Composerのversion確認とアップデート方法を初心者向けに解説。

更新日:

Composerのversion確認方法です。

ターミナル(コマンドプロンプト)を立ち上げて、

composer と入力して、Enterしてください。

これだけで、versionがいくつなのか確認できます。

もし、エラーなどが出て表示されない場合は、cdでLaravelプロジェクトフォルダなどのPathが通ってる所に移動して、composerすれば表示されるよ。
Neby

 

Composer本体のアップデートのやり方

で、Composerをアップデートして最新のバージョンにするやり方ですが、

同じ画面で、

composer self-update

と入力し、Enterするだけです。

完了すると、Updating to version の所で、
バージョン何番にアップデートされたか確認できます。

画像の場合は、1.10.15(安定版)にアップデートされました。

で、その下に書いてある通り、
composer self-update --rollback というコマンドで、元のバージョンにも戻せるとの事です。

アップデートしてバグなどが出た場合は便利ですね。

 

You are using an outdated version of Composer.という警告が出た?

先日、ComposerでLaravelをインストールしていたら、こんな表示が。

Warning from https://repo.packagist.org: You are using an outdated version of Composer. Composer 2.0 is about to be released and the older 1.x releases will self-update directly to it once it is released. To avoid surprises update now to the latest 1.x version which will prompt you before self-updating to 2.x.

これ、訳すと、「あなたは旧式のコンポーザーを使ってますね。コンポーザー2.0がまもなくリリースされます。2.0リリース時に古い1.xだと勝手に自動アップデートされます。突然の勝手なアップデートにびっくりしないように、今、最新の1.xバージョンにアップデートしときましょう。そうすれば、2.0にアップデートするかどうかをちゃんと確認するようになるので。」

 

どうやら自分のComposerは、1.xのうちでもかなり古いバージョンの方らしいので、version1の中でも新しい方にアップデートしといた方が良いなとなりました。

それで、上の方法でバージョンを調べ、無事Composer本体のアップデートができたというわけでした。

 

  • この記事を書いた人

Neby

本を毎日多読しつつ、資産運用、プログラミング、心理学、ネットビジネススキルを猛向上中。貧富の差が広がる5年後、10年後に安心生活を送るためのお金のリテラシー、スキル、資産を一緒に作っていきましょう。

-PHP Laravel入門