

Neby

 

そして、ブラウザを開いて、http://localhost:8000/create2にアクセスしてみてください。

このように、リッチテキストエディタが表示されてるはずです。

エディタのデフォルトの高さは、
<div id="editor" style="height: 200px;">のように、style(CSS)で設定可能です。

 

ひとまず、文字を打って、ボタンを押してみてほしいんですが、
たぶん、Bと書かれた太字ボタンを押しても何も変わらないと思います。

理由はLaravel側のCSSに太文字にするためのCSSがまだ書かれてないからです。

 

なので、public\css\style.cssを開きます。

そして、以下を追記し、上書き保存してください。

コピーしました

コピー

strong{font-weight: bold;}

 

これで、ブラウザを更新して、もう一度ボタンを押すと、ちゃんと太字になってるはずです。

 

でも、これだと、文字色を変えたりができないね。
カスタマイズする事で、文字色や画像挿入ボタンなども表示させる事ができるようになるんだ。
Neby

 

WYSIWYGエディタQuillのカスタマイズ

では、Quillのツールバーのボタンを増やしていきます。

先程のwysiwyg.blade.phpを開きます。

 

<script>~</script>の中身を以下のように書き換えてください。

コピーしました

コピー

var quill = new Quill('#editor', {
  modules: {
    toolbar: [
       ['bold', 'italic', 'underline', 'strike'],
       [{'color': []}, {'background': []}],
       ['link', 'blockquote', 'image', 'video'],
       [{ list: 'ordered' }, { list: 'bullet' }]
     ]
  },
  placeholder: 'Write your question here...',
  theme: 'snow'
}); 

 

ファイルを上書き保存し、ブラウザを更新してください。

こんな具合にツールバーに各種ボタンが追加されたはずです。

↓このtoolbarの中が、それぞれのボタンを意味しているので、ここでボタンを足したり減らしたりができます。

例えば、引用ボタンがいらないなら、'blockquote',を削除すれば、ボタンも消えます。

それぞれの[ ]が、ボタンを束ねていて、[ ]と[ ]の間は、ボタン同士の隙間ができるようになってます。

その他、ボタンの種類については、
公式サイトを参照してください↓

https://quilljs.com/docs/formats/

 

ねぇ、ちなみに、画像ボタンで画像を投稿したらモザイクかかっちゃったんだけど・・

原因を探る方法と外し方を教えるね。
Neby

 

ブラウザでモザイクがかかっている画像を右クリックして「要素を調査(inspect)」を選んでください。

画像のCSSが右側に表示されるのですが、見てみると、filter:blur(10px); と書いてあり、これのチェックを外すと、画像のモザイクが消えます。

つまり、CSS側に悪さをしてるものがあるって事なんです。

public\css\style.cssを開き、blurで検索してみると、

CSS Resetの中にfilter:blurがあるので、その部分を改行した後、コメントアウトすれば、
画像がちゃんと表示されるようになります。

 

これで、WYSIWYGエディタ自体はLaravelに埋め込みできたけど、まだデータベースへの保存方法を指定してないから、送信しても保存されないよ。
Neby

というわけで、コントローラーに命令文を書いていきます。

 

コントローラーからデータベースに保存する命令文を書く

FormController.phpを開いてください。

 

以前作った、function savenewというメソッドがあると思うので、
そこのreturn redirect を "/index"に書き換えてください。

無い場合は、黄枠の部分をそのまま書き足してください。

そして上書き保存します。

 

ブレードに追記する

次に、wysiwyg.blade.phpを開いてください。

 

form部分に赤線を追記します。と言っても、分かりづらいので、form部分を以下のコードと丸っと入れ替えてもOKです。

コピーしました

コピー

<form action="/newpostsend" method="post" name="ansform" enctype="multipart/form-data">
   @csrf
   <p>タイトル</p>
   <input type="text" name="title" class="formtitle">
   <p>&nbsp;</p>
   <p>本文</p>
   <div id="editor" style="height: 200px;"></div>
   <input type="hidden" name="main">
   <p>&nbsp;</p>
   <input type="submit" class="submitbtn" name="subbtn">
</form>

 

説明すると、

formとsubmitに新たに付与したname部分は、後ほどJavascriptで使うために付与してます。

 

また、enctype="multipart/form-data"は、画像などの文字以外のデータをform送信する時に必要なタグです。

<input type="hidden" name="main">は、隠しフィールドです。この隠しフィールドに、Javascriptを使って、Quillエディタに書き込まれた投稿を移し替えます。

Quillエディタ自体はJavascriptですが、移し替える事で、Laravel(PHP)のformデータとして扱う事ができるようになります。

 

次に<script>タグ内に、黄枠部分を追記してください。

コピーしました

コピー

// 回答フォームを送信
document.ansform.subbtn.addEventListener('click', function() {
// Quillのデータをinputに代入
document.querySelector('input[name=main]').value = document.querySelector('.ql-editor').innerHTML;
// 送信
document.ansform.submit();

これは、formの送信をJavascript側で操作するコマンドです。

 

送信ボタンを押した時に、まず、Quillエディタ上に入力された投稿を隠しフィールドのinput [name=main]に代入します。

代入したら、formを送信するという設定になっているわけです。

ここまで記入できたら、忘れず上書き保存してください。

これで、ブラウザのQuillエディタから、投稿ができるようになっているはずです。

 

ルート設定は?

ちなみに、Quillエディタで入力した情報を、FormControllerに渡すルート設定は、以前のチュートリアルのform送信用ルートをそのまま使ってます。

もし、routes\web.phpにこの一文がない場合は、追記して上書き保存してください。

 

ブラウザでWYSIWYGエディタからフォーム送信してみよう!

ブラウザから http://localhost:8000/create2 にアクセスしてください。

上の画像のように、装飾した文字を入れたり、画像を入れたりして、送信してみてください。

 

送信すると、/index という、以前のチュートリアルで作った、記事一覧表示に
今回の投稿が追加されてるはずです。

もし、以前のチュートリアルをやっていない場合は、このチュートリアルをやると、同じページが作成できます。

Laravel6チュートリアル初心者向け:データベースの値を取得して表示してみよう

 

データベースにどう保存されているのか確認しよう!

また、実際にphpMyAdminから、データがどう保存されているのかを見てみましょう。

XAMPPの場合は、MySQLのadminボタンを押すと開けます。

 

左メニューから、自分のサイトのデータベース(newsite)を選び、formsフォルダを選択します。

すると、今回は、mainカラムにhtmlごと入ってるのが分かりますね。

実際に、編集ボタンを押してみてください。

mainカラムには、HTMLタグ付きの文字と、謎のコードの羅列が入ってると思います。この謎のコードは挿入した画像をbase64というコードに変換してデータベースに保存しています。

例えば、Emailに画像を添付して送る時も同じように、base64コード化されて、画像が送られる仕組みになってるんです。

 

普通、画像をLaravelにアップロードすると、同じようにデータベースに保存されるもんなの?

いや、普通は画像フォルダを設置して、そこにjpgとかpng画像のまま保存するんだ。

Quillのデフォルト仕様だと、こうやって画像がBase64化されて、データベースに一緒に保存される仕様になってるんだ。

ただ、これはこれで、データベースを見直したい時に、このコードが邪魔で読みづらかったり、データベースを重くする原因になるというのもあって、嫌がる人も結構多い。

そういう場合は、Quillエディタ自体をもっとカスタマイズして、画像は画像フォルダに保存するように設定する必要があるね。Javascriptに詳しくないと結構キツイけど。

Neby
普通に画像をLaravelにアップロードする方法も今度は知りたいな

 

というわけで、次のチュートリアルでは、画像をLaravelにアップロードする方法を一緒にやっていきます。

Laravel6チュートリアル:画像投稿機能を作って投稿に表示させよう!

 

ところで、あなたが今Laravelを学んでる理由ってなんですか?

稼げると聞いたから?

どれくらい上達すれば稼げるのか?本当にそんな高給を稼げるのかの現実を知ってますか?

詳しくは下の記事に本音の裏事情を書いてるので参考にしてくださいね。

Laravelって稼げるの?独学?スクール?高給を稼ぐためにどうするべきか教えます。

  • この記事を書いた人

Neby

本を毎日多読しつつ、資産運用、プログラミング、心理学、ネットビジネススキルを猛向上中。貧富の差が広がる5年後、10年後に安心生活を送るためのお金のリテラシー、スキル、資産を一緒に作っていきましょう。

-PHP Laravel入門

Copyright© ネビ活 | ネットビジネス生活 , 2020 All Rights Reserved.