Laravelが使える共用レンタルサーバー比較。どこが使いやすい?おすすめは?

更新日:

Laravelをウェブ公開したい場合、通常はVPS(バーチャル・プライベート・サーバー)を使いますが、

VPSの難易度や費用などが理由で、一般の共用レンタルサーバーでLaravelを使えないかなと考えてますか?

実は、共用レンタルサーバーでも、Laravelサイトを公開する事は可能です。

実際に私もLaravelで作ったサイトを、レンタルサーバーのエックスサーバーで運営してます。

 

そこで、Laravelを公開するのに向いてる共用レンタルサーバーを比較、それぞれのメリットやデメリットをお教えします。

レンタルサーバーとVPSとの違いを詳しく知りたいなら、

Laravelは共用レンタルサーバーとVPSどっちを使うべき?

Neby

 

Laravelが使える共用レンタルサーバー比較表

それぞれのメリットデメリットを比較しました。(赤はデメリット青はメリット)

 XサーバーConoha
WING
Colorful
Box
高速性
料金微高中間中間
無料お試し10日間なし30日間
無料独自ドメイン12ヶ月以上契約で永久無料1つ
1年無料1つ(計2)
永久無料2つ
なし(初期ドメインはあり)
ググった時
の情報量
圧倒的少ない少ないがMixhostの検索も役立つ
安定性、
障害対応
アダルトNoNoアダルトサーバーに限りYES
PHP Vrドメイン単位サーバ単位サブドメイン単位
データベースMySQL5.7MySQL5.7
MariaDB10.4
バックアップ
&復元
無料無料無料
複数サイト
運営
Pythonなどを使う場合cgiに拡張子を変えるcgiに拡張子を変えるそのまま使えるがフルパス
難点料金ではやや劣る。PHPのバージョンが全体で1つしか選べない。https化すると、各所書き換えないとCSSなどが反映されなくなる。メモリを気にする必要あり。フルパス書かないと動かない

 

レンサバ比較1:Laravelのインストールのしやすさ

正直、Laravelのインストールのしやすさは、各レンタルサーバーそんなに違いは感じませんでした。

どこを使うにしても

  1. SSHで接続
  2. Composerをインストール
  3. Nodebrewを使ってNode.jsをインストール
  4. GITを使ってLaravelサイトをデプロイ
  5. htaccessとシンボリックリンクを使ってドメインを紐付け

という流れは一緒で、大きな違いはありませんでした。

 

 

ただ、Conoha Wingに関しては、唯一https化した時に、

  •  CSSが反映されなくなった。
  • form送信が危険な送信と出るようになった

という不具合が出ました。その解決方法も上の記事で書いてますが、
ひと手間かかる分、正直戸惑いました。

 

レンタルサーバー比較2:料金コストと無料お試し

次にレンタルサーバーの料金を比較してみましょう。

半年契約した場合

 初期費用半年契約時の1月辺りコスト最初に払う合計額(半年分)
Xサーバ(X10)3300円1210円10560円
コノハ(ベーシックパック)0円1034円6204円
カラボ(Box2)0円1276円7656円

 

1年契約した場合

 初期費用1年契約時の1月辺りコスト最初に払う合計額(1年分)
Xサーバ(X10)3300円 無料(キャンペーン9/31まで)1100円16500円 13200円
コノハ(ベーシックパック)0円931円11172円
カラボ(Box2)0円1166円13992円

*ColorfulBoxの現在のクーポンコードやキャンペーンはTOPページで確認できます。

 

無料期間

 無料お試し課金開始日
Xサーバ(X10)10日間無料お試し申込日の次の1日から課金
コノハ(ベーシックパック)なし申込日の次の1日から課金
カラボ(Box2)30日間新規契約日から課金

*「契約日から課金」の場合は、8月6日から1年契約なら、次の年の8/5までという事。
*「次の1日から課金」なら、8月6日に申し込んだら、8月6~31日の利用分は課金されず、9月1日から課金分になるという事。

コストを抑えたいなら、カラフルボックスをキャンペーンやクーポンで申し込むのが良さそうだね。しかも無料お試しも長いし。
ColorfulBoxのキャンペーンやクーポン適用方法は下の記事で詳細解説してるよ。

【得有】ColorfulBoxの新規(無料お試し)申込やクーポンの使い方も全部図解(アダルトも!)

Neby

 

レンタルサーバー比較3:複数サイト運営のしやすさ

もしかしたら、複数のLaravelサイトを運営したかったり、さらにWordPressブログも複数一緒に運営を考えているかもしれません。

それを考えた時に、

  • Xサーバーは複数サイト運営がしやすい
  • Conoha WINGはPHPバージョンが1つしか選べない
  • ColorfulBoxはメモリを気にする必要がある

というそれぞれの特徴があります。

Xサーバーは複数サイト運営がしやすい

Xサーバーは複数サイト運営がしやすいです。特に制限なく、複数のLaravelサイト、及び複数のWordPressをインストールして運営する事ができます。

 

Conoha WINGはPHPバージョンが1つしか選べない

Conoha WINGで複数サイト運営をする場合は、PHPバージョンが全体で1つしか選べないという問題点があります。

例えば、

  • 以前作ったLaravel5のサイトはPHP5.6を使いつつ
  • 新しくLaravel8で作ったサイトは、PHP7.4を使用

みたいな事がConoha WINGではできません。1つのドメインをPHP7.4にしたなら、全部のドメイン(全サイト)がPHP7.4に変わってしまいます。WordPressブログも使うとしたら、そっちのPHPバージョンも変わってしまいます。

この辺、Xサーバーならドメイン単位、ColorfulBoxならサブドメイン単位でPHPバージョンの設定を変えられるので、バグチェックなどの面でConoha Wingは不利と言えます。

 

ColorfulBoxはメモリを気にする必要がある

ColorfulBoxで複数サイト運営をする場合は、メモリ制限があるので、こまめにメモリを使いすぎてないかチェックする必要があります。

私が実際にLaravelサイトをColorfulBoxにインストールした時は、ほとんどメモリの使用はなかったのですが、WordPressも同時にインストールした途端、

こんな感じで、4GB以上を使ってしまい、しまいには98%、つまり使い切ってしまいました。

正直、サイトの規模や、メモリをやたら使うような何か(キャッシュプラグインやアクセス解析など)を入れてなければ、基本的にそんなにメモリを喰うわけではないんですが、

複数サイトを扱ってると、こういう事もColorfulBoxでは起こるので、注意は必要です。

【注意】ColorfulBoxで複数サイト運営、隠れたデメリットとメリット。

Laravelのメモリ使用量はどれくらい?便利ツールで調べられる!

 

ただ、ColorfulBoxは30日間も無料お試し期間があるから、実際にLaravelをインストールしてみて、どうなるかじっくり検証してみるといいよ。ほとんどの場合は、メモリは1GBもあれば十分足りるはずだから。
Neby
複数サイトやるならXサーバーがなんだかんだ面倒が起きなくて良さそうだね。
逆にVPSのように、ColorfulBoxはメモリやCPUをきっちり分けてるから、他の利用者のせいで速度が落ちたりという事はないというメリットもあるよ。
Neby

 

レンタルサーバー比較4:他アプリとの連携のしやすさ

Laravelを使っていると、PHPだけでは実現したい事ができず、Pythonなどの他の言語やプログラムを使う事も多々出てくるはずです。

その点で言うと、ColorfulBoxは、下の画像のように、

Pythonアプリ、Rubyアプリ、Perlモジュールなどが最初から付いているので、使い勝手が良く、連携もしやすいです。

ただ、フルパスや起動コマンドを書かないと、ファイルが動かないなんて事もあるので、その辺も考慮すると、あまり他社との使い勝手の良さは変わらなくなります。

ColorfulBoxでPythonを使う方法(ファイルの使い方も)

 

この辺は、XサーバーやConoha Wingの場合はツール (PythonならAnacondaやPyenvなど)を使う事で解決できます。

他のアプリ連携時の下準備の少なさで言えば、ColorfulBoxが便利。ただ、Anacondaなどのツールのインストールが苦でないなら、あまり変わらない。

この辺は無料お試し期間を使って思い通りに動くかいろいろ検証してみるのが良いよ。

Neby

 

レンタルサーバー比較5:データベースの種類

XサーバーとConoHa WingはMySQL5.7を使用しているのに対して、
ColorfulBoxは、MariaDB10.4を使用しています。

特にどちらが優れているというのは現状ないです。
MySQLとMariaDBは姉妹のようなもので、互換性も一応あるので、
MySQLのバックアップファイルをMariaDBでインポートして使うといった事(逆もまた)ができます。

ただ、ColorfulBoxはUnix Socketという通信方式を採用してます。

これはColorfulBoxは同じマシン内にデータベースがあって、データの出し入れが高速でできる事を意味してます。

正直、体感や速度チェックで違いを感じた事はないけど、大量のデータがある場合は、多少ColorfulBoxの方式の方が呼び出しが早くできるとも言える。
Neby

 

レンタルサーバー比較6:ググった時の情報量の多さ

実際にLaravelをインストールして、その後、設定したり、カスタマイズしていく際、もちろんやり方が分からないので、ググりながらやりますよね。

その時、Xサーバーだと老舗で利用者が多いため、例が山程出てきますが、ColorfulBoxやConoha WING、その他レンタルサーバーは、情報が一気に少なくなります。

ColorfulBoxは、ユーザーインターフェースがMixhostとほぼ同じため、Mixhostでググって出てきた情報が使える事は結構あります。

ただ、それでもググった時に出てくる多くのブログでは、エックスサーバーを例に解説しているブログがほとんどなので、そういった意味では、自分でやりたいカスタマイズの仕方の情報が、Xサーバーなら出てきやすく、スムーズに事が進みやすいです。

 

レンタルサーバー比較:Laravel使うならどこがおすすめ?

LaravelとWordPress両方の複数サイト運営を考えている

ならXサーバーです。Xサーバーは、ググった時の情報の出方が他のサーバーの10倍くらい多いので、インストールなどで困った時も非常に助かります。

エックスサーバー公式サイト(10日間無料お試しで早速トライ!)

不安ならチェック↓

【得技も】Xサーバーの新規(無料お試し)申込手順を全部図解!

Laravelで作ったWEBアプリをXserverにデプロイする方法

 

長期間で無料で検証したい。1、2サイトを運営するだけだし、メモリやCPUもVPSのように分かれてた方が他者の影響も受けずむしろ良い。

と考えるのであれば、30日間無料お試しがあるColorfulBoxがいいですね。アダルト用サーバーもあるので、アダルトサイトや出会い、婚活関連など、他サーバーでは規約が心配なネタでも安心して運営できます。

ColorfulBox公式サイト

クーポン(50%OFFも!)の使い方などをチェック↓

【得有】ColorfulBoxの新規(無料お試し)申込方法を全部図解(アダルトも!)

ColorfulBoxにLaravelをデプロイする手順。エラー対策も。

 

ちなみに今回あまりConoHa Wingの良い点を見つける事ができませんでしたが、LaravelのためにConohaを使うのであれば、WingではなくConoHa VPSを使った方が便利です。

ConoHaはVPSプランもあり、VPSであればRoot権限があるので、Laravelを制限なくカスタマイズできます。

管理画面から、Laravel環境であるLEMP(Linux, nginx, MySQL, PHPのセット)などもワンタッチでインストールできるますし、Laravelを選べば、新規LaravelとMySQLセットが一発インストールされ、即使う事も可能になってます(下のビデオで見れます)。この辺、超便利です。

時間課金プラン(1時間1.1円から)もあるので、3日使って79円でやめるなんて事も可能で、初心者が試すにはもってこいのVPSになってます。

Conoha VPS公式サイト↓

 

  • この記事を書いた人

Neby

本を毎日多読しつつ、資産運用、プログラミング、心理学、ネットビジネススキルを猛向上中。貧富の差が広がる5年後、10年後に安心生活を送るためのお金のリテラシー、スキル、資産を一緒に作っていきましょう。

-レンタルサーバー比較
-, , , , ,