ネビ活 | ネットビジネス生活

ネットxお金のスキルを作り、未来永劫豊かに暮らす事を目指すサイト

小さな事や嫌な事を気にしなくなる方法。沢山ある中でこれが一番効いた!

投稿日:

あなたもありますよね、

誤解されて自分が理不尽に注意されたり、暴言を吐かれたり、
もしくはバカにされたり、変な噂を流されたり、偏見を受けたり・・

そういう嫌な気持ちになること。

本当はそんな些末な出来事は、さっさと忘れてしまえばいいのだけど、

「もうどうでもいい事だし、さっさと忘れよ」と思っても、
なぜか頭の中を繰り返しその出来事がゾンビのようによみがえり、

やるべき事に集中できずに、何度も
「あの時は本当はどうするべきだったのか?」と
自問自答を繰り返して大事な時間を不毛に過ごしてしまったり、

夜もその事ばかり思い出して、布団に入ったまま何時間も眠れなくなってしまったり、

もしくは、「絶対に許さない!」と復讐を考えてさらにイライラを増幅してしまったりと、

胸のあたりがイガイガして辛い日々をしばらく送る事になりがちですよね。

私も以前は延々と嫌な事を思い出しては、毎日寝付けずに朝方まで過ごしてしまう時もありました。しかし今はある事を始めてからそういった事は減り、気持ちの切り替えがパッとできるようになってきました。

 

ここでは、その小さな事、嫌な出来事を気にしなくなる方法を
これまで何十個も片っ端から試してきた私が、
これは効く!っていうとっておきの方法を2つ教えていきますので、

あなたもこれを使って嫌な気持ちと
さっさとおさらばしてもらえればと思います。

 

小さな事、嫌な事を思い返しても100%勝てない

「過去と戦っても無駄。100%負ける」どの本だったか覚えてませんが、そう書いてありました。

でも、実際そうなんですよね。

例えば、私ももう20年近く前の話なのですが、

新しいケータイを購入して、帰りに電車に乗る機会があったのですが、
電車の中でその新ケータイを開くと、ピコピコっとキーを押す度に音が出る状態だったんですね。

これじゃ迷惑だから、音を消さなきゃと思うのだけど、今買ったばかりのケータイだったので、音の消し方が分からない・・

音を消す設定を探そうとキーを押してピコピコっと音が出た途端、隣に座っていたおじさんから「うるさいから、その音消してくれる?」と睨まれ、注意されてしまい、「すいません・・」と謝って、ケータイをしまった事があります。

 

で、やっぱりその後、その出来事を何度も思い返して悩みました。

「今買ったばかりで音を消す方法を丁度探していたんです」ってちゃんと説明すればよかっただろうか?そうすれば、お互い嫌な気持ちにならなかったんじゃないか、なんで言わなかったんだろうとか、「最初から電車の中でやっぱりケータイをいじるべきではなかったかなぁ・・判断ミスだったよなぁ、やっぱり迷惑だもんね~」とか、何度も何度もその場面に戻っては、そのおじさんとやり取りする場面をやり直していました。

 

でも、後から何を考えようと、過去は変えられないんです。

そう、100%過去は変わらない。だから100%過去には勝てない。
なので「あの時、たられば~」といちいち考え続けるだけ無駄なんです。

「次回からはこれを教訓に気をつけよう!」
それでポジティブ思考な人、自己肯定感の高い人は
パッと気持ちを切り替えてスッキリできるんですよね。

でも「あぁ、私はミスをしてしまった。迷惑をかけてしまった。誤解された。怒られた」と
私のような人は堂々巡りで考え続けてしまうんですよね。
まるで過去を変えようとしてるかの如く。

でも過去は100%変えられないのだから、それをやめる必要があります。

じゃあ、どうやって小さな事を気にし続けるのをやめるのか?って話です。

 

小さい事を気にしなくなるやり方1

あなたはこれから、この言葉を嫌な事がある度に唱えてください。

「誰も私を傷つける事はできない」

もともとアメリカのルーズベルト大統領の奥さんの名言で
「あなたの許可なくして、あなたを傷つける事はできない」という言葉があります。

つまり、もしあなたの知人のAさんの一言で
あなたが嫌な気持ちになって忘れられないという場合、

あなたが「私はAさんが放った言葉に傷ついてます」って、
Aさんの言葉に傷つく事を許可してしまっているから傷つくのであって、

右の耳から入って、左の耳から出ていく、そんなちくわ耳の人なら、
「え、Aさんなんか言ってたっけ?」で無視できちゃいますよねって話なんです。

 

「いや、私は人の話を聞かない自己中で嫌な人間にはなりたくない」と感じたかもしれません。
その通りで、何か失敗してしまった、注意されてしまったら「じゃあ次回から同じミスをしないように気をつけよう。」で対策を打って、同じミスをしないようにすればいいだけなんですよね。

なのに、それで終わりにしないで、過去に何度もタイムスリップして「あの時こうしてれば・・」みたいな思い悩みをする事が無駄なわけです。

 

「だから、それをしたくないけど、自動的にやっちゃうんだって・・」というあなたにやって欲しい事がこれです。

 

まずは、嫌な出来事があっても「誰も私を傷つける事はできない!」って唱えましょう。人が周りにいるなら、心の中で唱えるだけでもOKです。

そうすると、一旦そのモヤモヤが消えます。

しかしまた、その嫌な事を思い出して気になり出したら、すぐに「誰も私を傷つける事はできない!」と声に出して再び唱えましょう。

それを繰り返すだけで、心がどんどん楽になっていき、どうでも良い事だと思えるようになって気分が晴れやかになっていきます。

 

私の場合は、特にポーズを付けながら唱えてます(笑)。オリラジのあっちゃんのようにポージングしながら、もしくはジョジョ立ちのような謎のポーズを決めながら、リズミカルに「誰も私を傷つける事はできない♪」と調子をこきながら言います。

特にそんな恥ずかしい姿を人に見られたくないですから、風呂場でシャワーを浴びながら、ぶら下がるものをぶらぶらさせながら謎のポーズを決めてます。

そうすると、笑いがこみ上げてきて、なんだか小さな事に悩んでいた事がバカバカしくなってきます。すると、その夜はスッキリ寝れます。スッキリ寝ると、嫌な事も消えていきます。

 

あなたも「誰も私を傷つける事はできない!」と嫌な事を繰り返し思い出してしまう時は、唱えてみてください。

 

それでも小さな事でくよくよ考えるなら、これ!

それでも、やっぱり何度も思い出す。脳の中の自動リピート再生から抜け出せなくて、「はぁ・・」とため息ばかり出て心が痛い・・

そんな時は、自己催眠も合わせてやるのがおすすめです。

これは、私は寝る前に毎晩やってるんですけど、
めちゃくちゃ簡単なのに、すごく効果があります。

自分で自分に良い催眠をかけるんです。

 

どうやるかというと、

まず、一人きりになって、
部屋の角、壁と天井が交わる所を上目遣いでじーっと見つめながら、

「だんだん、まぶたが重くなってくる~。どんどんまぶたがずーんと重くなってきて目を閉じる~」などと声に出して唱えながら(「まぶたに重りが付いてるみたいにドーンと重くなる~」など言葉は自分流にアレンジしてOK)、じーっと角を見つめ続けます。

数分間、唱え続けていると、まぶたが重くなってきて、自然と目を閉じます。

そのまま目を閉じて、呼吸をしながら「体がらく~になってくる~。リラックスしてくる~。ここちよーくなってくる~」のように、リラックスするように唱えます。

呼吸をするたびに、頭、首、肩、腕、足のように、上から力を抜いていくイメージをすると良いです。

 

そして、その後、「呼吸をするたびに、ふかーい催眠状態に入ってくる~」と唱えると、
頭にズーンとちょっと違和感を感じたり、手のひらがじんわり温かく感じてきたりします。

こういうなんか「お、入ったな・・」みたいな感覚が出てきたらOKです。

 

(読んでて、「これ危なくない?」って思ったと思いますが大丈夫です。催眠中も意識はしっかりしてます。潜在意識に直接アクセスできるようにする行為とも言えます。)

 

その「入ったかも・・」っていう感覚が出たら、自分の直したい事を唱えていきます。

 

例えば、小さい事を気にしない性格になりたいなら、

「だんだんだんだん、小さな事が気にならなくなってくる~。Aさんに言われた事がどうでもよくなってくる~。パッと頭が切り替えられるになってくる~。日増しに自分に自信が増してくる~。もう大丈夫~。」のように声に出して唱えます。

(これも自由に自分の言葉でアレンジしてOKです。なってきまーすのように敬語にしてもOK。ただ、だんだんとか、日増しに~とか、そういう言葉を使った方が効きやすいです)

 

あなたが小さな事、嫌な事を繰り返し思い出して眠れないタイプなら、

「これからは日増しにすぐに眠れるようになってくる~。布団に入った途端、すぐにパッと眠れるようになってくる~。もう大丈夫~。」

などのようにアレンジして唱えると効果的です。

 

こんな感じで唱えたら、最後に解催眠します。(ちなみにやらなくても、時間が経てば勝手に解けるのでそんなに心配しなくてOK。常時意識はハッキリしてるので大丈夫です。)

解催眠は、「じゃあ、これから10数えるとともに目を開けてスッキリ目覚めます。」と言って、
1から10までハッキリした口調で数えて、パッと目を開けます。

これで、終わりです。もし、頭がまだボヤっとしてる感じなら、もう一回10数えて目を開けるを2,3回繰り返すか、軽くそのまま仮眠するかすれば、スッキリします。

 

で、この自己催眠、一発で完璧に直るかっていったら、そんな事はないですが、
毎日繰り返すうちに、効果が出てきます。

特に繰り返すうちに催眠が効きやすくなるっていうのもあります。

私の場合も、嫌な出来事があったら、必ず寝る前にこれをやるんですが、
やると、さっきまで頭の中で自動再生していたのが嘘のように、
ピタッと頭の中が静かになります。

また、寝付きが昔から悪く、2、3時間、嫌な事を思い返して眠れないのが当たり前だったんですが、この自己催眠で「すぐ眠れるようになる~」とやった所、3回くらいやったあたりから、すぐ眠れるようになってきました。

 

あなたも実際にまずはやってみて、「あれ~効果出ないな~」と思っても、
しばらく毎日やってみるといいですよ。心が静かになるようになってきます。

そうすると、小さな事で悩んだり、気にしたりする事が大幅に減ってきますし、
立ち直り、回復もどんどん早くなってきて、前向きに生きれるようになりますよ。

 

私も以前はアファーメーションって言う、「私はどんどん自信が増してくる!私は強い人間だ!」のように鏡に向かって唱える方法を使っていたんですが、

ただ単にアファーメーションするよりも、
催眠状態に入った方が簡単に潜在意識に響いて、
ネガティブな性格をより短期間で改善できるなぁと実感しているので、
最近は自己催眠を毎日やってます。

これをやり始めてから、本当に小さな事でイライラしたり、思い悩んだり、気にしすぎたりがなくなってきたのでびっくりしてます。

 

まとめ

というわけで小さな事、嫌な事を気にするのをやめる方法をまとめると、

  • 「誰も私を傷つける事はできない!」とポーズを付けながら唱える。
  • 「小さい事が気にならないようになってくる~」と自己催眠をかける。

この2つを試してみてください。きっとあなたの心が安らぐはずですから。

 

  • この記事を書いた人

ネッド

本を毎日多読しつつ、資産運用、プログラミング、心理学、ネットビジネススキルを猛向上中。貧富の差が広がる5年後、10年後に安心生活を送るためのお金のリテラシー、スキル、資産を一緒に作っていきましょう。

-成功マインド、モチベーション維持

Copyright© ネビ活 | ネットビジネス生活 , 2020 All Rights Reserved.