ネビ活 | ネットビジネス生活

ネットxお金のスキルを作り、未来永劫豊かに暮らす事を目指すサイト

Laravel6のroutes.phpはどこにある?結論:ファイル名変わりました。

更新日:

Laravel入門サイトを調べてると、毎回routes.phpっていうのに書き足せって出てくるんだけど、そんなファイルLaravel6では見当たらないんだけど・・困ったなぁ・・

Laravelでは重要なファイルなんですが、このroutes.php、Laravelのバージョンが上がるごとにファイル名が変わったり、フォルダの位置が変わったりで、様々なLaravel入門サイトを見るたびに迷うので困りますよね。

 

Laravel6ではroutes.phpはどこ?

Laravel6では、routes.phpはなく、web.php という名前になってます。

位置は上図の通り、xampp/htdocs/プロジェクト名/の中のroutesフォルダの中にあります。

このweb.phpがルーティングしているファイルになります。

 

基本的にroutes.phpの時と中身は変わってないので、Laravel入門サイトのチュートリアルなどもこのweb.phpに書き込めば代用できるはずです。

 

ちなみに、あなたはなぜLaravelを学ぼうと思ったんですか?

稼げるって聞きました?

どれくらい上達すれば稼げるのか?本当にそんな高給を稼げるのかの現実を知ってますか?

詳しくは下の記事に本音の裏事情を書いてるので参考にしてくださいね。

Laravelって稼げるの?独学?スクール?高給を稼ぐためにどうするべきか教えます。

  • この記事を書いた人

Neby

本を毎日多読しつつ、資産運用、プログラミング、心理学、ネットビジネススキルを猛向上中。貧富の差が広がる5年後、10年後に安心生活を送るためのお金のリテラシー、スキル、資産を一緒に作っていきましょう。

-PHP Laravel入門

Copyright© ネビ活 | ネットビジネス生活 , 2020 All Rights Reserved.