ネビ活 | ネットビジネス生活

ネットxお金のスキルを作り、未来永劫豊かに暮らす事を目指すサイト

Laravel6入門:開発環境の構築とは?XAMPPを例にやさしく解説!

投稿日:

Laravelでサイトを作っていく場合、PC上に開発環境を構築する必要があるって聞いたんだけど、どういう事?LaravelはWordPressみたくオンライン上でサイトを作れないの?

あなたは今、Laravelを使ってウェブサイトを作ってみようと考えてますよね?

じゃあ、どこでそのサイトを作りますか?

Xサーバーなどのレンタルサーバー上で作る予定ですか?

それともまずは自分のPC上で作っていく予定ですか?

もし、PC上でLaravelを使ったサイト作成をやっていきたい場合、
パソコンにウェブサイトを開発するための環境を作る必要がでてきます。

 

環境ってどういう事?
環境っていうのは OS みたいなもんだね。ようはWord, Excelを使うためには、Windowsっていう環境(OS)が必要だよね。Xサーバーやロリポップ(レンタルサーバー)には、WordPressやLaravelが動くためのOSやソフトが最初から入ってるんだ。それを君のパソコンにも入れるって事。
ネッド
はぁ・・。でもなんで自分のPCにそれが必要なの?

 

Laravelを使うための開発環境の構築とは?なぜ必要?

例えば、あなたがWordPressで新しいブログを作る(開発する)とします。その場合、わざわざPC上に開発環境の構築なんてしなくても、ブラウザからレンタルサーバーや管理画面にアクセスすれば、ブログは作れちゃいますよね。

Laravelも同じで、最初からLaravel本体をXサーバーみたいなレンタルサーバーにインストールしていけば、ブラウザでちゃんとサイトが表示されるかを確認できるので、パソコンに開発環境構築なんてしなくても実はサイト作成ができます。

 

え?じゃあ、やっぱいらないじゃん!

 

でも、なんで多くの人が、XAMPPなどのソフトを使って、パソコン上に開発環境構築をするのかというと、LaravelにはWordPressみたいな管理画面はないからです。

こういう管理画面はLaravelにはない。

例えば、あなたがWordPressなどのCMS(コンテンツ管理システム)を一切使わずにHTMLでウェブサイトを1から作るとしたら、どうやって作るでしょうか?

まず、メモ帳などのテキストエディタを使ってHTMLを書いて、それをFFFTPなどのFTPソフトで、レンタルサーバーにアップロードしますよね。

HTMLを書いて、FTPでサーバーにアップロード

で、Laravelも全く同じで、まず、一つ一つのページをPHPやHTMLのコードで書きます。それをFTPソフトでサーバーにアップロードして作っていきます。なぜならWordPressのような管理画面はないので。

 

で、これってすんごく面倒くさくないですか?

サイトを作っていく際、一つ一つの表示の確認のために、いちいちFTPでPHPやCSSファイルをサーバーにアップロードしては、ブラウザで確認って作業が結構面倒くさいと思うんです。

 

それよりも、コードを書いたら、そのままアップロードなしでブラウザですぐ確認できた方が楽ですよね?

環境構築する事で、FTPでアップロードしなくても、PC上のPHPファイルをそのままブラウザで動作確認できる。

で、全部サイトをPC上で完成させてしまって、それからサーバーにアップロードしてサイトを公開した方が効率がいいでしょ?って話なんです。

 

だから、FTPでアップロードっていう部分を省くために、XAMPPみたいな仮想サーバー環境構築ソフトを使ってみんな開発してます。

仮想サーバー?XAMPP?なにそれ?

 

仮想サーバー環境をPC上に構築するXAMPPとは?

パソコン上に開発環境を作る方法は、実はいろいろあるんですが、その中でも一番簡単(つっても結構面倒だけど・・)なのが、XAMPP(ザンプ)というソフトを使う方法です。

XAMPPっていうソフトを使うと、Xサーバーやロリポップと同じような環境を自分のパソコンにもインストールできます。ようは自分のパソコンをちっちゃなサーバーにしちゃうソフトとも言えます。

 

Laravel開発に必要なソフト、XAMPPとは?

XAMPPは、PHP、データベース、サーバーソフトの3つを一括でインストールできるソフトです。

Laravelでウェブサイトを表示するためには、この3つが不可欠ですし、実際、レンタルサーバーにもこの3つが始めから備わってます。

PHP

まず PHP。PHP本体がないと、ウェブブラウザでPHPを表示できません。だからPHPをインストールします。例えば、WordPressで作ったサイトを表示できるのは、レンタルサーバーにPHPがすでにインストールされてるから表示できるんです。

確かに、Xサーバーにログインすると、PHPのバージョンを選ぶ画面があるよね。

つまりXサーバーには、バージョン5~7のPHPがインストールされてるって事なんだね。

 

データベース

データベースは、MysqlとかMariaDBというソフトで動く、データを保存するスペースの事。

例えば、WordPressなら、書いた記事とか、ユーザーネームとかパスワードは全てデータベースに保存されてます。そういうウェブ上で入力された情報を保存するシステムがデータベースです。

 

サーバソフト

あなたのパソコンにサーバー機能を付加するソフト。Apache(アパッチ)とか、Nginx(エンジンエックス)っていうソフトがあります。XサーバーやロリポップにもApacheやNginxが入ってるからサーバーとして動いてます。

 

この3つをあなたのPCに一括でインストールして、疑似サーバー(仮想サーバー)をパソコン上に作ってくれるのが、XAMPPっていうソフトだと思ってください。

 

Laravel開発でXAMPPをインストールするメリットは?

メリットは、サイト制作中、いちいちPHPファイル郡をFTPでレンタルサーバーにアップロードしなくても、ブラウザで製作中のサイトが確認できる事です。

そ、それだけ?
そう、それだけ(爆)。しいて言えば、後は余計なサーバー代がかからないという利点もあるね。新たにサーバーを契約するなら、サイトが出来上がってから契約した方がサーバー代がその分かからないってメリットもある。
ネッド
なるほどね~
それにサイトの微妙な変更点をブラウザで確認するために、いちいちCSSやPHPファイルを毎回FTPでアップロードして確認するって大変でしょ。作業効率を考えるとやっぱりPC上に環境を構築してた方が楽なんじゃないかな。この辺は好みによるかな。
ネッド

 

Laravelにおける開発環境構築とは?・まとめ

というわけで、開発環境構築っていうのは、

サイトを開発(新規作成)するために、

環境(PC上でLaravelやPHPが動く状態)を

構築する(自分のPCをサーバー化する)

っていう事です。

 

平たく言うと、自分のPCをサーバー化して、PHPやLaravelがPC上でも動くようにするって事です。

XAMPPのインストール方法などは、また別の記事で書いていきます。

  • この記事を書いた人

ネッド

本を毎日多読しつつ、資産運用、プログラミング、心理学、ネットビジネススキルを猛向上中。貧富の差が広がる5年後、10年後に安心生活を送るためのお金のリテラシー、スキル、資産を一緒に作っていきましょう。

-PHP(Laravel)入門

Copyright© ネビ活 | ネットビジネス生活 , 2020 All Rights Reserved.