ネビ活 | ネットビジネス生活

ネットxお金のスキルを作り、未来永劫豊かに暮らす事を目指すサイト

LaravelのController.phpとは?初心者向けに図と例でやさしく解説

更新日:

LaravelのController.phpとは?初心者向けに解説

Laravelのコントローラーって何なの?いまいち使い方が分からないんだけど。

ここではLaravelの構造が全然意味分かんない!controllerって何?っていうあなた向けに、超初心者でも絶対に分かるように図入りでやさしくcontrollerについて解説していきます。

これを読めば、Laravelのコントローラーがなんなのかがバッチリ分かるようになりますよ!

 

Laravelって稼げるの?独学?スクール?高給を稼ぐためにどうするべきか教えます。

LaravelのController.phpとは何なのか?

まず、具体的な話をすると、

Laravelプロジェクト\app\Http\Controllersフォルダに入っているController.phpファイル達がLaravelのコントローラーです。

 

Controller.phpは、データベースから必要な情報を引き出したり、
逆にデータベースに投稿を保存したりするPHPファイルなんです。

よく分からない・・・

つまり、コントローラーさんはデータベースっていう本棚から本を出し入れする人なんだ。

例えば、「post321用の投稿をください」ってコントローラーさんに頼めば、データベースからpost321のデータを引っ張り出してきてくれるわけ。

逆に、「新しい記事を書いたので、post512として保管してください」って頼めば、post512としてデータベースに新たに保管してくれるんだ。

Neby

 

LaravelのController.phpとは?

上の図のように、コントローラーは、URLに合った記事をデータベースから呼び出し、ブレードに渡すための命令文が書かれたファイルです。

また、サイトに投稿があった時に、その文章をデータベースに保存するのも、コントローラーがやっています。

 

Controllerがアクセスするデータベースとは?

データベースっていう概念がよく分からないんだけど、教えてくれる?
データベースっていうのは、投稿データが入ってる場所だよ。例えば、ブログを書く時は、ブラウザからフォームに書き込んで保存ボタンを押すよね。その書き込まれた文字や日付を保存しておく場所がデータベースなんだ。
Neby

通常レンタルサーバーにはMySQLというシステムで作られたデータベースが入ってます。

このPhpMyAdminというツールにログインする事で、データベースの中に入った情報を見る事ができます。

 

データベースの中にはいろんな情報が入ってるんだ。ブログ記事、記事タイトル、投稿日、いいね数、検索ワード履歴、メールアドレス、ユーザーネーム、などなど。

その中から必要なものだけ引っ張りだすのがControllerなんだ。

ブログの記事ページなら、記事タイトルと記事本文、投稿日など、そのページに必要なものをデータベースから引き出すための命令をコントローラーには書くって事。

そして引き出したデータを、blade.phpに渡す事でサイトが表示されるって事なんだ。

Neby

Laravelのblade.phpとは?普通の.phpと何が違う?初心者必須の知識!

Laravel(PHP)におけるデータベース(SQL)とは?初心者でもよく分かる図と例でやさしく解説。

 

ControllerとBladeをなぜ分ける必要がある?

なんとなく、Controllerはデータベースから出し入れするための命令を書くファイルって事は分かったけど、なんでわざわざblade.phpと分けるのかな?一緒に書いた方がむしろ管理が楽そうに感じるけど。

 

なぜController.phpとblade.phpの2つに分けるのかというと、

  • その方が管理が楽なため
  • セキュリティを高めるため

という2つの大きな理由があります。

最初はたしかに1ページにすべての情報があった方が分かりやすく感じると思います。ただ、情報が増えてくると、どこに何があるのかが非常に分かりづらくなるため分けているというのがまず1つです。

 

そしてもう一つ大事な事。セキュリティのためです。
blade.phpは実際にブラウザに表示するためのphpファイルです。

そのphpファイルにデータベースに関する情報を直書きしてしまうと、ブラウザのソース画面から情報が漏れるリスクが高まります。

それこそ個人情報を扱っている場合はとても危険です。
なので、Controllerというブラウザからはアクセスしない領域でデータベース処理をした後に、必要な情報のみbladeに渡すという形になってるんです。

 

Controller.phpの作成方法

Controller.phpは、基本的にターミナル(コマンドプロンプト)からコマンドを入れる事で作ります。

コントローラーの作成手順

  1. コマンドプロンプト(shell)を立ち上げる
  2. Laravelプロジェクトフォルダまでcdコマンドで移動する。(Dドライブの場合は、D:と入力して移動)
  3. php artisan make:controller SampleController

まず、コマンドプロンプト(shell)を立ち上げます。

そして、ウィンドウからLaravelプロジェクトフォルダ(作ってるサイトのフォルダ)までのパスをコピーします。

そして、cd フォルダまでのパス を入力してEnter。上の画像なら、cd D:\website ですね。

もし、Dドライブにうまく移動できない時は、D: と入力してEnterすれば行けるよ。

あとフォルダを戻りたい時は、cd .. で1つ前に戻れるよ。

Neby

そして、最後に php artisan make:controller SampleController と入力しEnterです。
*Sampleの部分は、分かりやすい名前に変更して使います。プロフィールページ用ならProfileController のようにです。

 

Laravelプロジェクト→app→Http→Controllers というフォルダを開けると、
今作ったControllerが出来ているはずです。

ねぇ、Controller.phpは、コマンド使わず手動で作れないの?
手動でも出来るよ、他のコントローラーの中身をコピーして、名前を付けて保存すれば、同じものができるよ。
Neby
その方が簡単じゃない?
あまりおすすめしない。というのも、コントローラーごとに所々変わる部分もあるから。

手動だと、書き換え忘れや、書き間違いが起こりやすいからコマンドの方が間違いない。あと、Resourceコントローラーのような特殊なコントローラーを作る場合は、コマンドで作らないと、Routesに反映されなかったりでうまく動かない可能性があるよ。

Neby
そっかぁ。サーバー上にコントローラーを直接作る場合はどうすればいい?
同じ操作だよ。サーバー上のLaravelプロジェクトフォルダにターミナルを使ってcdで移動して、make controllerする感じだね。
Neby

Laravelをレンタルサーバーにインストールのやり方3パターンを初心者向けに解説。

Laravelのcontroller.phpの見方、書き方

では、今作ったSampleController.phpの中身を見ながら、解説していきましょう。下の画像を見ながら読んでください。

 

まず、一番上に<?phpというタグがありますよね。というのも、Controllerはphpで動きます。なので、<?php という開始タグが一番上に付く事で、次の行からは、phpのタグが使えるようになります。これ消しちゃうと動かなくなるので注意です。

次の行のnamespaceには、controllerが入ってるフォルダまでのパスが書かれてます。これも基本いじりません。

useに関しては、この後の行でパスを省略するために書きます。例えば、赤枠の1行目には、Requestという文字がありますよね。これ、本当は、(Illuminate\Http\Request $request)って書く必要があるんですが、useの欄にパスを書く事で、その後はパスを省略して書けるんです。

そして、class SampleController extends Controller{} のカッコ内に実際の命令文を書いていきます。

基本的な型としては、赤枠内のように、public function nantoka (Request $request){} と書き、その中にデータベースから何を呼び出すか、そしてどのblade.phpを呼び出すかを書きます。

15行目がデータベースを呼び出す文なのですが、この解説については別の記事で書いていきます。

17行目のreturn view ('categorypage')という部分は、categorypage.blade.phpを表示するという意味です。withの部分は、データベースで呼び出した内容をブレードに送ってます。

Laravelのnamespace(名前空間)とは?超初心者向けにシンプルに分かりやすく解説

Laravelのuseとは?超初心者向けにシンプルに分かりやすく解説

 

実際にコントローラーとルートを使ってブレードを表示するチュートリアルが以下の記事であるので、一度やってみると、ちゃんとLaravelの構造が理解できますよ。

Laravelのroutes(web.php)とは?超初心者向けに図解と実例でやさしく解説!

 

ちなみに、あなたがLaravelを学んでる理由ってなんですか?

稼げるって聞いたから?

じゃあ、どれくらい上達すれば稼げるのか?

どの言語なら稼げるのか?

本当にそんな高給を稼げるのかの現実を知ってますか?

詳しくは下の記事に本音の裏事情を書いてるので参考にしてくださいね。

Laravelって稼げるの?独学?スクール?高給を稼ぐためにどうするべきか教えます。

  • この記事を書いた人

Neby

本を毎日多読しつつ、資産運用、プログラミング、心理学、ネットビジネススキルを猛向上中。貧富の差が広がる5年後、10年後に安心生活を送るためのお金のリテラシー、スキル、資産を一緒に作っていきましょう。

-PHP Laravel入門

Copyright© ネビ活 | ネットビジネス生活 , 2020 All Rights Reserved.